レイプなどの性犯罪

風俗嬢に好かれるテクニック

腕を伸ばしてまさぐるが、スキンが見当たらない。古いラブホテルにありがちな、スキン別売りか。|彼女を横向にし、小さな胸を採みながら、奥の壁を強く突き上げ、イッていいょ:…言い終わるのを待ちきれず、いるかの様に感じた。彼女は仰け反って堅くなっていた。かまわず激しく、突いた。く、腰を振り続けた。彼女の中の締め付ける力が、|彼女は満身の力で私を締め付けてきた。肉体の先端部分で受け止める刺激が、私にはまるで全身全霊で彼女に抱きしめられて彼女に遅れたくない。
波が引くように抜けていった。私もイキたかった。締まりない彼女の中で、私はひとり、暴れまわっている。もはや無抵抗の彼女の腰を掴み、私は激しく、強彼女は薄明かり
の中で、顎を突き上げたまま、無言だった。
絶頂感より先に、虚しさが立ちのぼってきた。私は最後に深く奥を突き上げて、腰の動きを止めた。イケない?::…すかさず、彼女が訊いてきた。疲れちゃった……私は答えた。彼女は軽やかに身を起こすと、私の先端に手を伸ばしてきた。
「こんなに、気持ちよくしてもらったのに:…」そう言うと、スキンを付けたままの私を、口に含んだ。私の精気を取り戻そうと焦っているのか、それともお返しのつもりなのか。どちらにしても、私にはもう無理だった。本当にもう、体力は尽きていたし、何よりも私けは、彼女が満足してくれれば、それで十分だった。やはり私は、回復しなかった。
もう、いいよ:…休んでSいの。うん、大丈夫私は微笑んで答えた。
「やっばり:すごく気持ちよかったよ」私はそれで嬉しかった。このまま互いに触れ合い、会話をし、キスを繰り返せば、また次が来る。私はそう思った。私は彼女に、優しくキスをしてから言った。いいね、時間気にしなくていいって。休憩時間は、でも:…明日、引越だし確かにそうだが、今何でそれを言うのか、私にはわからなかった。
それでも、そうやったねと、答えておいた。大丈夫?:…四時間もあるし謝られて、私は悲しくなった。
「いや……じゃあ、あんまり引き留めたら、悪いね」私は、物分かりのいい大人だった。じゃあ、シャワー浴びる?確認するように訳いてみる。うん:…先に行く?平然と、彼女は答える。いいや、先に行っといで私は、紳士的に答える。じゃあ:…彼女は掛け布団を押しのけ、細くて長い両脚を軽やかに床に下ろすと、スリッパとバスタオルを身にまとうとバスルームに消えていった。バスルームから漏れてくる明かりが、ベッドルームの小さな明かりと混じり合った。私はベッドにひとりでいるのが嫌になり、ソファに戻って煙草に火を点けた。私の吸う煙草の明かりを加えても、部屋の中は明るくならなかった。彼女がシャワーを終え、私も後に続いた。私がシャワーを出ると、彼女はもう服を着ていて、部屋の明かりも点いていた。私は体に残ったシャワーの滴をバスタオルで拭いながら、取りとめのない話をした。内容は覚えていない。

早漏を褒められるゆ

セックスしたら淫行か買春風俗産業があるのだ
セックスしたら淫行か買春風俗産業があるのだ
風俗初心者とか若い人がよく来るんだ
風俗初心者とか若い人がよく来るんだ


バイブについては.

セックスはできますか包茎とは勃起

彼女の身支度が、手際よかったのだけを覚えて私も服を着終え、ソファに座ってまた煙草に火を点けると、彼女も一緒に煙草を吸いだした。私は彼女にいろいろ質問をした。引越のこと。新しい部屋のこと。彼女の家族のこと::。彼女は快く答えてくれたが、答えはどれも今日はこれで、終わりだな:…。そう思って、私はソファから立ち上がった。
クローゼットから彼女のZARAのグレーのコートを取り出し、彼女に渡した。彼女はそれを、とてもエレガントに身にまとった。私は自分のバックに手を掛け、そろそろ、行こうかと言った。
「ごめんね、ゆっくり出来なくて:…」彼女は答えた。明日は引越だもんね……また、うん、何時でもメールしてもう彼女は私のものvだ、と思っていた。私は微笑みながら、玄関へと向かった。あのう:…後ろから、声がした。.404一瞬、私は意味が解らなかった。
お金…「彼女はもう一度、言った。きっと私のリアクションに、短かった。-いつでもメールしていい?」不安を覚えたのだろう。そうだったのか。デートでは、なかったのだ。そりゃそうだ。彼女に出会ったのは、風俗だ。デリヘル嬢として、彼女は私の前に現れたのだから。あ、あ:……そうだったね私は慌てて、バッグの中の財布を探した。私は初めて彼女を見た時から、彼女のことが本気で気に入っていた。だから真剣に、彼女のことを褒めた。私の褒め言葉には、嘘はなかった。彼女とずっと一緒にいたいと、本当に思ったのだ。私は財布から一万円札を出し、これでいい?……と訊いた。
これは^礼儀だ、これじゃ、淋しい……彼女はためらいながら言ったが、私へのインパクトは大きかった。
二万はもらえないと:…彼女の気丈さに、私は戸惑った。私は彼女を本気で素敵だと思い、彼女は私にメールで呼び出した。それ以上に何があって、それ以下に何がないのだ。それ以上は、ないよ:…それが私の答えだった。これ以上に私から奪い取られることに、耐えられなかった。私は黙って、靴を履いた。背後の彼女の沈黙が、私の背中に重くのしかかる。それからの二人は、ずっと無言だった。薄暗い廊下を歩き、古ぼけたエレベーターに乗り、受付に鍵を返した。受付のおばさんにまた、いらっしゃいませと言われた。アを出ると、入った時と同じコンビニのような安っぽいチャイムがいつまでも鳴り響いていた。外はすっかり夜で、通りのネオンは来た時上よりも派手に見えた。少し歩いただけで、ミナミの賑わいの雑踏の中に出た。もうすぐそこに、地下鉄の改札へ向かう階段が見える。私はそこで振り返った。

射精が近づくと腰

手コキが激しいよう彼女はまだ、私の渡した一万円札を握っていた。やっばりこれじゃ:…淋しい彼女は、伏せ目勝ちに言った。今日はお店休んで来たし……私は答えられなかった。それ以上財布にお金がない訳ではなく、これ以上お金を払うことで、何か他のものまでなくしてしまうのが、怖かった。さっきまで舞い上がっていた楽しい時間を、彼女のことを真剣に好きになっていた自分を、自分はすっかりオトナだ思い込んでた自分を、なくしてしまいそうだ。
「やっばり、これじゃ辛い……引越もあるし:…」先に辛いvと口にしたのは、彼女の方だった。私は、彼女の勇気に感服した。彼女も精一杯、生きているのだ。私は、もうこれ以上自分のことばかり考えることが馬鹿らしく感じだした。彼女はまだ、裸の一万円札を握りしめ、そこに狩んでいる。私はバッグから財布を出し、中からもう一万円札を出して、彼女に渡した。と私は自分に言い聞かせた。ホテルの軌んだ自動ド彼女は私の顔を見上げた。遠慮がちの、笑顔だった。これでいいんだ、と思った。これで今日のことはすべて流れる。何もなかったことになる。そして、彼女もしあわせになる。私は紳士的に微笑むことでしか、この沈黙に対抗できなかった。……ありがとう彼女は、小さく言った。敬語でなかったのが、せめてもの救いだった。
また、メールくれる?精一杯の強がりで言った。うん、またメールする屈託のない笑顔で、彼女は言った。………をね「改札まで見送ろうと思って::」彼女はやはり、優しかった。SS*リリで私は微笑みながら、断った。これ以上、彼女に優しくされたくはなかった。じゃあね私は改札口の階段に向かった。背後からは、何も聞こえてこなかった。さっきまで背中に感じていた、沈黙の重たさもなかった。
そのまま改札口へ向かおうとしたが、やはり彼女のことが気になり、私は振り返った。|彼女はまだそこに立っていた。振り返った私に気づき、彼女は小さく、私に手を振った。(終わり)
カレンが歌い始めた。目覚まし代わりにセットしたCDプレイヤーから、カーペンターズの雨の日と月曜日はが流れている。窓の外では、雨の音が聞こえる。朝から少し憂働になった。あまり食欲は無いが、トーストにブルーベリー·ジャム、ゆで卵、コーヒーでブランチとした。新人の私ととしては、なるべく早めに出動し、できるだけ仕事をこなしたい。先日買ったばかりの傘をさして、事務所に向かった。実際に仕事にありつけたのは、三時間近くも漬してからだった。ひとみちゃん、行ける?店長の声に、はーい、行きます、行きます「おう、元気だねえ、その調子で頑張ってよ」

クリトリスは包皮から顔を出して股間にぴったり張エッチだったという店長に、ガッツポーズをして見せてから、準備を始めた。エレベーターの中で、部屋番号をもう一度復唱してみる。仕事に、まだ慣れない私は、この時間が一番ドキドキする。お客さんに会ってしまえば、なんともないのだが、番号を確かめてノックした。慎重に、ドアが開く。中年くらいを想像していたが、もう少し歳の上そうな、おじさんだった。こんにちは、エンジェル·どうぞクラブのひとみです温和そうな、おじさんなので、ヤバイことにはならないだろう。とりあえず一安心。こんなおじさんで、ごめんね照れくさそうに、私に言った。歳上の人、好きですよ「もっと若いお客が多いのじゃないの?」
「ううん、いろいろだよ。お客さんより、もっと上の人もいるよ」
「ホント?ちょっと安心したよ」勧められた向かい合わせのイスに腰を下ろす。
出張ですか?「いや、ちょっと用があって今夜にこに泊まるんだけど、予定より早く着いちゃってね」
「うちみたいなとこ、よく利用するの?」
「いや、正直言って、初めてなんだ」本当?なんか慣れてるみたい「嘘じゃないよ。よく解らないからよろしく、.」
コースや料金の説明をして、どれにします?「そうだなあ·.、九十分コースにしようかな-·」
「はじゃあ、前金でお願いしますね」一い。おじさんが、お金を出してくれる間に、もう一度、よく観察してみた。服装や、持ち物から見て、すごいお金持ちってわけじゃないだろうけど、まあ、中の上くらいだろうか、話し方や言葉遣いは、優しそうだし、ひょっとすると、若い頃は結構イイ男だったかもと、思わせる顔立ちだった。
お金を受け取り、電話を入れるね。ここからの九十分だから安心してお店に、《安心して》という言葉が可笑しかったのか、おじさんは笑った。シャワーの前に並んで立った時、背が高いんだね、何センチ?と聞いてきた。百六十八だよスタイルも良いんだねえ··褒めるが、私の身体にには触れてこない。と、まだ、遠慮勝ちな態度だ。おじさんのあそこも、半起ちの状態。せられるか、ちょっと不安になる。イカ胸、小さ過ぎるでしょ··挑発するために、おじさんの手を取って胸に誘ってみた。首を横に振って、「ちょうど良い大きさだよ。これくらいが·.」おじさんの手が、あそこの堅さが増したのを感じた。私の乳房をまさぐると同時に、キスが巧いと感じた。唇の感触がイイ。
この前、先輩のナナさんと、ふざけて女同士でキスしたことがあったけど、それに匹敵するくらい優しくて、滑らかな感触だ。唇から胸へ、もう一度、唇に戻って首筋から脇腹へ、自分がサービスされている側になった気がした。私のあそこに、舌が来た頃には、恥ずかしいくらい潤っていた。
ああ··演技ではなく、声が出た。69の形で、おじさんの舌に責められ、指を挿入された。私の方がイカされてしまう··マズイと思った瞬間、おじさんの舌先が、私のアヌスに触れた。うっ「ゴメンね、まだフェラが下手で..」結局、私だけイカされて、おじさんをイカせることができなかった。
「僕の方こそ、ごめんね。でも充分、満足したよ。君は素敵だったよ」なぐさめてくれたけど、私は、ちよっと落ち込んでいた。
帰りのエレベーターの中で、髪の乱れを直すために、首を左右に振ったら、軽く目肢がした。

予定より早く到着してしまったが、早めにチェックインして、久しぶりに、この街を歩いてみようかと思った。仕事で訪れることは度々あるが、泊まりがけで来ることなど、殆どない。学生時代に住んだこの街だが、その変貌ぶりを、のんびり見て回るのも悪くない。昔、住んでいた場所は、大きく変わってしまっていた。周辺を含んで、マンションの敷地になってしまっている。下宿があった位置は、その駐車場の一部ということか·.。
学校までの道筋も、庭先に桜が咲いていた家も、まだ一部が雑木林だった土地も、今では面影さえ残さず、小崎麗なショップが並んでいる。
懐かしさが沸いてくるかと思っていたが、見知らぬ場所に来た違和感ばかり感じられて、早々に地下鉄への階段を降り始めた。昔は、本屋の前にバス停があったはずだが、そこもビルになり、拡張してきた地下鉄への入り口となっていた。結局、大した時間漬しも出来ずにホテルまで戻って来てしまった。コンビニで煙草を買った時、レジのそばに置いてあった無料のタウン情報誌をもらってきたので、ベッドに横たわってパラパラと眺めてみた。風俗関係の広告があった。巻未近くに、という言葉の意味が判らなかったので、よく読んでみた。《デリヘル》デリバリー·ヘルスという言葉を短縮したものらしい。何故ヘルス》が、風俗行為なのか判らないが、客が店舗へ出掛けるのではなく、ホテル等へ女性を派遣して、風俗行為をしてくれるらしい。

場合には右肩下がりの給料である

自分も、聖人君子ではないので、かなり昔には、ソープランドで遊んでみた経験はあるが、ソープと違って、セックスそのものは禁止と書いてあるが、かなり濃厚なサービスをすることは、想像出来た。それほど肉欲的な欲求は無いので、こんな昼間からその手の店に出掛ける気は起きないが、向こうから此処へ来てくれるというのならと、興味が沸いてきた。この年齢になって、あえて、··数年前、女房に先立たれて以来、女性と接触する機会も無いままだったが、その広告を見ている内に、何か沸き上がってくるものを感じた。
此処へも来てくれるのかい?Mホテルだけど、電話に出た若い男に尋ねた。行けますよ。
はい、指名は?「いや、指名というのは無いのだけど··」でしたら、新人の《ひとみ》ちゃんという娘が、お薦めですが·「じゃあ、お願いするよ。どのくらい時間が掛かるの?」.「これから、すぐ向かいます。お部屋番号は?」予期していなかった展開になったが、たまにはワクワクするのも悪くないと思った。ドアをノックして入ってきたのは、驚くほどスマートな女性だった。若く、間違いなく美人だ。
しかも、昔のソープランドでの知識しかない自分は、目の前に立っている若く美しい女性が、風俗関係の仕事をしていることが、信じられない思いだった。いくつなの?君、《ひとみ》と名のった娘に尋ねた。いくつに見えますか?「まさか十代ってことはないだろうね?」
「ワハハ·.、そんなに若く見られたことって無いですよ。二十四で~す」
「それを聞いて、少し安心したよ。十代だったら、ヤバいって思ってね」
「お世辞が巧いんですね、お客さん」明るく元気な、現代っ子らしい話ぶりで、気さくな娘だ。この後の行為に期待する気持ちよりも、この若い娘と話していること自体が楽しい気がしてきた。

いつも元気な、ひとみちゃんが、ちょっと疲れた顔をして帰ってきた。話をしようと思ったが、すぐにタ食に向かうようだったので、声を掛けなかった。結局その日は話をする機会が無かった。彼女が食事から戻る前に、私に仕事が入ったため、Mホテル、812号室告げられた。店長の運転する車に乗ると、はい、解りました一日中、雨が降っている。今日は私は、雨の日も嫌いではない。日曜日は、ピアノの練習日だった。子供の頃から、お天気の良い日曜なら、《今頃、友達は楽しく遊んでいるのだろうな》皆が家の中に居るしかないと思えば、さほど羨ましさを感じずに済んだ。

