レイプなどの性犯罪

風俗嬢に好かれるテクニック

腕を伸ばしてまさぐるが、スキンが見当たらない。古いラブホテルにありがちな、スキン別売りか。|彼女を横向にし、小さな胸を採みながら、奥の壁を強く突き上げ、イッていいょ:…言い終わるのを待ちきれず、いるかの様に感じた。彼女は仰け反って堅くなっていた。かまわず激しく、突いた。く、腰を振り続けた。彼女の中の締め付ける力が、|彼女は満身の力で私を締め付けてきた。肉体の先端部分で受け止める刺激が、私にはまるで全身全霊で彼女に抱きしめられて彼女に遅れたくない。
波が引くように抜けていった。私もイキたかった。締まりない彼女の中で、私はひとり、暴れまわっている。もはや無抵抗の彼女の腰を掴み、私は激しく、強彼女は薄明かり
の中で、顎を突き上げたまま、無言だった。
絶頂感より先に、虚しさが立ちのぼってきた。私は最後に深く奥を突き上げて、腰の動きを止めた。イケない?::…すかさず、彼女が訊いてきた。疲れちゃった……私は答えた。彼女は軽やかに身を起こすと、私の先端に手を伸ばしてきた。
「こんなに、気持ちよくしてもらったのに:…」そう言うと、スキンを付けたままの私を、口に含んだ。私の精気を取り戻そうと焦っているのか、それともお返しのつもりなのか。どちらにしても、私にはもう無理だった。本当にもう、体力は尽きていたし、何よりも私けは、彼女が満足してくれれば、それで十分だった。やはり私は、回復しなかった。
もう、いいよ:…休んでSいの。うん、大丈夫私は微笑んで答えた。
「やっばり:すごく気持ちよかったよ」私はそれで嬉しかった。このまま互いに触れ合い、会話をし、キスを繰り返せば、また次が来る。私はそう思った。私は彼女に、優しくキスをしてから言った。いいね、時間気にしなくていいって。休憩時間は、でも:…明日、引越だし確かにそうだが、今何でそれを言うのか、私にはわからなかった。
それでも、そうやったねと、答えておいた。大丈夫?:…四時間もあるし謝られて、私は悲しくなった。
「いや……じゃあ、あんまり引き留めたら、悪いね」私は、物分かりのいい大人だった。じゃあ、シャワー浴びる?確認するように訳いてみる。うん:…先に行く?平然と、彼女は答える。いいや、先に行っといで私は、紳士的に答える。じゃあ:…彼女は掛け布団を押しのけ、細くて長い両脚を軽やかに床に下ろすと、スリッパとバスタオルを身にまとうとバスルームに消えていった。バスルームから漏れてくる明かりが、ベッドルームの小さな明かりと混じり合った。私はベッドにひとりでいるのが嫌になり、ソファに戻って煙草に火を点けた。私の吸う煙草の明かりを加えても、部屋の中は明るくならなかった。彼女がシャワーを終え、私も後に続いた。私がシャワーを出ると、彼女はもう服を着ていて、部屋の明かりも点いていた。私は体に残ったシャワーの滴をバスタオルで拭いながら、取りとめのない話をした。内容は覚えていない。

早漏を褒められるゆ

セックスしたら淫行か買春風俗産業があるのだ
セックスしたら淫行か買春風俗産業があるのだ
風俗初心者とか若い人がよく来るんだ
風俗初心者とか若い人がよく来るんだ


バイブについては.