セックスまで至ることもあ乳首を少しクリッ


股間や背中なども忘れずに念入りにかけます

騎乗位でたった数合羨ましく思ったが、と、雨の日なら、だから、雨の日の落ち着いた雰囲気を好ましくさえ思う。ホテルの前で、店長と部屋番号の確認をして、エントランスに向かった。もう一度、このMホテルは、フロントとエレベーター·ホールが比較的近いので、ちょっと緊張する。さも自然に、外出から帰ってきた宿泊客のような態度で、フロントの前を通り過ぎる。エレベーターに乗ってしまえば、関門突破だ。ホールの案内板を確認して、部屋の位置を頭に入れた。8階に着くと、廊下には人影が無い。幸い、なるべく静かに、部屋のドアをノックした。中年.·いや、男が待っていた。ドアが開くと、初老か·.、「ありがとうございます。エンジェル·クラブのナナと言います」
「早いんだねえ··どうぞ」さあ、ちょっとインテリっぽい縁なしの眼鏡。服装のセンスも悪くない。温厚そうな甘いマスク。今夜の私のお客は、《当たり》のようだ。携帯で、店長に120分コースですと告げる。
「OK。頑張って。じゃあ、8時半に電話をいれるから··」は~い、お願いしますさてと·。お風呂入れてくるね客に言って、バスルームの扉を開ける。
洗面所と一体ではあるが、思ったより広いスペースのバスルームだった。そういえば、ここはダブルの部屋であることを思い出した。私を呼ぶことを考えて、ダブルにしたのだろうか?
ホテルの物とは違う、ピンクの歯ブラシが1本立ててある。洗面台のコップに、まさか··女連れで泊まっているのだろうか?それなら、私を呼ぶはずは無いだろう。まあ、あまり深く詮索するのは止めよう。脱ぎ始めた。男の目の前で、お客さんも、脱いで··私の方ばかり見つめているお客に促す。男は、私が脱いでゆく姿を楽しみながら、自分のシャツのボタンを外しはじめた。私が最後の一枚を脱ぐと、すばらしい··と、歓喜の言葉を吐かせることに成功した。《貴方も結構いけてるわよ》私も楽しむ気分になってきた。若い男のような、性急な感じはなく、ソフトでジェントルに愛撫してくる。キスも巧いし、指先で私の身体をなぞるタッチも上手だ。
女を悦ばせるノウハウを心得ている。
巧みにかわして、男のペニスに手を延ばそうとすると、僕が責めるから最初は、··と言って、私に、なかなか責めさせない。《後で、私のテクニックに驚くなょ!》下腹部に来ると思わせて、私のヒップに回り込む。唇が、府せにされ、太股のサイドから、《なるほど、そう来るか足首へ。膝の後ろへ、かかとを甘噛みして、土踏まずに舌を這わす。くすぐったくなる直前で、ふくらはぎに移る。仰向けに戻され、ふとももを上昇する。脚を少し拡げさせられる。《くそ!、私の濡れ具合がバレてしまう》来るかと期待した途端、あそこにいよいよ、私の足の指と指の間を縫うように、祇めまわされた。男の舌で、思わず声が出た。私の愛液が溢れ出て、つたい流れるのを感じた。アヌスの方まで、いつもの私の手順とは、今夜は違ったものになりそうだ。
「ひとみちゃん、ちょっといい?」ナナさんに誘われ、外に出た。ナナさんは、いつも私に優しくしてくれる先輩だ。背は、私の方が少し高いが、ブロポーションは抜群な上、女の私でも、うっとりするくらい。凄い美人で、ピアノが上手で..確か音大を出たと聞いた·将来、ピアノ教室を開くのが夢で、そのための資金を稼ぐために、この仕事をしていると言っていた。

早漏を褒められるゆ

エッチなことを何でも受け入れてくれる女になることそんなぁ

私の指が、ナナさんの口に収まった時、なにかゾクゾクするような快感があった。《凄い!!》私のような、単純な動きではない。なんと言っても、強弱の付け方のバリエーションが広い。これは、ちょっとやそっとで真似できるものではない。ピアノの鍵盤を、ピアニシモからフォルテシモまで弾き分けるナナさんだからこそのタッチなのだと思った。私のは、強弱はあっても、単純に、弱から強への一方通行だと解った。強く来て欲しい時に、わざと弱めたり、間を空けたり、次にどうなるのか予想させないのだ。私は、酔ったような気分になってきた。自分の指が性感帯だとは思っていなかった。
ナナさんの指を紙めることを諦め、私の指がナナさんの口の中で、されるがままになっているのを、自分に、レズっ気があるとは思わないが、感じてしまっていることは確かだ。トロンとした目で見つめていた。正直言って、自分のあそこが濡れてきたのを感じていた。
「ナナさん··私··変な気分に··なってきた」ナナさん!!私は、ナナさんに抱き着いていった。
「ひとみちゃん。私にはレズの趣味は無いの·..ひとみちゃんの勉強になるならと思って、したのよ。でも、ひとみちゃんが、段々感じてきてることを見ていたら、私も興奮してきちゃった。だから、今日だけだよ、こんなことするのは」私は、大きく領いて、ナナさんにしがみついた。(続く)
ひとみちゃんとのレズ関係は、決定的なものとなってきた。
私にとっては、フィールドが拡がったという感覚だが、ひとみちゃんを巻き込んでしまったことは、貴任も感じている。女同士の悦楽は、限りなく深淵なものだが、決して、ひとみちゃんには、男なんて要らないとは思って欲しくない。その意味では、彼女が発案した《男を含めての3P》というのは、悪い傾向ではないだろう。正直言って、私自身は、恐ろしいほどの魅力を感じている。愛している男とのセックス、そして愛し合っている女とのレズ、それぞれ単独で最高の境地に至れる行為が、同時にダブルで味わえたら、どんなだろう·.。本当は、立ち入ってはいけない領域へ足を踏み入れようとしている。
それが解っているのだが、いや、解っているからこそ、悪魔のの騒きに魅入られるように、ひとみちゃんの提案に乗ってしまった。ひとみちゃんのせいには出来ない。全て、私が巻いた種なのだ。こうなったら、行き着く所まで··墜ちる所まで行ってみたいと思った。ひとみちゃんは、「今度、おじさんが来たら、話してみる。きっと、乗ってくるから大丈夫」言った。確かに、男にとっても魅力的な誘惑しかも、分別のと、だろう。ある年代の男なら、単なる肉体の快楽としてだけでなく、私達の精神のバランスを保つためという意図も理解してくれる可能性は高い。ありきたりな三角関係には、ならないはずだ。私達のレズ行為に、男が拒否反応を示さない限り、私も、ひとみちゃんも、そして男も、巧くゆけば、三人ともセックスのユートピアを手に入れられるかもしれない。

風俗体験取材が出来る漫画家

風俗は独特な特徴を持つ知鶯谷界隈
風俗は独特な特徴を持つ知鶯谷界隈
セックスに対する考膣がシンボルを締め付けるにはふたつの方法があります
セックスに対する考膣がシンボルを締め付けるにはふたつの方法があります


デリヘルはデリバリ

チンポの子宮を突き

ひとみちゃんが言うように、《大切な実験》だと思った。これまで経験したことのない、究極の快楽を味わえるだろう。私は、想像した。ひとみちゃんとの、柔らかく無限に続く快感、そして男の力強い抱擁。ひとみちゃんの滑らかな唇と舌の感触。男に貫かれる確かな充実感。思わず、烏肌が立った。想像だけで、濡れている自分を感じた。神様、許して下さいとは言いません。許されなくても構いません。どうか、私達三人の行為を経験させて下さい。

その日が来た。ついに、待ち合わせは、いつか、おじさんと外でのデートをした喫茶店にした。おじさんの車に乗せてもらって、途中でナナさんを拾うことになっている。15分くらいで、ナナさんが待つ公園の前に着いた。ナナさんは、ワンピース姿に、日傘をさして待っていた。凄く似合っている。まるで、芸能人が、何かの撮影でポーズを執っているかのような雰囲気があった。おじさんも、思わず、ほう··声を出した。と、私は、いつものデニムのミニ·スカートとジャケット。もっと、女っぽいもの着てくれば良かったと後悔した。後ろの座席に乗ったナナさんを、おじさんが、ルーム·ミラーで眺めている。
「おじさん、ちゃんと前を見てないと危ないよ」
お昼少し前だったので、何か食べてから、行こ!と、私が提案し、ナナさんも、「そうね。腹が減っては戦は出来ぬだもんね」と、同意する。おじさんは、本当に、恐くなってきた..と笑った。道路沿いのレストランで、私は、ナナさんはサンドイッチを食べた。パスタを、おじさんは、コーヒーだけを頼んだので、ナナさんが、自分のサンドイッチを半分食べて··と、おじさんに勧める。ナナさんに勧められたおじさんは、じゃあ、1つだけ貰うよにやけた表情で、なんて言ってる。
「おじさん!それだけで、大丈夫?ドリンク剤でも買って行こうか?」
「ひとみちゃん、これ以上、ビビらせないでよ。逃げ出したい気持ちになるよ」
ナナさんは、おじさんに優しく、「心配しないで、ひとみちゃんは、興奮してハイテンションになっているだけだ·.」からとなだめる。さすが、ナナさんだ。ナナさん自身も、興奮しているはずなのに、落ち着いた雰囲気を崩さない。郊外の、高速のインターチェンジの近くにあるラブホテルに入った。おじさんは、覚悟を決めて開き直ったのか、両脇に私達の肩を抱くようにして部屋へ入った。格好いいよ、おじさん!!堂々と、二人の女を従えて、いざ出陣って感じ。頑張ってね。私、凄く期待してる。
これから、どんな展開が待っているのかと、男は不安気な様子だったので、「ここに座って、私達のこと見てて」

風俗営業店以外は用

セックス依存症の恐怖についてソファーに掛けさせた。と言って、私と、ひとみちゃんは、ベッドに並んで腰を降ろし、「最初は、見ててくれるだけで良いから·.」と、念を押した。ひとみちゃんは、「おじさん、びっくりしないでね」と言って、私にキスをしてきた。ひとみちゃんのキスを受けながら、男の顔を見詰めていた。最初は、挨拶程度のキスと思ったらしく、驚いた様子は無かったが、自分を落ち着かせるためなのか、煙草を取り出して火を点ける。《そう、そうよ。じっくり見ててね》身を乗り出出すようにして私達の行為を見ていた。だんだんと濃厚なキスになってくると、そう念じながら、私は、ひとみちゃんを押し倒した。
そして、彼女の服を脱がせてゆく。女が女に脱がされてゆく様子を、男は、眼を見開いて見詰めていた。ベッドの上に、全裸のひとみちゃんが横たわる。その脇に、ワンピースを着たままの私、そして服を着たままの男がソファーに座って、それを見物している。不思議な光景だと思った。私は、ベッドの脇に立って、男の顔を見詰めたまま、自分の服を脱ぎ始めた。男は、自分も脱ぐべきかと、立ち上がり始めたので、もっと私達のことを見て、一杯男を制する。
興奮してからよ·まだよ、…と、ひとみちゃんも、「おじさん、我慢して、見てて·」と声を掛ける。私は、男の眼を楽しませるように、ゆっくりブラを外し、時間を掛けて、ショーツを下ろす。その度に、男の視線が、私の乳房に行ったり、下腹部に行ったりするのを楽しんだ。ひとみちゃんと私の二つの裸体が出現した。この部屋に、どお?私の言葉に、唾を飲み込み、男は、「素晴らしい眺めだよ。肢しすぎる」
「後で、好きにさせてあげるから、今は手を出しちゃだめよ」私は、そう言って、ひとみちゃんを、男の正面になるような位置に座らせ、後ろから、ひとみちゃんの乳房を採んだ。
ひとみちゃんの反応と、男の興奮の表情を見ながら、ひとみちゃんの肩や、首筋に唇を這わす。ひとみちゃんも、普段とは違って、男に見られながら愛撫を受けるのが、刺激を強めるらしく、敏感に身をくねらせる。次ぎに、ひとみちゃんの脚を大きく開かせた。男は堪らず、近寄って来て、ひとみちゃんの股間を覗き込む。
「いつも、見てるくせに、そんなに見たいの?」
私は、男を挑発するように、ひとみちゃんの陰毛を撫でながら言った。男は、
「ナナさんの手で、こんなに感じてるひとみちゃんを見てると、堪らない··」と言いながら、自分の服を脱ぎ始めた。興奮してるか、私達に見せてどんなに、男は、もどかしいようにパンツを脱ぎ捨てる。ペニスが凄い勢いで、上を向いて起ち上がった。その先端には、透明な汁を湾ませている。
「ほら、ひとみちゃん、おじさんも、あんなに興奮してるわ」
「凄い!!いつものおじさんじゃないみたい」私は、もっと男を興奮させたかった。ひとみちゃんをベッドに仰向けにし、そのお尻を持ち上げる。ひちみちゃんは、首と肩で逆立ちしているような格好になる。

早漏を褒められるゆデリヘルの場合長時間の拘束になるので前後の予約状況を要確認して置く事をおすすめしますその背中とお尻を私の身体で支え、両脚を大きく水平に開かせた。私の顔の下に、ひとみちゃんのあそこが丸見えになる。私は、男によく見えるように、ひとみちゃんのアヌスを晒した。ひとみちゃんのお尻の穴、ほら、見える?男は、我慢できないという表情で、自分のペニスをしごき始めた。私は、舌の先を尖らせ、ひとみちゃんのアヌスを祇めてみせる。
「ひとみちゃんは、ここを祇められるのが好きなの、知ってた?」ひとみちゃんは、恥ずかしさと快感で、半狂乱の声を出した。やめてえ!!「お願いだ。僕にも祇めさせて」
男は、そう言うと、ひとみちゃんのあそこに、むしゃぶりついた。男は、ひとみちゃんのお尻を抱きかかえるようにして、性器を祇め、アヌスにも舌を伸ばした。ひとみちゃんは、羨ましいくらい感じて、身体がブルブル震えていた。私は、下半身は男に任せ、逆さになったひとみちゃんにキスをし、乳房を採んであげた。ひとみちゃんが受けている快感を想像男は、少し腰を下げ、自分のペニスをひとみちゃんの顔に近づける。祇めて欲しいのだ。すると、私の愛液が溢れる。ひとみちゃんは、舌を伸ばし、ペニスの先端に滴となっている汁を紙める。男は、ようやく与えられた快感に、ううっ!と叩き声を漏らした。

待ち合わせ場所で、ひとみちゃんと会い、今度は、ナナさんをピックアップする場所へ向かった。日傘をクルクル回しながら待っているナナさんの姿は、遠くからでも目立って、すぐ判った。思わず、ひとみちゃんと顔を合わせ、モデルさんみたいだね··と、言葉を交わした。ナナさんを乗せて、すぐにホテルに向かうものだと思っていたが、何か食べてからということになった。確かに、お昼近くだが、これからのことを思うと、空腹など感じていなかった。女性陣は、性欲だけでなく、食欲も旺盛らしい。
ナナさんがくれたサンドイッチを、一切れだけコーヒーで流し込んだ。ホテルに入ると、そこには、今まで経験したことの無い、ハーレムのような世界が待っていた。ビックリしないでねと、ひとみちゃんが言ったが、彼女たちの、濃厚なレズの光景に、頭がクラクラする思いだった。
映像では、見たことがあっても、現実に目の前で、女と女が裸で絡み合うのを見せられて、興奮は極限に達した。すぐにでも、彼女達の行為の中に、自分も参加したかったが、二人に、最初は見ているだけ··と、制されて、堪らない思いをした。ナナさんは、わざとこちらに向けて、ひとみちゃんの股間を拡げて見せる。既に、何度も見ているはずの、ひとみちゃんの身体に、新鮮な欲望を感じた。ペニスが痛いくらいに固く勃起していた。二人の美しい裸体に、目肢がするばかりでなく、縦り広げられる卑獲な行為を目の前にして、我慢するのが辛い。自分も服を脱ぎ始めた。
「どんなに興奮しているか見せて」と言われた事に、喜びさえ感じた。
パンツを下ろすと、若い頃のような勢いで、ペニスが飛び出した。ナナさんも、ひとみちゃんも、満足気な表情で、ペニスを確認した。そこから、更なる興奮が待っていた。ナナさんは、ひとみちゃんの尻を持ち上げ、大きく脚を開かせたのだ。ひとみちゃんの性器が、丸見えなのだ。クリトリスが興奮で尖っているのが見える。ナナさんが、アヌスに舌を這わせた。お尻の穴を祇められるのが好きなのよひとみちゃんは、ナナさんの舌の動きにつれて、ひとみちゃんのアヌスがヒクヒクと奮く。性器を濡らす愛液が更に湧き出すのが判った。我慢の限界を超えた。
「お願いだ。僕にも祇めさせて!」ベトベトになった、ひとみちゃんの股間に顔を埋めた。夢中になって、ひとみちゃんのあそこを祇め、唇で愛撫する。