セックスはできますか包茎とは勃起

彼女の身支度が、手際よかったのだけを覚えて私も服を着終え、ソファに座ってまた煙草に火を点けると、彼女も一緒に煙草を吸いだした。私は彼女にいろいろ質問をした。引越のこと。新しい部屋のこと。彼女の家族のこと::。彼女は快く答えてくれたが、答えはどれも今日はこれで、終わりだな:…。そう思って、私はソファから立ち上がった。
クローゼットから彼女のZARAのグレーのコートを取り出し、彼女に渡した。彼女はそれを、とてもエレガントに身にまとった。私は自分のバックに手を掛け、そろそろ、行こうかと言った。
「ごめんね、ゆっくり出来なくて:…」彼女は答えた。明日は引越だもんね……また、うん、何時でもメールしてもう彼女は私のものvだ、と思っていた。私は微笑みながら、玄関へと向かった。あのう:…後ろから、声がした。.404一瞬、私は意味が解らなかった。
お金…「彼女はもう一度、言った。きっと私のリアクションに、短かった。-いつでもメールしていい?」不安を覚えたのだろう。そうだったのか。デートでは、なかったのだ。そりゃそうだ。彼女に出会ったのは、風俗だ。デリヘル嬢として、彼女は私の前に現れたのだから。あ、あ:……そうだったね私は慌てて、バッグの中の財布を探した。私は初めて彼女を見た時から、彼女のことが本気で気に入っていた。だから真剣に、彼女のことを褒めた。私の褒め言葉には、嘘はなかった。彼女とずっと一緒にいたいと、本当に思ったのだ。私は財布から一万円札を出し、これでいい?……と訊いた。
これは^礼儀だ、これじゃ、淋しい……彼女はためらいながら言ったが、私へのインパクトは大きかった。
二万はもらえないと:…彼女の気丈さに、私は戸惑った。私は彼女を本気で素敵だと思い、彼女は私にメールで呼び出した。それ以上に何があって、それ以下に何がないのだ。それ以上は、ないよ:…それが私の答えだった。これ以上に私から奪い取られることに、耐えられなかった。私は黙って、靴を履いた。背後の彼女の沈黙が、私の背中に重くのしかかる。それからの二人は、ずっと無言だった。薄暗い廊下を歩き、古ぼけたエレベーターに乗り、受付に鍵を返した。受付のおばさんにまた、いらっしゃいませと言われた。アを出ると、入った時と同じコンビニのような安っぽいチャイムがいつまでも鳴り響いていた。外はすっかり夜で、通りのネオンは来た時上よりも派手に見えた。少し歩いただけで、ミナミの賑わいの雑踏の中に出た。もうすぐそこに、地下鉄の改札へ向かう階段が見える。私はそこで振り返った。

射精が近づくと腰

手コキが激しいよう彼女はまだ、私の渡した一万円札を握っていた。やっばりこれじゃ:…淋しい彼女は、伏せ目勝ちに言った。今日はお店休んで来たし……私は答えられなかった。それ以上財布にお金がない訳ではなく、これ以上お金を払うことで、何か他のものまでなくしてしまうのが、怖かった。さっきまで舞い上がっていた楽しい時間を、彼女のことを真剣に好きになっていた自分を、自分はすっかりオトナだ思い込んでた自分を、なくしてしまいそうだ。
「やっばり、これじゃ辛い……引越もあるし:…」先に辛いvと口にしたのは、彼女の方だった。私は、彼女の勇気に感服した。彼女も精一杯、生きているのだ。私は、もうこれ以上自分のことばかり考えることが馬鹿らしく感じだした。彼女はまだ、裸の一万円札を握りしめ、そこに狩んでいる。私はバッグから財布を出し、中からもう一万円札を出して、彼女に渡した。と私は自分に言い聞かせた。ホテルの軌んだ自動ド彼女は私の顔を見上げた。遠慮がちの、笑顔だった。これでいいんだ、と思った。これで今日のことはすべて流れる。何もなかったことになる。そして、彼女もしあわせになる。私は紳士的に微笑むことでしか、この沈黙に対抗できなかった。……ありがとう彼女は、小さく言った。敬語でなかったのが、せめてもの救いだった。
また、メールくれる?精一杯の強がりで言った。うん、またメールする屈託のない笑顔で、彼女は言った。………をね「改札まで見送ろうと思って::」彼女はやはり、優しかった。SS*リリで私は微笑みながら、断った。これ以上、彼女に優しくされたくはなかった。じゃあね私は改札口の階段に向かった。背後からは、何も聞こえてこなかった。さっきまで背中に感じていた、沈黙の重たさもなかった。
そのまま改札口へ向かおうとしたが、やはり彼女のことが気になり、私は振り返った。|彼女はまだそこに立っていた。振り返った私に気づき、彼女は小さく、私に手を振った。(終わり)
カレンが歌い始めた。目覚まし代わりにセットしたCDプレイヤーから、カーペンターズの雨の日と月曜日はが流れている。窓の外では、雨の音が聞こえる。朝から少し憂働になった。あまり食欲は無いが、トーストにブルーベリー·ジャム、ゆで卵、コーヒーでブランチとした。新人の私ととしては、なるべく早めに出動し、できるだけ仕事をこなしたい。先日買ったばかりの傘をさして、事務所に向かった。実際に仕事にありつけたのは、三時間近くも漬してからだった。ひとみちゃん、行ける?店長の声に、はーい、行きます、行きます「おう、元気だねえ、その調子で頑張ってよ」