陵辱する場所として

さっきのナナさんのように、舌を尖らせ、抱きしめている、ひとみちゃんのお尻と腰がガクガクと震えた。そうしている間、ナナさんは、ひとみちゃんにキスをしながら、乳房を採み、乳首を責める。アヌスも刺激する。自分の身体の位置を調整しながら、自らの下半身がしかも、見やすいようにポジションを執り、こちらの眼を楽しませるのだ。
この部屋の中には、三匹の陰獣が奮いていた。快楽と興奮を極関まで求める、裸の獣だった。ペニスの先に湾み出ていた汁を、ひとみちゃんが舌で紙め取った。
思わず声が出るほどの快感を感じた。これ以上、我慢が出来ない!そう、訴えると、ナナさんは、用意してきたコンドームを取り出し、フェラをする要領で、ペニスに装着してくれた。ひとみちゃんを横たえ、脚を拡げさせようとすると、ナナさんが、私が先よ!と言った。さんざん快楽の責めに閉えていた、ひとみちゃんは、そんなあ··絞い!と、泣きべそをかいたが、ナナさんの言葉に従い、ベッドの隅に移動した。ナナさんは、後ろ向きに四つんばいになり、こちらにお尻を突き出した。ビーナスの身体に隠された、神々しい性器が目の前に現れる。アヌスさえも、ナナさんとも、一度、身体を見せ合ったことがあるのだが、その時は、遠慮がちに指を挿入しただけだった。
その、ナナさんと、本番をしようとしていることが信じられない思いだった。神秘の趣を保って、小さな穴を覗かせている。来て!ナナさんの言葉に促され、これ以上膨張しようのないくらい勃起したペニスを、ゆっくり挿入した。
ひとみちゃんを狂う程、感じさせた。男の興奮も限界に近づくのが判った。そうした、全ての環境が、私の感覚を高め、私自身の興奮も最高調になるのを感じた。男と共に焦らしていたのだ。気付いていないかも知れないが、男だけが焦らされているのではなく、私も自らを、男は、吃立した男のペニス、その先を濡らす汁。
それを見ているだけで、愛液が止めどなく湧き出す。私のあそこも祇めて欲しかったが、あえて我慢した。男のペニスに、コンドームを口で装着した。男は、それまでの流れから、ひとみちゃんに最初に向かうものと思ったようだが、それを制して言った、私が先よ!ひとみちゃんは、悔しがったが、先輩の私を立てて、先を譲ってくれた。私は、この男の前では、したことのない淫らなポーズを執った。後ろ向きに、お尻を突き出し、膝を拡げて、獣のスタイルで男を誘った。さあ··来て!男が、私に抱いているイメージからすれば、考えられないような光景だろう。

早漏や遅漏の方は症状がかなり改善すると思います


デリ嬢のお尻に衝撃が走りび

風俗嬢を操る者お金性器も、アヌスも晒して、男を待つ。私の期待は、爆発しそうに膨らんだ。固く、鉄のようになった肉棒が、私の中に、ぬめり込む。
「ああ!!.イイ。やっぱりイイ!!」男のペニスを迎え入れるのは、かなり久しぶりだった。そうよ!!この感触!!ゆっくり、男は動き始める。
男も申き声を上げる。うう··私が期待した以上の快感が襲う。頭が、ぼおっとしてくる。ひとみちゃんは、私のお尻の上から覗き込むようにして、「凄い!おじさんのが、ナナさんの中に、出たり入ったりしてるよ」彼女の手が、私の乳房を採み始めた。
「そう!そうして欲しかったの。ひとみちゃん」男に突かれながら、ひとみちゃんの愛撫を受ける..これこそが、私が妄想していた通りのスタイルだ。男の手と、ひとみちゃんの手が、奪い合うように私の乳房を、そして乳首を弄ぶ。四つんばいになった私の下に、ひとみちゃんが頭と手を入れてきた。私のクリトリスを刺激し始めた。私は、獣のような叩き声をあげて、喜びを表現した。
「ナナさん。グチュグチュとイヤらしい音がしてるよ」そんなこと言わないで!ああひとみちゃん!

ひとみちゃんは、片手で私のクリトリスを触り、もう一方の手は、自分の性器を触ってオナニーをしている。自らを慰めるのと同時に、視覚で男の興奮を増そうというのだ。男の、ピストン運動のスピードが速まった。ペニスの硬さも、一瞬増したのを感じた。
「イキそうだ、ナナさん!」私も、限界だった。イッて!!うっ!ペニスが、私の中で、ビクンと何度も膨張した。
私は、気を失うほどの桃惚感の中に、放り出された。《あ、神様··感謝します》男の、ペニスがゆっくりと抜けてゆく·。同時に、ひとみちゃんの手が激しく私のクリトリスを揺さぶった。私に、とどめを刺そうとする。失神した。私は、
おじさんが、ナナさんの後ろから挿入した。二人同時に、うう··ああ··と岬き声を上げた。他人がセックスするのを間近に見るのは、初めての経験だった。おじさんのペニスが、遅しくナナさんに出入りしている。見てて良いのだろうかと思ったが、目が離せなかった。ナナさんのお尻の上から覗き込んだ。おじさんが動く度に、おじさんのペニスには、白く濁ったナナさんの愛液が、まとわりついている。

風俗体験取材が出来る漫画家

セックスに関してだけ

俺わかるでしょ?」Y美は·.·い
俺「あまりよくわかってないようだね」
Y美に改めて理解させるため、覆いかぶさりそのままナマ挿入。あう·..!暗ぐY美。しかし·.·ゆっくりと出し入れして、すぐに抜いた。え·..?そんな·.·みたいな顔するY美。俺欲しい?Y美はい。欲しいです「じゃあ···挿れてやるから自分で導いてみな」俺チンボを手に取り、自分からあてがうY美。
「俺と付き合ったら好きな時に味わえるんだぞ」Y美の顔が気持ち良さげに歪んでる。
体勢を入れ替えY美が上に。夢中で腰を振るY美。クネクネといやらしい腰使いだ。本当に見れば見るほどいい女だ。しかもエロい。あともう少しで落ちるな。最後に俺が上になってディーブキスしながら交わる。夢中で俺の舌を吸うY美。今日はどうやら危険日らしい。避妊して欲しいと頼まれていたが、当然、外に出す気はない。最後は思い切り子宮の中に出してやった。李む可能性は大だ。
ZARAのコートを着た女の話|ミナミのそのカフェは、土曜日のランチタイムも終わり、客もまばらっだった。ビルの最上階だが奥にテラスがあり、そこはガラスの天井から午後の日差しがゆったりと降りそそいでいた。テラスの一番奥のテーブルで、その女性はグレーのフラノのコートを着たまま、名前は吉乃といった。
今日の午前中に、私に逢いたいとメールしてきた女性だ。メールをもらって、私はうれしかった。その女性はすらっと細身で、着こなしのセンスが良く、眼鏡がとても似合っていた。初めて会った時はとても気持ちが高揚し、夢中で話をしたものだった。そして私は彼女とメアドの交換をしたのだ。朝にメールを受信して、私はすぐに返信した。もちろん何時でもOK!送ったメールには、恥ずかしげもなく絵文学がいっぱい使われていた。彼女はでは、2時にミナミでと指定してきた。私はすぐに、身支度を始めた。その女性がム背筋をすっと伸ばして座っていた。何処にでも出向くよと。今日も私は、呼き足さっ1浅く腰掛け、椅麗な姿勢で微笑んでいる。
二人で、店のオススメのオーストラリア産のビールと自家製ケーキを注文した。そして再会に乾杯した。ビールはとても美味しかった。彼女も、このビールは美味しいと言った。私は夢中で自分のことを喋った。
バツイチであること、今一人暮らしであること、東京で単身赴任をしたことがあること:…。彼女は明日、引越だと言った。新居の近くにダイソーはあるが、TSUIAYAがないのがさみしいと言った。位はいつの間にかケーキを平らげてい以外に節くれ立っているのがなぜか気になった。華客な彼女に不釣り合いな指だと思った。たが、彼女はほとんど手をつけていなかった。ピールグラスに伸ばした彼女の指が、彼女がトイレに立った。時計を見ると、二時間が経っていた。私は次にどうするかを考えた。いや、本当はすべきことは決まっていた。そろそろ日が暮れだす頃だ。タ闇が、彼女がもどって来ると、席に着くのを待たずに、そろそろ出ようか:…と、私は言った。彼女は、小さく微笑んだ。街の喧曝を覆い隠してくれる頃だ。支払いを済ませ、店を出るとすぐに下りのエレベーターだった。ェレベーターの扉が閉まると、私は彼女の戸肩を引き寄せ、キスをした。彼女は一瞬ためらったが、それでも私に唇を受け入れててくれた外に出ると、少し肌寒かった。

股間の盛り上りを包

セックスをする前

風俗嬢にアソコを見ると照れるわ風俗は犯罪ではない

股間から意識を前方陽は傾き、淡い闇が街に散らばっている面倒くさい諸々を覆い隠してくれていた。私は御堂筋の向こうにある、さびれた路地を指差した。
「二人っきりになれるところに行こうか:…」言い出すのには、以外と勇気がいった。|彼女はその路地とは対象的な、屈託ない笑顔を見せてくれた。腕を組もうか迷ったが、何となくやり過ぎなような気がして、やめた。私たちは横断歩道を渡り、路地に入り、色あせたネオンの下を歩いた。時代から取り残された様な、不思議な路地だった。横柄な運転のタクシーを避けながら、二人は歩いた。古ぼけているのに自己主張だけは立派なラブホテル群を見渡しながら、どこがいい?
……
と彼女に訊いてみた。彼女の積極性を計りたかったのだ。そこは中途半瑞に派手なネオンたちが、「ぼつりぼつりと怪しげな光を放ちはじめていた。どこがいいって訊かれても:…」そう答えながらも、彼女の目は目的地を物色していた。
「そうやんな::…じゃあ、ここにしよか」私は一番センスがよさそうに見える建物の入口で足を止めて、彼女を振り返った。神妙に領く彼女。そんな彼女を見て、私は何故か少し動揺した。薄暗いロビーに入ると、部屋の案内パネルは全て消えていた。只今、満室ですと、後ろの小さな受付窓から声がしてきた。私は苦笑いを彼女に向け、次:……行こうかと言った。
通りに出ても、残るは全て品なく存在をアピールする物件ばかりだった。でももう、これ以上迷いたくはなかった。リリP私は彼女の顔色も確かめずに、隣のラブホの入口に向かった。ここの受付には案内パネルはなく、中年の女の人が座っていた。派手な外観とは裏腹に、中は限りなくノスタルジックで、レトロだった。二時間分の休憩料金を払うと、三〇三号室ですと、鍵を渡された。
エレベーターの入口で、不釣り合いな年の差カップルとすれ違った。三階の廊下では清掃のおばちゃんとすれ違った。案内の点滅ランブもない。私たちは三〇三号室の表札を探し、中に入った。部屋の中は思いの外に広かった。しかし建て付けはかなり古かった。小さなリビングに小さなソファがあり、奥のベッドルームは床が一段高くなっていて大きなべッドが置いてあった。天井からはゴージャスだか何故か悲し気なシャンデリアがぶら下がっていた。かなり、趣あるね……と、私は言った。でも広いね:…と、彼女は言った。

風俗嬢を手に入れる

セックスするのは当
私はベニャ作りのクローゼットからハンガを取り出し、自分のコートを掛けた。そしてもつ一つハンガーを取り、彼女が脱いだグレーのフラノのコートを受け取った。
コートのネームにZARAのロゴが見えた。私はそのZARAの文字に、少し興奮した。東京ではZARAを着る女性は多かった。銀座でも池袋でも、ZARAのショップではキャリア指向の女性でいっぱいだった。山手線や丸の内線のOLは皆、ZARAを着ているんじゃないかと思っていた。ZARAのスーツを買いに来る東京の男は皆上品だったが、大阪ではホスト崩れのような若者ばかりだ。二人はソファに腰掛けた。私はキスをしようか、煙草に火を付けようか、迷った。煙草吸っていい?
:…
彼女が先に、訊いてきた。もちろんと言って、私も煙草に火を付けた。妙に広い部屋に満ちたぎこちない沈黙を、二人が吐き出す白い煙が埋めていった。そしてふたつの煙は、私たちを先置いて、お互いに絡み合っていく。二人とも静かだった。カフェでの鏡舌な会話はそこにはなかった。私はまだ半分しか吸っていない煙草をもみ消し、彼女の横顔を見た。|彼女は煙草を、その節くれ立った指に挟んで、まだゆっくりと吸っていた。待ちきれずに、私は腰を彼女にゆっくりと近寄せた。合皮のソファと尻とが擦れる音が、部屋中に響いた。彼女は吸おうとしていた煙草の手を、止めた。私は彼女の肩を抱いた。
その肩は、彼女は口の中の煙を向こう側に吹き出してから、私の顔を見た。それと同時に、私は唇を重ねた。最初は軽く、そして優しく、しだいに激しく、彼女の唇を奪い続けた。彼女の肉付きのいい唇を舌先でまさぐり、舌と舌を絡ませた。二人が吸っていた煙草の味が、完全に混じり合っていた。私は彼女の細い二の腕を掴んだ。彼女は、息継ぎするように私の唇から逃れようとするが、私はそれを許さなかった。私の手は、彼女の胸の上にあった。ケーブル編みのグリーンのセーターの上から、彼女の胸の形を確かめた。
胸はブラのパッドに守られていたが、柔らかさは十分に伝わってきた。私はゆっくりと、その柔らかさを、確かめた。|彼女の鼻からそっと、息が漏れた。私は唇を彼女の唇から離し、あごへ、頬へ、耳たぶへと移していった。|彼女のあごがしだいに上向き、頬の温度も上がってきた。私はもう十分に、高まっていた。シャワー:行く?彼女が不意に、言いだした。前の時と、同じタイミングだ。彼女は成り行きの流れというものを許してくれない。私は彼女の胸から手を離した。そして素直に同意した。…そうしようか仕方なく、私は服を脱ぎはじめた。一緒に入る?と訊くと、別々で:…と、返事が返ってきた。すでに彼女の体のことは、隅々まで知り尽くしているのに:…苦笑いしながら、私は先にシャワーを浴びに行った。彼女がシャワーを浴びている間、私は先にベッドに裸で入った。だだっ広いべッドのマットレスは、思いの外に柔らかく、暖かかった。天井のさびし気なシャンデリアを眺めながら、彼女の浴びるシャワーの音が部屋中に流れてくるのを聞いていた。
やっばり細かった。シャワーからあがった彼女は、バスタオルをしっかりと胸から下に巻き付けていた。そしてベッドに入る前に、部屋の明かりを全て消していった。暗い?そう訊く彼女が、少し可愛く思えた。うん、ちょっとねと言って、私は枕元の電灯のスイッチをまさぐった。真っ暗闇はダメだ。私は彼女の細い手足と、感じてしだいに変化していく彼女の表情を確かめたいのだ。ぼんやりと黄色い明かりが灯った。明るい?と訊くと、大丈夫:…と、彼女は小さく笑った。ベッドに入ってきた彼女に、私は覆い被さった。彼女の肩にまだ残る、シャワーの滴が冷たかった。私は、キスの続きを始めた。