クリトリスは包皮から顔を出して股間にぴったり張エッチだったという店長に、ガッツポーズをして見せてから、準備を始めた。エレベーターの中で、部屋番号をもう一度復唱してみる。仕事に、まだ慣れない私は、この時間が一番ドキドキする。お客さんに会ってしまえば、なんともないのだが、番号を確かめてノックした。慎重に、ドアが開く。中年くらいを想像していたが、もう少し歳の上そうな、おじさんだった。こんにちは、エンジェル·どうぞクラブのひとみです温和そうな、おじさんなので、ヤバイことにはならないだろう。とりあえず一安心。こんなおじさんで、ごめんね照れくさそうに、私に言った。歳上の人、好きですよ「もっと若いお客が多いのじゃないの?」
「ううん、いろいろだよ。お客さんより、もっと上の人もいるよ」
「ホント?ちょっと安心したよ」勧められた向かい合わせのイスに腰を下ろす。
出張ですか?「いや、ちょっと用があって今夜にこに泊まるんだけど、予定より早く着いちゃってね」
「うちみたいなとこ、よく利用するの?」
「いや、正直言って、初めてなんだ」本当?なんか慣れてるみたい「嘘じゃないよ。よく解らないからよろしく、.」
コースや料金の説明をして、どれにします?「そうだなあ·.、九十分コースにしようかな-·」
「はじゃあ、前金でお願いしますね」一い。おじさんが、お金を出してくれる間に、もう一度、よく観察してみた。服装や、持ち物から見て、すごいお金持ちってわけじゃないだろうけど、まあ、中の上くらいだろうか、話し方や言葉遣いは、優しそうだし、ひょっとすると、若い頃は結構イイ男だったかもと、思わせる顔立ちだった。
お金を受け取り、電話を入れるね。ここからの九十分だから安心してお店に、《安心して》という言葉が可笑しかったのか、おじさんは笑った。シャワーの前に並んで立った時、背が高いんだね、何センチ?と聞いてきた。百六十八だよスタイルも良いんだねえ··褒めるが、私の身体にには触れてこない。と、まだ、遠慮勝ちな態度だ。おじさんのあそこも、半起ちの状態。せられるか、ちょっと不安になる。イカ胸、小さ過ぎるでしょ··挑発するために、おじさんの手を取って胸に誘ってみた。首を横に振って、「ちょうど良い大きさだよ。これくらいが·.」おじさんの手が、あそこの堅さが増したのを感じた。私の乳房をまさぐると同時に、キスが巧いと感じた。唇の感触がイイ。
この前、先輩のナナさんと、ふざけて女同士でキスしたことがあったけど、それに匹敵するくらい優しくて、滑らかな感触だ。唇から胸へ、もう一度、唇に戻って首筋から脇腹へ、自分がサービスされている側になった気がした。私のあそこに、舌が来た頃には、恥ずかしいくらい潤っていた。
ああ··演技ではなく、声が出た。69の形で、おじさんの舌に責められ、指を挿入された。私の方がイカされてしまう··マズイと思った瞬間、おじさんの舌先が、私のアヌスに触れた。うっ「ゴメンね、まだフェラが下手で..」結局、私だけイカされて、おじさんをイカせることができなかった。
「僕の方こそ、ごめんね。でも充分、満足したよ。君は素敵だったよ」なぐさめてくれたけど、私は、ちよっと落ち込んでいた。
帰りのエレベーターの中で、髪の乱れを直すために、首を左右に振ったら、軽く目肢がした。