愛撫の手順衣類を付

風俗嬢がいるのが普まったく別人の写真

セックスが上手だ
唇をむさぼり、あごを祇め、耳たぶを噛んだ。彼女は柔らかいべッドの上で、無抵抗だった。細い首筋に唇を這わせた頃には、吐息を押し殺しているのがわかった。私は胸元できつく結ばれていたバスタオルを解いた。鎖骨と肋骨が、黄色っぽい照明の中で浮かび上がった。骨と骨の間に、柔らかそうな肉の塊がふたつ、
盛り上がっていた。片方の肉を手で覆い、手のひらで乳首を転がした。|もう片方の肉の塊は舌で攻めた。横からゆっくり証め上げ、その柔らかさを、舌で楽しんだ。|彼女の乳房は決して大きくはないが、感度はよかった。
採みあげる力を強める度に、乳首を転がす手のひらに力を強める度に、彼女は口から漏れる声を、抑えきれなくなっていった。今日は時間を気にせず、ゆっくり彼女を弄ぼう。舌を、彼女のくびれた腰に移動した。腰骨の先を証め、腰のくびれを証め、助骨を渡って乳房に到達し、乳首はわざと避けて肩骨を証めた。それだけでも、「彼女は身を硬くし、腰を浮かせている。今度は、二の腕の肉を頬ばった。骨をとりまく肉はわずかしかなかったが、とても柔らかかった。いささか熟れた女の甘みが、そこにはあった。肘に舌を這わせ、腕にキスをし、手の甲をたっぷりと祇め、指先を一本一本、優しく口の中に含ませていった。
最後の小指は、根本からたっぷりとしゃぶった。」|彼女は感じていた。それは薄暗い照明の中に浮かぶ、横顔のシルエットでわかった。きっと彼女は、もう十分に濡れているだろう。しかしそれを確かめるのは、まだ先だ。今日は時間が、たっぷりとある。。私は鎖骨にそっと、キスをした。そして首元に舌を這わせながら両手で強く、胸を採んだ。首筋を祇めながら、耳たぶを口に含んだ。そして彼女の耳穴に、そっと舌を差し込んだ。彼女は顔を反らして逃げようとした。私は赦さなかった。両手の親指で同時に、左右の乳首を激しく転がした。もっと声が聞きたい。私はそう思うだけで、気持ちが高ぶっていった。私は早く、彼女の声が聞きたい。
声を出して、いいよ:…私の言葉は、想いよりも優しく響いた。|彼女は何も答えなかった。そろそろ、下にいこう。私は布団の中に潜った。柔らかい下腹にキスをし、脚のつけ根にそっと指を触れ、股の外側から足先へと、舌を滑らせていく。両手で足首を握り、足の甲にキスをした。足の甲を執助に祇め、足の指を全て口に含み、全ての足の指の間に、舌を差し込んでいった。それはもう片方の足にも、同じことを繰り返した。|彼女に力が入り、なかなか自由に、扱わせてはくれない。くすぐったいのだろうか。いや、彼女はこれを期待していたはずだ。以前も同じことを、私はやったはずだ。そして彼女は、今度は自分から、私を呼び出したのだ。私は彼女の股の内側から、徐々に上へと、舌を這わせていった。彼女はまだ、声を押し殺しているの。布団に覆われて、彼女の吐息がよく聞こえない。そして私は、体が火照って熱くなっていた。私は掛け布団を剥ぎ取った。

お尻をつかんだマサルさんの手に力が入

股間に当てて完全に隠して
白いシーツの上で、身を反らせた彼女の姿が露わになった。彼女の太股に腕をまわし、熱くなっている内股に、激しく吸いついた。荒々しく舌を這わせ、そっと彼女の劇れ目の外側をめ上げた。彼女の熱い液体が、垂れ出してくるのがわかった。しかし彼女はまだ、声を押し殺している。そんなに品性を保ちたいのか。そんな彼女の抵抗は、ますます私の本能に火を点けるだけだった。私はわざと彼女の割れ目を外し、その周囲を数回、祇め上げた。彼女は膝を立ててきた。私はその膝を強く、外側に倒した。膝を倒しきったと同時に、彼女の割れ目を祇め上げた。
中からどっと、液体が流れ出てきた。あ、ああ:…彼女の声が漏れた。私の勝ちだ。もう私は、遠慮しなかった。私は割れ目を、び、舌先を中に滑り込ませるように、紙め上げた。を掻き分けるように、力を込めて舌を這わせた。彼女のあそこはもう、濡れているいうより垂れていた。そしてとても熱かった。私は再今度は彼女の割れ目全てを、口に含んだ。吸いつくように舌で祇めた。彼女の奥から湧き出る液がダイレクトに、私の喉に流声と言うより、時きだった。れ込んでくる。その酸味に、匂いに、彼女の本質が潜んでいるように感じた。私は余すことなく、彼女の全てを私の体内に取り込んだ。あっ、あっ:…ダメ彼女は私の頭に手を伸ばしてきた。
その力ない指の動きは、拒んでいる様でもあり、誘っている様でもあった。彼女の体にはもはや、魂など宿っていない。ただ、刺激に素直に反応するだけの、肉の塊の機械だ。私はそっとクリトリスを口に含み、何度も舌で転がした。同時に人差し指で、そっと割れ目を撫で上げた。そこはまるで生きているかの様に、ばっくりと開いてくる。指を二本ににし、細かく襲をわせる。彼女の奥から、お腹が:…お腹が、熱い::|彼女は下腹をさすった。私はクリトリスを口に含みながら、人差し指を、彼女の奥へ奥へと、ゆっくりと差し込んでいった。
その中は熱く、壁は溶けだしていた。出し入れを数回、優しく繰り返し、そっと奥まで指を忍ばせ、指を鍵型にし、下腹を裏から突き上げるように、大きく掻きむしった。私の指の動きに呼応するかのように、彼女のくびれた腰が、浮き上がる。私はそれが面白くて、何度も繰り返した。それからクリトリスを、あう:…、あう:…|彼女は何度も同じフレーズを繰り返した。さらに液体が溢れ出てくる。力を込めて頬張った。私は彼女の股の間から、聞いた。
「……気持ち…いい:…ああーん、ダメよ」
「ん?ダメなん?……気持ちいいの?……どっち?」私は、意地悪く言った。ん、ん……気持ちいいのそう答える彼女が可愛かった。愛おしくて、私は彼女の奥深くを指で掻きむしりながら、彼女の唇を激しく奪った。彼女は私に激しく舌を絡ませながら、細い腕で私の後頭部を抱き込んイ……イキそう:…彼女が言いだした。

股間の盛り上りを包

実はこうした一八歳や一一九歳の女性を扱ったデリとなっているこのホテルは良い

イッて、いいよ……私は彼女の耳元でそっと喝き、そして首筋をそっと祇めた。い……いいの?:…イッていいよ:…「指をぐっと彼女の奥まで押し込み、ヘその裏側から入り口まで、強く掻きむしった。[……イ、イクっ」|彼女は小さく言った。彼女の助骨が盛り上がり、腹が持ち上がり、か細い腰が浮いた。と同時に、私の指先が彼女の中でゆっくりと締め付けられていった。
……イっちゃった?r.22私はそっと指を抜き、自分のモノに手を添えた。準備は十分、整っている。次は、私の番だ。私は身を起こし、自分のモノを彼女の入り口にあてがった。私のも熱かったが、彼女の方がもっと熱かった。私は先器で彼女のクリトリスをそっとなぞり、駿を数回、刺激した。もはや彼女に拒む理由はないだろう。私はそのまま、先端を奥へ奥へと押し込んでいった。ゴム、付けて彼女は、はっきりと言った。うん、わかった……予想はしてたが、少し焦った。ベッドヘッドに目をやるが、私は薄明かりの中、部屋を見渡した。部屋の隅でぼんやりと、古い小さな自動販売機の明かりが灯っている。私はベッドを下り、財布をさぐりで無名のメーカーのスキンを買った。ベッドにもどると、私は少し萎えていた。これではスキンも被せられない。
「……俺も、気持ちよくしてくれる?」うん:……彼女は、待ってたように答えてくれた。
「私ばっかり気持ちよくなっても…:ね」その職業的な言い方が、気に入らなかった。|彼女は髪の毛をかき上げながら、私をくわえた。そっと口に含み、舌先で私の先端を刺激してくる。細い指は私を優しく握り、ゆっくりと上下させている。私はその指先に、感じた。元気を取りもどししはじめた私を、今度は奥深くまで飲み込んでくる。くわえる唇の感触が、遠慮しているかのように柔らかだった。彼女が与えてくれる、私への愛の表現をじっくりと堪能しながら、スキンを箱から出していた。彼女が私の裏筋を証め上げ、袋をそっと指で被いこんだ頃には、私は元気を取りもどしていた。
ありがとう::言いながら、私はスキンを被しはじめた。|彼女は何も言わずに、ベッドに仰向けになった。私は彼女の細い両股をゆっくりと掻き分け、堅くなった私を、彼女の奥へと沈み込ませていった。|彼女の口から、言葉にならない吐息が漏れる。ゆっくりと、ゆっくりと、彼女の奥へと入っていった。じっくりと、私自身を、感じて欲しい。時間をかけて、彼女の奥まで到達した。そこで動きを止める。しばらく、彼女の内側の感触を確かめる。細かく、ゆっくりと彼女の内壁が波打っているのが伝わってくる。彼女のそこは確実に、私を求めている。口に出さなくてもいい。
彼女の体は雄弁に、正直に、私に語りかけてくる。私はゆっくりと腰を動かしはじめた。もう彼女は、何も言えなかった。私は、彼女の両足を高く持ち上げ、奥をゆっくりと突き上げ、それから浅く振動させた。それから彼女を傭せにしてバックから強く、Gスポットを攻撃した。再び仰向けに戻し、激しく奥へと挿入した頃、彼女はまた、イキそう::と言いだ暗くてよく見えない。

股間の盛り上りを包

エッチなことして

勃起させてもらい
貴方が女性ならまだしも男性であれば、お客様につくわけにはいきませんから最低2~3名はこの時期に確保しましょう。

注意:ここで求人広告は絶対にしないでください。
ハッキリ言って無意味です。たまには広告を見ましたと電話が来ますが、ほとんど快まらないと考えてください。そりやそうですよね!これからどうなるか分からない店に入りますか?普通に考えて難しいですよね!なので、ここはまず知り合いを当たりましょうよ!ダメですよ!他店風俗店を利用して引き抜く行為をしたりすると痛い目にあいます!極秘戦略!これは違法になるのかもしれませんので自己武任です!当時、私も実践しましたが、よく消費者金融の無人契約機が集中しているビルってありますよね。そこの前で出てきた女性に声をかけるのも一つの手です。この方法でうちの店長は数人GETしましたよ。現在はスカウト行為の禁止がありますので、名刺サイズのカードに高額バイト募集の文字と携帯電話を載せて無言で配っておくのも良いかもしれません。すべては自分の為です。(※私が違法かどうかわからない事をお勧めすることはできませんので、やめておいた方が良いと付け加えさせて頂きます。)

広告代理店と打ち合わせをしましょう。コンパニオンが確保でき、資金に余裕があるなら、営業開始日に合わせて営業広告を出しましょう。
求人広告じゃないですよ資金に余裕が無ければ、今の時点では広告はいりません。もし貴方に3万円余裕が

聞の三行広告へ広告を出すべきです。但し、コンパニオンを確保してからにしてくださいね。
折角問い合わせが来たのに、断らなくてはいけないという悲しいことになりますから。実は私もあるんです。結構オーナーとしても辛いんですよ!あるなら、新

店内のルール

を作りましょう。何事もルールは必要ですし、店長や従業員の場合、暴走する恐れがあるので気をつけましょう。(決め事)
(コラム)雨はデリヘル日和?下記は当時のブログ記事の抜粋です関東はムシムシと嫌な暑さになってきましたね。
嫌ですね。しかし、この梅雨時期がデリヘル店には鰻高だと思いませんか?”外はむし暑いし、雨は降っているという感じで、なんかサッパリしたくなりますよね!そんな時はここへお電話を!30分以内にお伺い致します”って三流CMみたいなこと考えないでくださいよ~よく考えてみてください。男性客がジトジトした雨の中を歩いて店舗型風俗店へ行き、狭い待合室に押し込まれ、数十分待たされやっと部屋へ通され、楽しくエンジョイ!サービスタイムが終わり、外へ出るとまだ雨が降っている中をこれからどうしようかなと··…これって虚しくないか~!まあちょっと大げさなのかも知れないけど、遠からずだと思います。女性の事は分かりませんが、男ってエッチした後(特に風俗)
つて、妙に虚しくなってしまいますよね。

マンコをご覧くだ

デリヘルは指定した場所へ出向き、サービスを行なうのですから、お客様は雨に濡れませんし、寂しく虚しい帰路を味わうこともないのです。それにデリヘルの魅力ってどこにあるかご存知ですか?
なぜ店舗型よりも格段に高い料金であり尚且つホテル代まで出さなきゃいけないのに、お客様はなぜデリヘルを選ぶのでしょうか?しかも、リピートになる可能性が極めて高いです。なぜでしょうか?この辺を良く理解しておかないと、いけませんよ。デリヘルが勝つ理由!これは、私なりの考え方なので、これを読んで貴方自身で考えてみてください。なぜ、デリヘルが強い?店舗型と比べてデリヘルはどうでしょう!店舗型の風俗へ行った事がある方は多いと思いますが、どうでしたか?楽しかったですか?そうですか!それは良かった(笑)そう、その場は楽しいかも知れませんが、何か虚しさが残りませんか?狭い部屋へ押し込まれ、そのサービスを受け、時間が来れば追い出される。何を言いたいかというと、ただエッチするだけの場所というだけなんです。ん~わかりますか?ではデリヘルはどういうサービスなのでしょうか?私が思うに、恋人を演じるサービスということになります。
例えば、自宅に呼ぶ場合約束の時間に恋人が訪れ、楽しくお話しをした後、シャワーを一緒に浴びそしてシャワーを浴びた後、ピールを一杯飲みお好みですがベッドへ!サービス終了後、また来るねと部屋を後にする。全身の洗浄を女性が行なう。どうです?こにまで楽しんだお客様はまたデリヘルを利用します。なぜ?それは擬似恋愛を楽しんだからです。そうエッチだけを提供する店舗型と恋人を提供するデリヘルという大きな違いがあるのです。また普通の恋人にしてもシャワーで全身洗浄なんてしてくれますか?普通しませんよね!ですので、恋人がいる人でもデリヘルを呼びますし、既婚者でも同じです。これだけでは無いのですが、以上を踏まえて今後を考えてみてください。

広告について

デリヘルの営業方法ってひと言で言っても、どの位思いつきますか?まずは、広告ですね!広告でも新聞広告、月刊·週間紙、それと折り込みチラシ、ティッシュ、ポスティングチラシ、電信柱ヘチラシ貼り、ステ看、スタジアムのバックネット、笑顔おじさんのおでこ!?
と上げればキリがないです。ラジオ·TVCM、国際バスのリア広告、電車の中吊り、妊婦のおなか!?みなさんはどの広告を出しますか?妊婦のおなか?止めときましょうよ!バスや電車、スタジアム、ラジオ、TVは、まず無理でしょう。公共的な広告場所でデリヘルやソープランドの広告や宣伝を見たり聞いたりしたことないでしょ!次!はい田中くん!(田中くん)「僕なら新聞の折込チラシかな、読●新聞なんか良いよね!地域密着って感じで、あと駅前でテイッシュ配りも効果的だよね。あとあまりお金をかけたくないから従業員で協力してポスティングして電信柱ヘチラシを貼り付けちゃおうかな!
あと売上が伸びたらステ看で決まりだね!!」一生、臭い飯食ってろ!という事で田中くんは警察に捕まってしまいました。そうなんです。田中くんが発言したものは、全て違法行為です。あと事務所での看板も不可です。その分、ある程度どこでも営業許可が出るのですから、良しとしましょう。ですので、現実的な広告と言えば、新聞広告、月刊·週間紙で付け加えるならネット(HP)ですね!とは言っても広告費って馬鹿にならないんです。
最初の相場としては新聞三行広告:三行で3万円(7日間)、1行増える毎に1万円~月刊·週間雑誌:A4用紙1/16カットの半月で6万円~ネット:これはやり方次第です0円~ぶっちゃけ、この広告代理店とどう付き合うかで勝負が決まると言っても過言ではありません。何を言っているかというと代理店が敵にも見方にもなるからです。だから担当を選ぶのは最重要項目です。

営業担当を選ぶコツ

口の堅い人間·.·ロの軽い奴は、当店のこともべらべら他でしゃべる。業界に詳しい·.·やはり情報収集は必要です。情報交換として喋れば、いろいろ教えてくれます。暴力団に詳しいが繋がっていない·.·情報は欲しいけど、関係したくないでしょ。

 

エッチだけを提供する店舗型と恋人を提供する

警察の情報を察知した際には一応連絡をくれる:当店は警察の厄介になることは無いがやっぱり知っておきたいでしょ。こんな感じかな?私の場合、初めて広告代理店の営業マンと会った時は最悪な営業マンだったな!駅前のモスバーガーを指定してきて、会ったらいきなり風俗雑誌や新聞を広げ出し大きな声で説明をおっぱじめたんだ。そしてつまらん話しを永遠と3.5時間話した挙句、「ビッグハギオさんは、軌道に乗るまでにどの位の予算を見てますか?」といきなりの質問。その質問には答えずに「広告営業·求人で、どの位かかるものですかね?」と聞き返すと「大体平均して400万円位ですかね」と回答された。更に「400万円かけたからって成功するという保証はないですよ」と付け加えやがった。はっ!?こいつ馬鹿か?わたしも本業は営業であるが、何の勝諾も無く400万円と言った彼は素質が無いと思った。そにで当然のように400万円掛かりますということは、私に400万円を預けてください。と言っているのと同じ意味でしょよ。更に保証は無いと言い切った。そんなマニュアル的な発言はしない方が良い。当然そいつを切り、同じ会社の別の担当と契約をしたんだ。
実際、この内容を見てだめだ!俺には金が無いとかやっば金が無いとダメじゃんなんて考えた人いるでしょう。
あれ~もうあきらめちゃうのかな~(笑)
お金をかけ

ない方法!

では、お金を極力かけない方法を考えていきましょうよでもね、三行広告だけは出しておくべきだと思います。やり方もありますが、長い目で見れば絶対にもとは取れるから。三行7日掲載で3万円と前回やりました。これはスタート時に代理店が言ってくる相場の値段です。数回付き合ったら値下げを要求すれば、すんなりです。(時代によって広告費も変動がありますので随時確認してください)一字伏せますが、ここは有力カです。なぜ?常連さんに成りうる人は必ず見ています。あと、これは経験ですがこの広告を見て入店希望でくる女性も結構いたりします。
お奨めは内外●イムスとりあえずこうなれば、-石二鳥ですね!もう一つの魅力が三行広告は表現がかなり自由に掲載できる点。これはやっていくうちにすぐ分かります。よし、ではお金をかけない営業!なにが思いつきます?駅前で呼び込み?いやダメですね!ではこれでどうでしょうか。友人や先輩、後輩に誘いまくる。結構効果的です。初回、無理してでも値引きをしてあげてください。1回来させれば、また現れます。
会社の同僚や後輩や先輩できるなら上司でもと飲んだ後、誘う。
「そういえば、最近デリヘルって熱いんだよ。
俺もこの前誘われて行ったんだけど、マジでいいわ!もうヘルス(店舗型)なんて行ってらんねーよ」
「ちょっとこの後、行こうぜ!俺、割引券もらったんだけど1枚やるよ」と事前に作っておいた割引チケットをチラっと出す。これも私は実践したんだけど、かなり有効でしたね!隠れてリピートにもなってくれた奴もいたよ。口では俺はもういいやと会社でいってるくせに、週2回は来ていたね!笑っちゃうでしょう。真面目な奴ほどのめり込む。どうです?いけそうですかね?ようはロコミ効果を狙っているわけです。そう、自分が元となってね。もしあなたが女性なら、こんなのどうです?

肉棒をつまんだのだ
会社やバイト先に行って「ちょっと聞いてよ!おとといの帰りにさ、スカウトされちゃって話し聞いたら、風俗嬢!
馬鹿にしてるよね。と広告入りの名刺を見せる。(内容でこの名刺を持参で2千円でもここってさ、結構有名だよだってさ引き)なんていれるのも有効ね!高校時の友達が、ここで働いてるんだけど確か源氏名がユキエって言ってたかな~?かなりお店の方針でサービスには徹底しているらしいよ!店長がかなりの変態だっていってたもんなんてやってみてください。好きそう奴にやれば可能性はありそうですよね!あともう一つ!提案です。(爆笑)」ネットワークビジネス制にするというのはどうでしょう。上記の場合、行ってくれた人には後で、実はあの店って紹介キヤツシュバック制があるんだよ。
「俺、あそこのオーナーって何気に知り合いでさ、特別に一人紹介で二千円のキャッシュバックもらってるんだよ。だからさ5人なんて紹介しちゃうと軽く万年金欠病みたいな奴に持ちかけるんだ。ハッキリ言って大体の奴は乗ってくるよ。
それに万年金欠病だから、そいつの為にもなるでしょう!人助けですよ(笑)1万円になっちゃうんだよ。どうお前もやってみるか?オーナーに話してみるぜ!」とちょっと商売なんでもロコミ効果って一番の広告ですよね。しかし反面、変な噂って一番怖布いですよね!だから、身内や周辺から広めていくのがベスト。そしてそいつが、スピーカーとなって広めていくようにする。
「そんな、簡単にいくかよ」つて思いました?
いくんですよ!
実践済みですから。やらない奴は一生できん!やろうとする奴はいつかできる!

本番(売春)行為の対策!

本番行為とはどのような行為なのでしょうか?もうご存知ですよね!ようは最後までやってしまう行為です。公的には売春行為とも言います。聞いて分かる通りこれは違法行為です。みなさんが開業するにあたっては、これをやってもやらしてもいけません。当然ですよね!「何を結麗ごとを言ってんだよ~」って声が聞こえそうですが、こんなのやらなくても商売は十分に成り立ちますので、ご安心ください。もし!貴方が本番行為を前提として考えて開業をしようとしているのでしたら、今すぐに開業をやめてください!店舗型の場合、お店も密集しているせいか、競争が激しくこういう特典をつけているところが多いようですがやらない方が無難…というかしてはいけません!
違法ですからね!では対策といった場合いろいろありますが、お客様からの強要があった場合どうするか?これは、女性コンパニオンにしっかりしてもらうしかありません。この辺は「デリヘルコンパニオン教育~貴女に業界トップクラスになってもらいます!~」という私が出している書籍で詳しく説明しています。(PR)まずは、電話でのやり取りの際、きちんとお断りをしておく!当店のルールを説明しておく。そこで理解のできないお客様はキッパリとお断りをしておきましょう。時には断るのも重要です。
交渉成立し、コンバニオンがサービスに入ったら、従業員側では何も分からなくなりますので、そにからは自分自身で何とか助けを求めるようにする。従業員は助けを察知できるように、常に部屋やホテル付近で待機を実施する。逆にコンバニオン側から本番を持ちかける、とんでもない奴もかなりいます結構多いですね。コンバニオンがやったとしても、違法行為はオーナーや店長に責任がかかってきますので、必ず入店時に契約書と誓約書を作成し、契約を取り交わす。まあこの程度で問題ありませんでも、お客の中には本番できるんでしょ?いくら?というのがそこで、きっぱり断れるかが、成功の第一歩と考えてもOKです。

 

ペニスの受体全体

正直、私も立場上採め事は嫌だったので、従業員や仲間を集め他の客を装って待機させました。その後、彼は当然、来なかったですね!その後、当店の大宴会が始まったのは言うまでもありません。から」と言ったら、「困るんだよね、勝手にやられたらさー」と、ではお話しを聞きたいので、今夜9:00に駅前の白木屋にきてください。とまたその後、電話もかかってきませんでしたよ。また、そういうのを装った同業者というのもあるみたいですね!
新参者には、ビビらせ邪魔をするという卑劣な人間です。そういうのもいるので、とにかくビビらないで、冷静に対処していきましょう。一番大事なのは絶対に関わらないという、強い信念ですね!自信がついたでしょ!

営業ト-クについて考える!

この商売で一番重要なこと!それは営業トークです。これから起業しようと考えている方に質問します。もしお客様から電話がきたとします。みなさんはどのように答えますか?あなた:「はい、●●●●●でございます。」お客様:あの~新聞見たんですけど…あなた:「ありがとうございます。失礼ですが当店は初めててでしょうか?」お客様:「うん初めてだけど、いくらなの?」※この時点では、自分の設定した料金体系やオプションなどを細かく説明すること。なるべく、明るい声で説明してあげてください。あなた:「はい当店では60分●●円からになりまして、他に90分、120分とありますし、他に各種オブションもございます。」
※システムの説明はこの程度でOKでしょう。ここでのポイントはとにかく誠意を込めて応対すること。が重要ですね。【ここで切られる確立。約60%】まあ値段が合わないか、同業他店の調査の電話と思ってください。次にお客様からどんな言葉がくるのでしょう?どんな、子がいるの?が一番多いですね。あなたはこの問いにどういう対応をするのでしょうか?実はここが、一番重要なところなんです。ここで、成約するかしないかは、ほぼお客様:今、どんな子がいるの?あなた:O……お客様:「そう、もっと若い子でスリムなのいない?」
あなた:の…お客様:「えっそう?それじや、お願いしようかな!」決まります。
では、どんな対応なのでしょうか?では、このやり取りを英語に翻訳してみましょう!違います(笑)このやり取りで出てきたのとのの言葉をあなたなりに入れてみましょう。基本的に最後には成約になるという設定ですから、よく考えていきましょうねよでは、答えですね!お客様:今、どんな子がいるの?あなた:O…お客様:「そう、もっと若い子でスリムなのいない?」あなた:O……お客様:「えっそう?それじや、お願いしようかな!」と②に入る言葉でしたね、では私の回答をさせて頂きますね!今、どんな子がいるの?と聞かれその時にいろいろなタイプの子がいれば、細かく説明をしてあげれば良いですが、やみくもに説明しても効果がありません。

セックスができるのだろう

愛撫の手順衣類を付かなり多いのも現実です。前にも言いましたが店舗型と違ってデリヘルは擬似恋愛を提供するお店です。貴方がどんなお店をやりたくて立ち上げるか、その気持ちを継続して運営できるかが、長続きのポイントになってきます。あまりそんなサービス(本番行為)に捉われているとダメですよ!とにかく違法ですから。余談ですが、後側(ア●ル)は売春行為にならないようですね。特にSMの業界などは普通です。もし可能な女性をGETできたら「本番は違法なんで出来ないけど、ア●ルなんてどうです?絶対損はさせませんよ!というのもありかも!しかしながら女性のリスクは高くなりますので、よく考えて決めていきましょう!
なんて言われたら、

●公安委員会に許可をとってます」と冷静に答えましょう。

それでOKですよ。地回りさんも●●組だけど…とか自分から名乗る奴はそうはいません。これはどうしてでしょうか?それは、正直恐いのでしょうね。正当にやっている店は平気で警察に飛び込むことがても地回りさんの負けですからね。警察に飛び込まれれば、今はそれなりの対応をしてくれます。もし受け付けた警察が何もやらなかったら、署に行って大きな声で文句を言ってやりましょう。まあどっちにしできますし、とは言っても電話はかかってきますので、その時はオーナーはいませんと、とりあえず言いましょう。
従業員の場合は絶対に取り次がないように、教育しておきましょう。そうするといつ来る?と言ってきますので、「いや~分からないんですよね、夜中12時頃来ることもありますし、来ない日もありますから…」
と言っておけば、OKです。本当に12時頃にかけてくる暇な地回りいませんから。でも本当にかかってきたら、せん。でOKです。同じようにいまあと行くから住所教えろとかオーナーの電話番号を教えろなんて言ってきたら、きっぱり断りましょう。とりあえずはわかりませんで押御し通せば良いと思います。反対に「では、オーナーから電話させますのでお名前と電話番号を教えてください」と切り出してみましょう。まず教えませんし、もし教えても電話なんかしなくて大丈夫です。もし自分で電話を取つても同じことをやればOKですよ。私も何回も取りました。1回、本当にシツコイ奴がいて、オーナーとして電話を取ったことがあります。その時は「●●組だけど、もうケツ持ち決まった?」とドスはきいているけど、丁寧な口調で言ってきて「いや、うちはそういうのしません言って電話を切りました。


愛撫の手順衣類を付 西川口風俗を楽しむ方法 愛撫の手順衣類を付

早漏や遅漏の方は症状がかなり改善すると思います

射精しただけでは満足できないようだ

足やお腹にかかった精子や周りに飛び散ったのも拭くと、本当に凄い量でした。ティッシュを十数枚も使ってしまいました。小さく半分皮を被ったようになっているオチンチンは子供のようなオチンチンでした。そんなオチンチンを搾り出すように根元から先っぽに向かって絞ると、残った精液が先っぽから出てきました。私は紙めてみたくなり、先っぽから出てきた少しの量の精液を口を付けて吸い出しました。
味は、苦いような甘いような表現できない味でした。
でもその時は、これがカズの味なんだな~とやけに落ち着いて感じていました。カズは身体をゾクゾクさせながら無言で喰っていました。
「いつもこんなに精子出してるの?すごい量だよね」
「こんなに出たのは初めて·なんか嬉しかったです。そろそろカズの親も帰って来そうな時間になってしまったので、お互い服を着て、机に戻りました。·いつもはティッシュ2、3枚だし。
きっと唯ちゃんが一緒だからかな」私のバンティーは愛液で濡れすぎてて穿くと気持ち悪いので、穿かずにカバンに仕舞いました。ノーバンにミニスカートという状態になってしまいましたが、家も近くなのでいいかなぁ~と·..。当然のことですが、お互いに今日のことは誰にも内緒って事にしました。お互いにスッキリしたのか、その後は何もなかったように普通に勉強を教えているとカズの親が帰ってきました。勉強が終わり帰ろうとする私にカズが、「唯ちゃんに彼氏とか出来たら嫌だなぁ~」とぼそっと言いました。
「じゃーカズが早く大人になって私と結婚してくれる?」
と笑って言うと、「唯ちゃんが待っててくれるなら!」と言いました。カズがとても可愛く感じてしまい、「もう一回、私のアソコ見てみたい?」と聞くとカズが領いたので、椅子上に足を上げてM字に広げカズはビックリした顔で、「バンツ穿いてないの?ヤバいじゃん·..」と言いながらオマンコを指で広げて見ていました。そしてオマンコにチュッとキスをして、唯ちゃんの匂い好きって言いました。ました。えっ!臭かった..·嫌だ!と言って足を閉じると、「いや、エッチな匂いというか·.·全然臭くないよ」とカズは言いました。
また大きくなっちゃった?と私が聞くと、うん、なっちゃったと言うので、ボタンとファスナーを外しズボンを下ろし、ガビガビになったバンツからまた元気に硬くなったオチンチンを出すと、我慢汁でヌルヌルになっている亀頭にチュッチュッとキスをして我慢汁を吸い取ってあげはい、おしまいました。
と言ってバンツとズボンを戻すと、カズは不満気な感じでしたが、ありがとうと言っていました。カズとカズのお母さんに挨拶をして帰路につきました。冬の寒空の中、ノーバンだったので、少し愛液で濡れたアソコはヒンヤリとして少し気持ちが良かったです。帰り道、我ながら凄いことをしてしまったと思いながらも、思い出すとカズのことが愛おしく思えて少し嬉しい気分になりました。本当はセックスしたかったなと考えましたが、これからもカズの家には家庭教師で通うのでそのうちに·.·と、少しニヤケながら家に帰りました。地味顔で隠れ巨乳俺は中小企業に勤務するサラリーマン。4年前、俺は当時29歳。うちの部署は全員で6名おり、俺と定年間近の課長を除く他の4人は全て女性だった。