予定より早く到着してしまったが、早めにチェックインして、久しぶりに、この街を歩いてみようかと思った。仕事で訪れることは度々あるが、泊まりがけで来ることなど、殆どない。学生時代に住んだこの街だが、その変貌ぶりを、のんびり見て回るのも悪くない。昔、住んでいた場所は、大きく変わってしまっていた。周辺を含んで、マンションの敷地になってしまっている。下宿があった位置は、その駐車場の一部ということか·.。
学校までの道筋も、庭先に桜が咲いていた家も、まだ一部が雑木林だった土地も、今では面影さえ残さず、小崎麗なショップが並んでいる。
懐かしさが沸いてくるかと思っていたが、見知らぬ場所に来た違和感ばかり感じられて、早々に地下鉄への階段を降り始めた。昔は、本屋の前にバス停があったはずだが、そこもビルになり、拡張してきた地下鉄への入り口となっていた。結局、大した時間漬しも出来ずにホテルまで戻って来てしまった。コンビニで煙草を買った時、レジのそばに置いてあった無料のタウン情報誌をもらってきたので、ベッドに横たわってパラパラと眺めてみた。風俗関係の広告があった。巻未近くに、という言葉の意味が判らなかったので、よく読んでみた。《デリヘル》デリバリー·ヘルスという言葉を短縮したものらしい。何故ヘルス》が、風俗行為なのか判らないが、客が店舗へ出掛けるのではなく、ホテル等へ女性を派遣して、風俗行為をしてくれるらしい。

場合には右肩下がりの給料である

自分も、聖人君子ではないので、かなり昔には、ソープランドで遊んでみた経験はあるが、ソープと違って、セックスそのものは禁止と書いてあるが、かなり濃厚なサービスをすることは、想像出来た。それほど肉欲的な欲求は無いので、こんな昼間からその手の店に出掛ける気は起きないが、向こうから此処へ来てくれるというのならと、興味が沸いてきた。この年齢になって、あえて、··数年前、女房に先立たれて以来、女性と接触する機会も無いままだったが、その広告を見ている内に、何か沸き上がってくるものを感じた。
此処へも来てくれるのかい?Mホテルだけど、電話に出た若い男に尋ねた。行けますよ。
はい、指名は?「いや、指名というのは無いのだけど··」でしたら、新人の《ひとみ》ちゃんという娘が、お薦めですが·「じゃあ、お願いするよ。どのくらい時間が掛かるの?」.「これから、すぐ向かいます。お部屋番号は?」予期していなかった展開になったが、たまにはワクワクするのも悪くないと思った。ドアをノックして入ってきたのは、驚くほどスマートな女性だった。若く、間違いなく美人だ。
しかも、昔のソープランドでの知識しかない自分は、目の前に立っている若く美しい女性が、風俗関係の仕事をしていることが、信じられない思いだった。いくつなの?君、《ひとみ》と名のった娘に尋ねた。いくつに見えますか?「まさか十代ってことはないだろうね?」
「ワハハ·.、そんなに若く見られたことって無いですよ。二十四で~す」
「それを聞いて、少し安心したよ。十代だったら、ヤバいって思ってね」
「お世辞が巧いんですね、お客さん」明るく元気な、現代っ子らしい話ぶりで、気さくな娘だ。この後の行為に期待する気持ちよりも、この若い娘と話していること自体が楽しい気がしてきた。

いつも元気な、ひとみちゃんが、ちょっと疲れた顔をして帰ってきた。話をしようと思ったが、すぐにタ食に向かうようだったので、声を掛けなかった。結局その日は話をする機会が無かった。彼女が食事から戻る前に、私に仕事が入ったため、Mホテル、812号室告げられた。店長の運転する車に乗ると、はい、解りました一日中、雨が降っている。今日は私は、雨の日も嫌いではない。日曜日は、ピアノの練習日だった。子供の頃から、お天気の良い日曜なら、《今頃、友達は楽しく遊んでいるのだろうな》皆が家の中に居るしかないと思えば、さほど羨ましさを感じずに済んだ。