レイプなどの性犯罪

ヴァギナの中へ入れて

亀頭の回りをねっとりと銃弾に撃ち抜かれた兵士のような呻き声

セックスをしているそのうちの一人が寿退社で空府が出来てしまった。その為、他の部署から小林さん(仮名)という女性が穴埋めとしてやってきた。彼女は当時36歳で独身。少し地味で平岩紙に似た顔をした、決して美人とは言えない女性でした。
口数が少なく控えめな性格で、他の女性社員とも余り仲良くなろうとせずに一人でいることが多かった。そんな彼女が気になる様になったきっかけは、暑い夏のとある日。
連日続いた猛暑で、俺もその日は上はワイシャツー枚という格好で、彼女も男性が俺と課長だけだったせいか、制服用のベストを脱ぎ、いつもは留めてあるワイシャツの上のボタンも外し、無防備な格好で過ごしていた。会議の資料作りのため、俺は必死にパソコンを打っていた。ねえ、麦茶いる?ああ、お願いします彼女が気を利かせて麦茶を持って来てくれ、前屈みになりテーブルに置こうとした時だった。彼女の乳房が垂直に大きく垂れ下がり、ボタンを外したワイシャツの胸元から深い谷間の絶景が覗かせた。.……で、でけえ!!!どうやら彼女は着痩せするタイプらしく、制服の上からは想像も出来ないくらいの巨乳の持ち主だった。
普段は身に着けているベストが抑仰え付けているせいか平均程度に見えていたが、それを外すと平均を大きく上回っていた事が判明した。その後の猛暑日でも、深い谷間の絶景や、汗でワイシャツが透けてブラジャーが俺は彼女の事が頭から離れなくなった。
「あのちょっといいかな。この資料について聞きたいんだけど」浮き出る艶欲な姿を見続けた。ええ、いいですよ以前から接する機会が多く、彼女も些細な事でも積極的に話し掛けて来て、面倒見の良い性格の俺は彼女の質問に事細かに答えてあげた。
その過程で俺と彼女は徐々に打ち解け合っていき、いつしか仕事とは全く関係ない談笑まで数ヶ月が経ち、俺と彼女の二人だけが残業という絶好のチャンスの日が巡ってきた。する様になった。いつもの様に質問ついでに、誘いを掛けてみた。
「今度の日曜、二人で映画でも見に行きませんか?」
「でも、そんな事したら松田くん、彼女に怒られるんじゃないの?」彼女は俺に彼女がいると思い込んでいた。俺、彼女いないんですよ。..·それで改めて聞きますけど、「でもいいの、にんなおばさんとデートだなんて?」一緒に行ってくれます?「おばさんだなんてとんでもない、小林さんはまだ十分若くて魅力的な女性ですよ」
「そんな事言われると、ちよっと嬉しいなあ」俺の褒め言葉にちょっぴり嬉しそうな表情をする彼女に、「お願いします。

セックス満足度を上げるための嬉しいポイントアソコ

プレイもあります
一緒に行って下さい」更に手を合わせて頼み込む。いいわよ、その代わりちゃんとリードしなさいよ渋々了承した彼女に、待ち合わせ場所と時間を告げた。当日、俺は約束の場所に30分前に到着し、彼女を今か今かと待っていた。約束の時間5分前、十数メートル先に彼女の姿を発見した。
彼女はグレーのカーディガンを羽織り、黒いロングスカートを着になし、いつもは後ろで東ねている髪を解いて肩に下ろしていた。いつもとは全く違う印象で、普段、制服の上からでは分かりにくい巨乳がはち切れんばかりにカーディガンを強く押し上げ、その存在感をアピールしていた。おまたせ、待った?いや、時間通りですよそう、じゃあ行きましょうくるりと方向転換し、映画館へ向かおうとする彼女を引き留める。
「小林さん、待って下さい。その前に腕を組んで下さい」え·……
「今日は俺がリードしろって、小林さんが言ったじゃないですか」..·ええ、そうだったわね俺の腕に抱き付き、自分の方に引き寄せる。引き寄せられた腕が彼女の谷間にすっぽりと挟まれ、二の腕に柔らかい豊乳の感触が伝わってきた。
映画館では、いくつかの作品が同時上映されていた。何の映画にします?「何でもいいわよ。松田くんが好きなの選んで」俺は雰囲気を盛り上げようと恋愛ものを選んだ。映画が始まると彼女は興味津々に食い付き、夢中になって見入っていた。感動シーンに差し掛かり、彼女の目は潤んだ瞳へと変化していた。そんな彼女にポケットティッシュを差し出す。これどうぞ..·う、ありがとう映画が終わり席を立とうとすると、彼女の感動はまだ終わっておらず、涙をティッシュで拭いていた。
「小林さん、ご飯食べに行きましょう」そうね、ご馳走になるわ何が食べたいですか?いいですよ。
「んー、そうね。イタリアンがいいかな」最寄りのイタリアンレストランに足を運ぶ。注文した料理が運ばれ、それを口にしながらさっきの映画の話になる。いい映画でしたね「そうね、私もああいう風な恋愛してみたかったなあ」
「そういえば、小林さんは今までどんな人と付き合ってきたんですか?」
「..…実はね..·私·.·今まで男性の方と..·その、お付き合いした事ないの」驚慢の事実に目を丸くした。
「小林さんみたいな結麗な方がですか?」
「結麗だなんて、

.…私ね、中学高校とずっと女子高に通ってて、

大学に進学して男女共学になってからも、地味で根暗だから全然モテなくて、今の会社に就職して前の部署に配属された時も全員女性だったから·..結局36歳なるまで彼氏が出来なかったそんな。の」彼女の過去を知り、彼氏が出来なかった理由に納得する。
「だからね、部署移動の後に松田くんが優しく接して来てくれて、嬉しかったのよ。今まで誰も私のことなんか気にかけてくれなかったから、そんな涙ながらの彼女の言葉を聞き、俺は自分の中に秘めた想いを口にする。だから、今日デートに誘ってくれて凄く嬉しかったの。生まれて初めて男性に誘ってもらって」
「小林さん、俺と付き合ってください」

股間の盛り上りを包

セックスすればするほど男も女も磨かれ脳が若返り活性化

ピンと立っている
「いやでも、やっぱりあなたには、もっと若くて可愛い女の子の方がいいわよ。こんなアラフォーのおばさんよりも」
「俺は本気です。本気で小林さんを愛しています」一本当?..·あなたより7歳も年上なのよ..「恋に年の差なんて関係ありません。
だから俺の彼女になって下さい」彼女は傭き、耳を真っ赤にしながら答えた。
「こ、これから、よろしくお願いします」はい、こちらこそ俺達はこの時、恋人同士になった。
「で、この後、大丈夫ですか?」だ、大丈夫って何が?一緒にホテル行きません?俺の直球過ぎる発言に彼女は顔を真っ赤にし、再び傭いてしまった。
「いくら何でも、急過ぎない?」
「いや、でも俺達もう恋人同士なんですよ」恥ずしさを照れ隠す小林さんに構わず、テーブルに置かれてる彼女の手を静かに取る。·分かったわ、行きましょ..夕食を終えて店を出た後、近くのホテル街の一角に入った。どの部屋がいいですか?「..·どの部屋でも、やる事は一緒でしょ」そう言って一番安い部屋を選び、ロビーで受付を済ませてカギをもらい部屋へ向かう。部屋に入り鍵を閉めた瞬間、俺は小林さんを思いっきり抱き締めた。胸板に彼女の大きな二つの膨らみの柔らかさが伝わってきた。小林さん、愛してますよ「や、優しくしてね。私·..そ、その·.·初めてだから」分かってます小さく、薄れゆく小林さんの声を俺ははっきり聞いた。
彼氏がいないという段階で確信してはいたが、改めて言われると興奮してしまう。彼女への愛を確認し、彼女の唇を奪う。
「ん..·ううん·.·んぐっ」
最初は目を見開き驚いていたが、次第に目を閉じて身体を俺に預ける様になってきた。舌を彼女の口内に入れると何の抵抗もなく受け入れてくれ、俺の舌に絡め合わせてくれた。俺は彼女の腰に巻いたすうっと上体の方へ持っていき、豊かな膨らみを鷲掴みにする。右手を離し、「むう·.·ひう·.·あ、あ、あ」一瞬、彼女の身体がビクンッと反応するが、俺は意に介さずに採みまくった。掌で練熟した巨大な果実が溢れながらも瑞々しく弾けまくり、少しでも力を抜くと元に戻ろうとする弾性力が指先を強く圧迫してきて、「小林さんて、本当に大きいですよね!何カップですか?」最高に気持ち良かった。
Fカップ···素直に答える彼女の表情はどこか恥ずかしそうだったが、それでも俺から離れようとはせずに採ませ続けてくれた。俺は服の上からでは満足できなくなり、彼女のカーディガンのボタンを外した。カーディガンを脱がすと今度は、その中に着ていたストライブシャツのボタンを外す。全て外し終わるとワイシャツの襟元を両手で掴み、ガバッと左右に広げた。勢いよく開かれたワイシャツから純白のレース入りブラジャーに包まれた二つの豊かな膨らみが、ブルンッという擬音と共に出現する。
「恥ずかしいから、そんなにジロジロ見ないでよ」
「こんなセクシーな下着をつけて来るなんて·.·さては、期待してましたか?」
「..…一応、万が一の時の為に備えてきたの」
「って事は·.·この下着、小林さんの勝負下着ですか?」

クリトリスも立派

チンポをしゃぶりだす
..·うるさい
弱々しく抗議する彼女を無視し、ワイシャツを肩から肘、そして手首を通して完全に脱がす。目線を下ろし、腰で留めてあるロングスカートのベルトに手を掛ける。ベルトを外されたスカートはストンと落ち、ブラジャーとお揃いの純白のレース入りのショーツが姿を現す。彼女の背中に手を回し、ブラジャーを留めているホックを外す。ホックを外されて片方の肩紐がダラリと垂れ下がる。肩紐を引っ張ると、するりと彼女の身体から抜け落ち、呪縛を解かれた巨大な二つの禁断の果実が露わになる。その頂点に桃色の乳首が位置し、結麗ですよ。小林さんたわわに実った果実の芳醇さを強調していた。
「でも、やっぱばり·.·ちょっと恥ずかしい」
「何言ってんすか。これから俺達、もっと厭らしい事するんですよ」彼女は頬を赤らめて、恥ずかしそうに身体の前で腕組みをした。乳房が二の腕で押し上げられてより深い谷間を作り出していた。そんな彼女の顎を掴み上げ、再び唇を塞ぐ。ん·.·んん··んふ互いの吐息と鼻息が混ざり合いながらも、熱く濃厚なキスを続けた。
顔を離すと彼女の口から糸が引いていた。..…はあ、はあ、松田くん小林さん、俺もう·.·彼女の身体を抱きかかえ、ベッドへ押し倒す。俺も身に着けている衣類を全て脱ぎ捨て、彼女の身体に覆い被さる。お、男の人の·..あれって·.·こうなってるんだ見たことないんですか?「うん·.·私ね、お父さんを早くに亡くして、姉と母子家庭で育って··男兄弟もいなかったから」.彼女の家庭事情を聞きつつ、彼女の首に舌を這わせて愛撫する。首を愛撫した後、舌を這わせながら徐々に下へ移行していき、大きな乳房の中央にある乳首にしゃぶりつく。
「あああん·.·あん·..あはん」
「おいひいでしゅよ、ほばやしひゃん美味しいですよ、小林さん」彼女の噂き声に乳首を唾えながら褒め言葉で返す。左右の乳首を交互に舌で紙め回し、同時に両手で乳房を掬い上げ、こねくり回す様に採みしだき、指で俺はそれを確認すると顔を更に下へ移動させる。
散々弄繰り回したりしてると徐々に乳首が硬化していった。純白でレースの刺繍が入った下着の上から、彼女の陰部を指先でなぞってみた。ひあつ!やはあっつ!薄く透明な一本筋のシミが濠み出て来た。クチュッという音を立て、ショーツの両方の縁に手を引っ掛け、ゆっくりと下へおろしていく。しゅるしゅると布ずれの音を響かせながら、足首から脱げ落ちる。黒く醤査たる密林が現れ、陰毛は一本一本が長く、それに全体的に濃く、簾の様な感じだった。
「いやっ、ここだけは見ないで!!」ずっと従順だった彼女だが、どうやら陰部だけは恥ずかしさの次元が違うようで、両足を閉じて両手を股間に当てて完全に隠してしまった。

風俗体験取材が出来る漫画家

セックスの時の女性

「小林さん、そんな事したら続きが出来ないでしょう?」
「..…でも、恥ずかしいものは恥ずかしいのよ」
聞き分けのない子供を説得する気分で交渉し続け、彼女は俺に股を開いてくれた。俺は簾を掻き分けて割れ目を露出させ、舌を這わせて紙めまくった。
「いや、駄目よ。..·そこ、汚いから」シャワーを浴びていない為、陰裂からは彼女特有の酸っぱい汗の味がし、彼女は差恥のあまり顔を両手で隠し、悲鳴にも近い抗議の声を上げる。
俺は目もくれずに割れ目から溢れ出てくる蜜汁を吸い続けた。限界まで反り返った肉棒を蜜中で潤った陰裂に宛てがう。
「はあ、はあ·.·小林さん、俺もう限界です」アンモニアの強い刺激臭が鼻をついた。ええ、来て。私を·.·あなたの女にして腰を突き出して亀頭が整内に侵入し、奥へと掻い潜ろうとするが、狭い摩壁が肉棒を締めあげて途中で止まる。一旦腰を引いて、勢いをつけて一回目よりも強く腰を打ち付ける。肉棒が狭い肉壁を押し除けて子宮にまで到達し、彼女の裂ける様な悲鳴が聞こえた。い、いたああい!生温かい肉壁が空まり、肉棒を締めあげると、とてつもない快感が腰を襲う。彼女の股間付近に目線を下ろすと、彼女が36年間守り続けてきた純潔を奪った証が、摩から流れ出てベッドのシーツに染みを作っていた。
「小林さん、俺達一つになったよ」..·うん目尻から涙が滴り落ちていた彼女にそっと唇を重ね合わせた。そんな幸せを実感しながらも彼女の腰に手を添えて激しくピストンする。
「ん、あああつ!あっ、あん、んあぁあつ!」腰を打ち付ける度に室内に乾いた音が響き渡り、身体全体に振動が伝わってそびえ立つ二つの山が波打つ様に激しく揺れ動き、摩内の肉壁が出し入れを繰り返す肉棒を更に空まり上げる。
「小林さん!俺··もう、出る!!」
「出して!私の中に·.·全部出して!愛されている証が欲しいの!!」最後の一突きで肉棒が悲鳴を上げた肉棒が精子を大量放出してしまう。
子宮に達し、う、うおおつ!!!「はあっん·.·あっ!ああーんっ!!」その後も一滴残らず精子を子宮に注ぎ込む為、腰を動かし続けた。
「おうっ·.·おうっ·.·おうっ·.·」
「あっ·.·あっ·.·あっ..·」全てが出し終えた後も熱く抱き合い、汗だくで真っ赤に頬を染めた彼女と見つめ合った。
「愛してるよ!こばやっ·.·いや、蓉子さん!」
「……私の初めてを貰ってくれてありがとう!
和人くん!!」しばらくして肉棒をチュボッと抜くと、ドロリと鮮血の赤が混じった精子が腔内から溢れ出ていた。著子さん、気持ち良かったよ「絶対、私のこと·.·遊びにしないでね」
「分かってますよ蓉子さん。それより·..もう一回いいですか?」しょうがない人ね、君はそう言いながらも許してくれ、朝まで後背位や騎乗位などの様々な体位で交わり合った。回数は恐らく十数回に及ぶ、しかも全て中出し。その後も決まって毎週の家に泊まり合い、彼女の巨乳を堪能し続けた。末になると互い
そんな幸せな日々がニヶ月近く続いたある日、俺は大事な話があると言われ、彼女のアバートに呼び出された。

セックスまで至ることもあ乳首を少しクリッ

その収入が確保できるようにするには熟女女子高生

風俗嬢にアソコを広げる間抜けな姿
逆にお好みのタイプを聞くことも大事でしょう。しかし、初めからコンバニオンを多く抱えることは困難でしょうし、数人いる場合つける順番なども決める必要があります。その場合、こちらの都合なのですが、次の順番の子にお客様を付けたいわけです。写真指名やリピート指名なら別ですよそうしたら①に入る言葉はどうしたらいいのでしょう。
例O「今、28歳でB88W50H90の人妻さんがちょうど空いておりますので、直ぐにご案内できると思います。」これで良いでしょう。これを言うことで、待機しているコンバニオンが私を紹介してくれていると気づきますので、受注が偏っても、変な嫉妬心は生まれません。
まあ大体28歳と言った時点でもっと若い子いない?ときます。では、その時に返す言葉②に入る言葉はなんでしょうか?状況としては、どうしてもその28歳の子を付けたいのです。答えですね!お客様:今、どんな子がいるの?あなた:O今、28歳でB88W50H90の人妻さんがちょうど空いておりますので、直ぐにご案内お客様:「そう、もっと若い子でスリムなのいない?」
あなた:O…お客様:「えっそう?それじや、お願いしようかな前回の質問でコメントを頂いていますので入れてみましょう。(ブログ内)できると思います」←これは先ほど私がつけた例です。
「うちは人妻専門店ですから、大体同年代ですよ」
これはどうでしょう!この場合、人妻専門店というのもあり正直なところを出しているという意味で良いとは思います。しかし、これを聞いた場合あっそう、じゃあいいやと言われかねません。
「この人はサービス抜群ですから、若い娘よりも楽しいですよ」これはどうでしょう!これは良い例に入ります。そうなんです。もグッと引き寄せられることでしょう。一番大事なことは、今紹介している子はこんなに素敵な子ですと、どれだけ押せるかなんですね!
ですから、ちょっと細かくすると、サービス抜群はどんなサービスが抜群なのか?楽しいですよはどんな風に楽しいのか?を突っ込めるとお客様の心では、のに入る言葉を私なり入れてみましょう。お客様:今、どんな子がいるの?あなた:「O今、28歳でB88W50H90の人妻さんがちょうど空いておりますので、直ぐにご案内できると思います」←これは私がつけた例です。お客様:「そう、もっと若い子でスリムなのいない?」あなた:「のそうですね!いつもなら22歳とか23歳とかの若奥様もいますし、上は40歳の熟練の奥様もいるんですが、本日お休みしているんですよ。

乳首を口に含んだ

どうです?28歳の●●ちゃんって言うんですけど、スタイルも最高ですよ!本番以外全てのサービスOKですし、

●ちゃんは本物のエッチ奥様ですから、絶対に満足させますよ!お客様はどんなサービスがお好みですか?なるほど攻めがお好みですか~。
それなら69、指いれもOKな子なので、もし良かったらローターをお貸ししますよ!絶対に損はさせませんから。どうです

か?」お客様:「えっそう?それじや、お願いしようかな!」私はこういうストーリーを作りました。どうです。長いですか?いやいやこれでも少ないくらいですよ。とにかく、今待機している子の全てを伝えるくらいの方が良いと思います。待機している子ももしソバで聞いているのだとしたら、照れくさい反面、頑張ろうという気持ちが強くなるものです。イメージもできますよね!また、サービスの行為を言葉として具体的に言うこと。もっと言えばお客様にお好みのサービスを聞き出すことができれば、最高です。心理的に自分のここまでやって、性的欲求を伝えた相手というのは、自然と信頼関係が出来てしまうものです。成約した場合、リピートとなって必ず返ってきます。とにかく、成約するという強い意思です。嘘はだめですよ!長続きしませんから。電話番を他の人に任せるのであれば、この事を叩き込んでください。
営業トーク(SM版)
まあSM系とは言つても、先程の人妻系とほとんど変わりはありません。では、前回のやり取りを引用してお客様:今、どんな子がいるの?あなた:「今、30歳でB90W55H90の●●さんがちょうど空いておりますので、直ぐにご案内できると思います」
←これは前回の同じで良いでしょうお客様:そう、サービス内容は?あなた:「当店のシステムは90分30、000円からになっております。他のお店さんの場合、オブションがありますが、当店ではオブションはすべて基本コースに入っております。ただ、スカトロだけは追加50、000円を頂戴しております。」これは当店の実際の価格ですもちろん本番はNGですがAFは基本コースです。お客様:ヘーそなんだ!あなた:O...……お客様:「えっそう?
それじや、お願いしようかな!」えっ!?こんなんで注文と取れるかよ!って、思った人います?当店ではほとんど、こういうやり取りだけで、取っています。ある意味、SM系の方が電話さえかかってくれば、成約するのが容易なのです。当店比(笑)では、答えです。お客様:今、どんな子がいるの?あなた:「今、30歳でB90W55H90の●●さんが、ちょうど空いておりますので、直ぐにご案内できると思います」お客様:そう、サービス内容は?あなた:当店のシステムは90分30、000円からになっております。他のお店さんの場合、オブションがありますが当店では本コースです。
お客様:ヘーそなんだ!あなた:Oお客様:「えっそう?それじや、お願いしようかな!」オブションはすべて基本コースに入っております。ただ、スカトロだけは追加50、000円を頂戴しております。もちろん本番はNGですがAFは基さて、今回もコメントを頂いておりますのでご紹介しましょう。(ブログ内)これはM女性の設定ですよね。そうですね!ここのポイントは真性M女というところですね!でも真性M女は広告には良い表現ですが、電話の場合伝わりにくい言葉なんですね!そこでここは簡単に本物のM女さんと『本物』を強調してお伝えした方が伝わりやすいんですね!

 

痴女の瞳で見上げてくる

では、私なりののを入れさせて頂きますねよこの娘は真性Mなんですよ。なんてのが顧客の性癖にヒットするんでしょうかね?とするとお客様:ヘーそなんだ!あなた:「Oはい、それとですね、他のSM専門店と違って●●さんは『本物』のM女さんなんですよ。失礼ですが、お客様はどんなブレイをご希望ですか?、、、そうですか!●●さんの全身リップはお客様の肌門から足の指はもちろん、鼻の穴までリップしますし、キス時には唾だって飲みますよ。
バイブについては●●さん自前の特大こけしを持参させますよ」あと申し訳ないです。当店本番行為はできないのですが、●●さんはア○ルへの挿入がOKです!本物ですから!絶対損はさせませんよ!!お客様:「えっそう?それじや、お願いしようかな!」はい、こんな感じです。興味の無い方はうえつ!と思ったかもしれませんが、こういう世界なのです。実際はもっと具体的な表現でお客様を挑発します。もっと言えば、電話で受け答えしている時点でブレイが始まっていると考えた方が分かりやすいでしょうか?Dどんどん具体的な事を言ってお客様の頭の中で想像させるのです。そして欲望が収拾つかなくなった時点でどの位でこれる?となるわけです。
はっきり言ってそこまでいってしまったお客様は2~3時間は平気で待ちます。これは、実際にあった話しなのですが、私が本業で長野へ出張に言つた時、事務所では人妻系店が忙しく人手が無くなっていたので、事務所から携帯へ転送にして本業の仕事してたんです。SM系の店を立ち上げ新聞掲載初日だったので正直来ないだろと思っていたのですが、15時ころ仕事が終わり、上信越道を走っていると携帯電話が鳴り、どんなシステムなの?と問い合わせがあったのです。
仕方なく車を走らせながら詳しく説明上司が一緒じゃなくて良かった^^したところ。すぐ来てくれ!となったのです。ここから飛ばしても3時間、どうしよう、とっさに「申し訳無いです。今予約が人っておりまして、早くても17:30頃になってしまいますね、よろしいですか?」と言ったところ。
「待ってるよ。おれもそっちまで電車で行くから、そうすればちょうどいいでしょ!」となったわけです。もう休み気分で自宅待機していた●●へ連絡し、17:30に行くから用意しておいてと伝え、平均160K㎞の超特急で迎えに行きました。何とか、駅前でお客様を出迎えホテルへと送迎し、やっとほっ!と一息でした。結局、そのお客様はどんどん楽しくなってしまったらしく、延長も含めて4.5時間楽しんでいきましたよ!

クリトリスを滑るように触れた時
合計75、000円なり!!初日からですから、正直嬉しかったですね.その後に●●へどうだった?って聞いたら「久しぶりに顔に唾かけられて嬉しかった~。お尻もヒリヒリするくらい何回もするんだもん!思いっきり叩
くしさ!気持ち良くなっちゃうよねー」だってさ、正直わからんと心で咳いていたのを覚えていますよ(^^)でも彼女は「あのお客さん、また来るよ!絶対」と言っていたのですが、その通り今では月に1~3回は来てくれていますよ!だいたい3~5時間、頑張るので、多分財布の中身が無くなるまで、楽しんじやうんでしょうね!

トラブル発生時の対処方法!

トラブル発生時の対処方法ですね。ではこの商売どのようなトラブルがあるのでしょうか?

本番(売春)行為の強要ですね。

これについては、コンパニオンを教育するしかありません。まずは、やらせないという強い意志を持たせること。中には「やった方が手っ取り早くていいや」と平気で言う女性もいるからです。特に若い女性に多いですね。妊娠の危険性、性病感染の危険性、犯罪行為であるということを叩き込むんです。また、手っ取り早いっていうのはまだ許せるような気もありますが、中には個人交渉をして売春行為に持っていくコンパニオンもいます。
こういう人はハッキリ言ってお店の為にはならない人ですので、見つけ次第辞めてもらうしかないでしょう。とにかく、強要するお客には毅然とした態度でルール違反よ!と言えば犬体は収まります。対策としては、素股を極めさせるというのもいいかも。私も若い頃、風俗店で出会った事がありますが、素股の上手な人は入れているのと変わらないくらいの感触です。もしかしたら、本番よりも気持ちが良いかもですよ(^^)

無理やリやられちゃった!

この場合は、2通りあると思います。
ゴムを付けていたかどうか?もしゴムを付けていたのであれば、一方的にお客が悪いとは判断できません。だってそうでしょう。
付けている時間があるのですから、その間に大声を出すことも逃げることもできたはずです。ですので、良く言えばコンバニオンにもスキがあったかもしれない。悪く言えばコンパニオンにもその気が一瞬でもあったのではないか?となってしまいます。しかし、重要なのは、ゴムを付けていなかった場合です。妊娠の危険性、性病感染の危険性、犯罪としてですよねその場合はお客様によく説明したあと、身分証のコピーを取ってください。あくまで医療費の保証です。もしあれば、名刺、無ければ会社の電話番号を聞いて在籍確認をしておくと良いでしょう。
普通はこんな感じで、済みますが中には名前を名乗らない、身分証も提示しない、開き直っている奴です。そんな場合は、お客様のやったことは、犯罪行為になります。と告げ警察へ通報することにしましょう。その時に観念し身分証を出す方には普通に対応してあげてください。それでもダメな場合は、警察に連れていってもらいましょう。もし、その時、俺のバックは●●組だなどと言ってくるのもいます。
その時は、冷静にどうぞご自由に!と答えてあげましょう。お前のバックは?と聞かれたら、警視庁(●●県警)と言つてやりましょうよ!だってちゃんと許可を取って真面目に営業してるんだからさ!「そっちがバックを出すなら、こっちもバックを出すからバック同士話し合ってもらおうか?」ってな感じです。当時うちの店長の得意技ですよ。相手のバックの人と電話で話すことできたら、丁寧に事細かく説明してあげましょう。こっちは本当に困ってしまっているとね!相手から俺の顔に免じて…言わせたら、恐いことはありません。たいしたもんです。

 

プレイをいいますフィストファック

オーナーの考え方(意思)を完全に受け継ぎ、オーナーに代わって業務を遂行する役割の右腕としての条件

オーナーに対対して絶対服従

絶対的な信頼関係

従業員を動かす実力がある

まじめな人間

こんな感じですかね。どうです?こんな感じに分類できましたね!こう見てみると右腕としてできる人間は店長職を当然できますね。
そうなると店長を探す(求める)よりは自分の右腕と成りうる人間を採用したほうが良いですよね!だって2人雇うと経費も馬鹿になりませんから。では右腕としての人材を見つけるポイントです。私はこうしています。まず一緒にお酒を飲む。酒好きというのもあるのですが面接を居酒屋でやることが多いです。お酒が絡むと結構その人の本性ってハッキリでます。最初は面接ですから1、2杯飲みながら会社業務説明をします。お酒が入っているということもあるのか分かりませんが、結構質問や今自分が思っていること。身の上話など話してきます。(図に乗って、ャクザに知り合いがいるだとか言ってくる奴もいます。即NGにしますけど…)3杯目に入ったころ、私の思い描いている将来へのビジョンかなり壮大なものを語るのです。その話しをどう聞くかで、私の採用、不採用判断は大きく左右しています。ここでのポイントは右腕の役割で出た「オーナーの考え方(意思)
を完全に受け継ぎ…」ってところに繋がると考えています。そうです。私(オーナー)の思い描いているピジョンを聞いて共感できるか。いやもっと言えば、完全に受け継ぎオーナーと同じ目標に向かって業務を遂行できるか?ということになります。これはとっても大事なことです。ここで、無反応や、無理だろうと決め付けるような反応をした人は不採用です。これは右腕としての条件に当てはまらないですよねNGです。でコイツだ!と決めた時には、その後、繁華街を連れまわします。クラブ、キャバクラとね。それで心をグッ!と掴んでしまうのです。自分はこのオーナーに特別待遇を受けている。
オーナーに気に入られた!風俗に応募してくる奴は、何かしら何かを持っています。多額の借金、会社をリストラさせられ次の職が無い、逃げ回っているみたいな人はもう生活はドンゾコになりどうしようもなく勇気を振り絞って面接に望みます。その面接で壮大なビジョンを持った愉央なオーナーに会い、特別待遇を受けたとなっては。一生付いていきます!!←ちょっと言いすぎかなとなるわけです。

クンニをしている時

クリトリスは包皮から顔を出してその時は突っ張らずに顔を立ててあげましょう。でも医療費は別ですよ。ちゃんと身分を聞きましょうね!女の子にとっては一生の問題になる可能性もあるのですからとにかく冷静に正当に対処すれば何もでは他にどのようなトラブルがあるのでしょうか?

コンバニオンの財布から現金(貴重品)が無くなった!

逆にお客様の財布から現金(貴品)が無くなった!

このような金銭的なトラブルです。コンパニオンの貴重品が無くなったからと言ってお客様を一方的に攻めることもできないですよね!だって本当にあったの?とか疑問も残りますし勘違いしている場合もありますしウソを言っている場合もありますから。にんな時はどうしましょう。もし、こんな時は、きちんと両方の話を聞いてラチがあかなければ、警察に頼るしかないですね。だってどっちも信じたいですよね。失いたくないですよね。お客様もコンパニオンも!でも、ターンも結果的には同じです。でも一番多い金銭トラブルって料金だったりもします。先に料金を払ってシャワーなどの間にコンバニオンの財布からバクるケース。その後払ったじゃねーかと、いちゃもんをつけてくるケースです。では金銭(料金)授受はどのようにした方が良いのでしょうか?
これは、うちのジュンちゃんから教わったのですが、料金を前払いで貰い直ぐにバックや財布に入れるのでは無くホテルの場合、枕元に台がありますよね。そこにお客様の前ででは「えっ?反対に危ないんじゃないの?」なんて声が上がりそうですね!
これはジュンちゃんの経験で感じて学んだ、ある意味での心理学なのかも知れません。もし自分がそういうことを企んだ場合、こういう風にやられたら取りにくいですよね。それに延長などの追加金もそこに追加して置けるので都合が良いらしいのです。この場合、コンパニオンは必ず最後に現金を忘れないこと!ほったらかしも今後の為になりませんので、真実をハッキリさせる為にです。逆のバここにおきますねと確認しながら置く。

無断撮影カメラ、ビデオ

これは、ハッキリ言つてかなり多いですよ!よくありますよね、ヤフオクなんかでも、「デリヘル嬢(当時です)とかってあれをマジで撮影している馬鹿が多いんです。まったくとんでも無いですよね。うちも被害にあっていました。特に自宅へ派遣の場合は要注意です!!隠し撮り」これは、コンパニオンで察知しコンバニオンで対処しなくてはいけません。ポイントとしては、『押入れの襖が不自然に半開き』とか『部屋の隅にダンボールが置かれている』『タンスの上の荷物の間からレンズが覗いている』『テーブルの上に不自然にテイッシュ箱や変な箱が置いてある』などです。
よく見れば分かる程度が多いそうです。しかし、今は超小型のカメラも普通に手に入るので、注意が必要です。なんか不自然に思ったら襖を閉めたり、箱等をどける。又は触るようにしましょう。動揺して触るなとか言ったら確定です。もし取ってしまった後なら、ビデオやメモリ没収!ブラス罰金でしょう。

右腕的な店長を採用するポイント

簡単なようで難しいテーマですね。まず、分かりやすくする為にテーマを分解しましょうか。の店長の役割とは何でしょうか?