セックスまで至ることもあ乳首を少しクリッ


股間や背中なども忘れずに念入りにかけます

騎乗位でたった数合羨ましく思ったが、と、雨の日なら、だから、雨の日の落ち着いた雰囲気を好ましくさえ思う。ホテルの前で、店長と部屋番号の確認をして、エントランスに向かった。もう一度、このMホテルは、フロントとエレベーター·ホールが比較的近いので、ちょっと緊張する。さも自然に、外出から帰ってきた宿泊客のような態度で、フロントの前を通り過ぎる。エレベーターに乗ってしまえば、関門突破だ。ホールの案内板を確認して、部屋の位置を頭に入れた。8階に着くと、廊下には人影が無い。幸い、なるべく静かに、部屋のドアをノックした。中年.·いや、男が待っていた。ドアが開くと、初老か·.、「ありがとうございます。エンジェル·クラブのナナと言います」
「早いんだねえ··どうぞ」さあ、ちょっとインテリっぽい縁なしの眼鏡。服装のセンスも悪くない。温厚そうな甘いマスク。今夜の私のお客は、《当たり》のようだ。携帯で、店長に120分コースですと告げる。
「OK。頑張って。じゃあ、8時半に電話をいれるから··」は~い、お願いしますさてと·。お風呂入れてくるね客に言って、バスルームの扉を開ける。
洗面所と一体ではあるが、思ったより広いスペースのバスルームだった。そういえば、ここはダブルの部屋であることを思い出した。私を呼ぶことを考えて、ダブルにしたのだろうか?
ホテルの物とは違う、ピンクの歯ブラシが1本立ててある。洗面台のコップに、まさか··女連れで泊まっているのだろうか?それなら、私を呼ぶはずは無いだろう。まあ、あまり深く詮索するのは止めよう。脱ぎ始めた。男の目の前で、お客さんも、脱いで··私の方ばかり見つめているお客に促す。男は、私が脱いでゆく姿を楽しみながら、自分のシャツのボタンを外しはじめた。私が最後の一枚を脱ぐと、すばらしい··と、歓喜の言葉を吐かせることに成功した。《貴方も結構いけてるわよ》私も楽しむ気分になってきた。若い男のような、性急な感じはなく、ソフトでジェントルに愛撫してくる。キスも巧いし、指先で私の身体をなぞるタッチも上手だ。
女を悦ばせるノウハウを心得ている。
巧みにかわして、男のペニスに手を延ばそうとすると、僕が責めるから最初は、··と言って、私に、なかなか責めさせない。《後で、私のテクニックに驚くなょ!》下腹部に来ると思わせて、私のヒップに回り込む。唇が、府せにされ、太股のサイドから、《なるほど、そう来るか足首へ。膝の後ろへ、かかとを甘噛みして、土踏まずに舌を這わす。くすぐったくなる直前で、ふくらはぎに移る。仰向けに戻され、ふとももを上昇する。脚を少し拡げさせられる。《くそ!、私の濡れ具合がバレてしまう》来るかと期待した途端、あそこにいよいよ、私の足の指と指の間を縫うように、祇めまわされた。男の舌で、思わず声が出た。私の愛液が溢れ出て、つたい流れるのを感じた。アヌスの方まで、いつもの私の手順とは、今夜は違ったものになりそうだ。
「ひとみちゃん、ちょっといい?」ナナさんに誘われ、外に出た。ナナさんは、いつも私に優しくしてくれる先輩だ。背は、私の方が少し高いが、ブロポーションは抜群な上、女の私でも、うっとりするくらい。凄い美人で、ピアノが上手で..確か音大を出たと聞いた·将来、ピアノ教室を開くのが夢で、そのための資金を稼ぐために、この仕事をしていると言っていた。