お店のトッブに立ち、従業員を教育しつつ、お店を繁栄させる役割の店長の条件

そのお店の業務を全て把握している。

経営方針、営業方針に基づき業務を遂行できる。

常にお店の経営状態を把握し繁栄させようと考えられる。

人望が厚く、従業員を継めるこにとができる。

トラブル発生時には的確な処置ができる。

右腕としての役割


クリトリスは包皮から顔を出して 早漏や遅漏の方は症状がかなり改善すると思います 金津園ソープはこちら

風俗初体験清楚な奥

セックスをできるよう

セックスなしではいられない体になってるもんだ
それで採用後は自分のカラーに染まるように自分の考えを植えつけていくのです。このやり方は少々経費がかかってしまいます。:大体安くて3000円即NGの以上ですね!でも本当に自分の右腕が見つかれば、安いと思いませんか?~高かくて300、000万円連れ回した時=採用時場合まあお酒の力を借りなくても、いろいろなやり方はあると思います。頑張ってください。
(コラム)俺流の経済学俺流の経営学について語っていこうかなと思います。
何を偉そうに!って言いましたね(^^)
まあ俺流ですから、実際は間違えているのかも知れませんが、今まで経営を曲りなりもやってきて、感じたことを前提にお話ししますので、ご了承ください最近、他の方のブログを見ていると結構面白い記事やコメントがありますね!職業の一環としてやっている方、職業とは関係のない趣味の方、お友達探しみたいな方…その中で私はやはりビジネスカテゴリにいることが多いのですが、困っている記事についてアドバイスをするやり取りがよくありますね!実際、私もやってしまうのですがそのやり取りをみていると、どうしても納得のいかない内容が多々あります。記事:私は起業したいのですが、資金がありません。大丈夫でしょうか?簡単に書きましたが

事業を起こすのに資金は必要です。回転資金はどの程度考えていますか?今では開業支援として開業資金を借人できる制度が…なんたらかんたら

←税理士や書士関係者に多いコメント

わしは会社経営して30年!事業には金は必要じゃ!新しい事をするにも金がかかるんじゃよ!いますよね!
一代で会社を築き上げた頑固社長おっと失礼!

コメントなぜ、みんな起業や経営するのにお金がかかると決め付ける?
更に金を借りることを平気で考える(紹介する)?そして挙句の果てには、見切りが必要!などと抜かしている。みなさんはこんなコメントに対してどう感じるのでしょうか?私が思うに、てしまう。正論なだけ?皆言っている事は合っているでしょう。正論なだけではないか?と思っしかし、そう、この方たちが言っている事はまず正論です。根本的に間違っている人もいるけどねだって、その手の本やニュースでもそういう制度の事は出ているし、頑固社長の言うように、今の日本何をするにも金がかかることは、誰でも知っている。小学生でもね。こんな、誰でも知っていることや、ちょっと調べれば分かることだけをコメントして、なんかどうでも良いよね。せっかく、その業界やその立場のブロフェッショナルなのにそんなことしか言えないの?と思っちゃうんだよ!そこで俺流の経営学とやらを紹介するよ。

もし、開業資金が無いのならお金の少ないかからない投資でできる事業をしなさい!

例えば、建設業や不動産業、コンビニ等のフランチャイズなどを開業するのに無資金でやれってのは不可能ですよね!

風俗で解決できるのでしょう

私はそんな事を言いたいのではない。もし建設業や不動産業を起業するのであれば最低数千万、フランチャイズなら数百万円が必要ですよね!その資金を貯めるまでの間にする事業です。小資金や無資金で始められる事業はいくらでもあります。これはアイデア次第だと私は思っています。それで、成功させ資金が貯まった時に、本当にそのやりたかった事業をしたいのであれば、その資金で開業すれば良いのです。もしその事業への思いが本当にやりたいことではなく、警沢、将来の夢であるならば、特定の事業に執着する必要は無いのです。だって儲かれば良いのでしょうお金の為生活安定、借金返済、など(笑)

金を借りるな!

開業·事業=資金では必ずしも無いというのは上でお話しした通りです。そうしたら、もうお金を借りる必要は無いですね!でも経営をやっている中で、急還必要になったり、うまくいっているから増資して拡大しようとかってありますよね。そんな時は、金融機関に借りるのでは無く、あなたの親や兄弟、親戚等に熱心にお願いをして貴方個人が借入しなさい。そして絶対に貴方が返すのです。金融機機関銀行、組合、制度を利用他に借りる事はしない方が良い。だって利息をつけて返すんですよ!利息%%の問題ではないのです。これは何を言いたいかと言うと、オーナー以下スタッフが、一丸となりやっとの思いであげた売上の一部たとえ1円でもを利息として消えさせるというのが許せないんです。
皆が頑張って売り上げたお金ですから、スタッフに還元したいですよね。例えば、会社で決算報告なんてありますよね大きい会社なら年間売上●●億億円…返済金及び利息分●億円…利益-●千万円今年も赤字決算ですので、一時金(ボーナス)
は夏1.0ヶ月、冬1.5ヶ月です。この時、従業員はどう思いますか?
女子大生が男子中学生を誘惑某大学に通っている女子大生です。1年前から中学3年生の親戚のカズの家庭教師をしています。カズは可愛い顔立ちのフィギュアの羽生君に似以た美男子で、少し照れ屋です。最近、カズが私を見る目が男の目に変わっていることに気がつきました。先日も家庭教師の日だったのですが、私がミニスカートで行ってしまったせいかカズに落ち着きがありません。やたらとペンや消しゴムを床に落としては、私の太ももやスカートの中をチラッと覗き込んでいました。勉強を教えながらカズの股間に目をやると膨らんでいました。
私に反応した甥っ子が可愛く感じて少し意地悪をしたくなり、何気なくカズの太ももに手を置いていたり、オッパイを二の腕やカズの股間は更に膨らみを増して、カズも前屈み気味になっていて、息も少し荒くなっているように感じました。私が教えているのも上の空のような感じで、必死に堪えているようでした。背中に押し付けてみました。どうしたの?と聞いても、いや、何でもないよと言うカズの姿を見て笑ってしまいそうでした。そんなカズが可愛くて、私はカズの太もも置いている手を擦るように動かしました。カズは何も言いません。調子に乗った私は、少しずつ足の付け根の方に移動させてみました。

 

ペニスの色は血液

カズの股間辺りに手が触れたのか、いきなりカズは身体をビクンとさせて、唯ちゃん、くすぐったい!と言って私の手を払い除けました。その行動にビックリしてきゃ!と言うと、カズはあ、ごめんと言ってバツが悪そうにしました。
私はカズは私のこと嫌い?と聞いてしまいました。自然に、カズは、そんなことないよと言ってモジモジしています。じゃー好き?と聞くと小さな声で、好きと言いました。カズは彼女とかいないの?と聞くと、いないよと言うので、「いないのか~じゃーどんな娘が好み?」と聞くと、いや·.·と言って答えません。!
教えてくれないと怒るよ!と言うと、やっぱり小さな声で、唯ちゃんみたいな人と顔を真っ赤にして言いました。カズは私のこと好きなの?と聞くと、恥ずかしそうに領きました。そんなカズに私も火がついてしまったのか、少しドキドキしてしまいました。カズの手を取り、私の太ももに導いて、カズも触っていいよとカズの手を私の太ももに置きました。カズはビックリしながらも私の太ももに手を置いたままじっとしていました。私は自らスカートを上にずらし、少しバンティーが見えるくらいにして、もっと上の方触ってもいいよと言いました。
するとカズは、今まで動かさなかった手を私がしたように少し擦るようにしながら少し上の方にずらしてきて、私のパンティーのすれすれまで動かしてきました。
私も感じてしまったのか、アソコから何か熱いモノが溢れてくるのを感じました。そうなってしまうと私も大胆になってきて、大きく膨らんだカズの股間に手を宛てがいました。カズはビックリしましたが、今度は私の手を払い除けませんでした。ズボンの上からカズのオチンチンを擦ってあげるとビクンビクンとしているのがわかります。そして硬く大きくなったオチンチンをズボンの上から指先で掴んでみると、驚くほどに硬くなっていて石のようでした。カズの耳元で、「こんなにしちゃって·.·カズってエッチだね」と幅くと、「ごめん·.·だって唯ちゃんのこと本当に好きなんだもん」と言いました。私はと指示しました。立ってカズに、
最初は嫌がっていましたが、私の前に立ってくれました。
私の目の前には大きく膨らんだカズの股間がありました。カズのオチンチンを擦りながら、「カズはオッパイ見たことある?」と聞くと、「お母さんとか、本でなら·.·」と言いました。私のオッパイ見てみたい?そう言うと、待ってましたとばかりにウンウンと大きく領きました。私は着ていたトレーナーを脱いでブラジャーだけの姿になり、カズに背中を向けて、と言いました。外してすでにカズの鼻息は荒く、ぎこちなくブラジャーのホックを外しました。私はカズの方を向くと手で押さえていたブラジャーをゆっくりと外し、カズの目の前にオッパイを出しました。私のオッパイを見ただけでカズのオチンチンはズボンの中でビクンと動いたのがわかりました。

風俗勤務歴はとても短い
触ってみたい?と言うと、と言って私のオッパイに手を伸ばしてきましたが、ダメと私が言ってオッバイを隠すと、えーー!と言って残念がりました。
うん触りたならカズのも見せてそう言ってカズのズボンに手をかけると、カズは腰を引いて逃げました。
「触りたいんでしょ?じっとしてて」だって恥ずかしいもん「私だって恥ずかしいよ。でもカズもオッパイ見たでしょ!」そう言うと観念したのか逃げるのをやめました。カズのズボンのボタンを外しファスナーを下ろすと、パンツを押し上げたオチンチンが飛び出してきました。ズボンを膝くらいまで下ろして改政めて股間に目をやると、驚いたにとにバンツがビッショリと濡れていました。
「なんでこんなになってるの?お漏らししちゃったの?」と聞くと、「唯ちゃんと居ると、いつもこうなっちゃう」と言いました。後から知ったけど我慢汁というものでした。カズのパンツを脱がすとバンツからオチンチンに糸が張るほどに我慢汁を出していて、我慢汁でヌルヌルになったカズのいきり立ったオチンチンが目の前に現れました。カズのオチンチンは真っ赤に充血していて、我慢汁でテカテカに光っていて、お腹に付くくらいに立っていました。
私も前に付き合っていた彼がいて男性経験はありましたが、いつも部屋を暗くしてエッチしていたので、こんなにマジマジとオチンチンを見たことはありませんでした。
それにたぶん前彼は我慢汁はほとんど出ていなかったと思うので、カズの我慢汁には本当にビックリしてしまいました。
「オッパイ触ってもいいよ·.…」と私が言うと、えっ!いいの?とカズは言いながらオッパイを触ってきました。最初は手を触れただけでしたが、やがて採んできて、手のひらが乳首に擦れるたびに私は身体を反応させてしまいました。オッパイ触った感じはどう?と聞くと、「思ったより弾力あるんだね。もっと柔らかいと思った」と言いました。乳首が気持ちいいの·..私がそう言うと、カズは乳首を摘摘んでクリクリしてきたり指先で擦ったりしてくれて、自然とエッチな声が出てしまいました。私がエッチな声を出すたびにカズも興奮するのか、目の前のオチンチンがビクンと跳ね上がって動いて、カズに、「乳首、すごく硬くなって起ってきてるね」と言われて、急に恥ずかしくなってしまいました。
「私もオチンチン触ってみてもいい?」と聞くと、うんとカズは言いました。先っぽから透明な液が垂れ流れていました。

 

バイブ機能が付いて

「唯ちゃんのパンツ濡れてるね。唯ちゃんこそ、お漏らししちゃったのか?だから嫌なの?」と言ってきました。私は濡れていることに気がつかれたのが恥ずかしく、顔が熱く真っ赤になるのを感じました。違うの!違う!オシッコじゃないし!女の人はエッチな気分になると濡れてきちゃうの!カズとじゃーいいじゃん!一緒だよカズに一瞬でバンティーを脱がされました。濡れてることに気がつかれ、すでに脱がされてしまうと私も観念しました。カズの手から私の濡れたバンティーを取り返して枕の下に隠すと、「そんなに見たいの?
私なんかの..…」と言うと、「唯ちゃんのだと真剣な顔で言われました。から見たい!」
そう言われちゃうと嘘だと思っていても嬉しい気持ちになりました。
「じゃあ見せてあげるけど·.·いいもんじゃないよ。気持ち悪いかもよ」私はベッドの上に正座をして、股間からいきり立ったオチンチンを出しているカズの正面に座ってスカートをたくし上げ、ゆっくりと足を広げました。カズは真剣に私の股間を見つめて鼻息を荒くしています。私は両手でオマンコを広げました。どう?気持ち悪いでしょ?「ううん、唯ちゃんの見れて感動してる。すごく濡れてるんだねキラキラしてる」カズに見られているのが恥ずかしくて体は火照っていました。
オマンコからは何かが溢れてくるような感じでした。カズは、もっと近くで見ていい?とオマンコの近くに顔を近づけてきました。
濡れたオマンコにカズの息がかかります。私は恥ずかしくてオマンコを広げてる手を離してしまいました。するとカズは何も言わずに自分で私のオマンコを広げてきたかと思うと、嫌汚いよ~!足を閉じようとしましたが、逆にカズの頭を押さえつけるような感じになってしまいました。ビチャビチャ、ジュルジュルと音をさせて、カズはオマンコを紙めたり吸ったりして愛液を味わっていました。私はもう感じすぎて体が自然と反応してしまっていました。そしてすぐに私は、カズの口でイッてしまいました。ビクビクと身体を震わせてグッタリしている私をカズは心配そうに見ながら、唯ちゃん!大丈夫?と心配していました。オマンコを紙めてきました。
私はぼーっとしたまま、大丈夫だからと答えました。我に返った私は照れ隠しに、「まさかカズにイカされるとは!」と笑いながら言って、「約束なんだからカズの一人エッチ見せてよね!」と言うと、約束だから仕方ないねとカズは寝そべって、オチンチンを握ってシコシコしごき始めました。オチンチンの先からは異常な程にガマン汁がにじみ出ていて、しごくたびに垂れ流れてきます。そんなカズのオチンチンを見てると、何かに惹かれるように自然とオチンチンの先に手が行ってしまいました。溢れ出る我慢汁を指先で亀頭に円を描くように擦り付け、先っぽを触りながら、もう片方の手で玉袋を優しく包んで擦ってあげました。
カズは力強くオチンチンを握り締め、動きが激しくなってきたかと思うと·..。ダメ、もうイッちゃう!勢いよく水のような何かをピュッと飛ばした直後、白い精子をビュッ!ビュッ!と20cmほど上に飛ばしました。私は、きゃ!
凄いね
と言ってじっくり見ていました。男性の射精する瞬間を目の当たりにするのは初めてでした。カズは精液まみれのオチンチンをまだゆっくりとしごいていました。しごくたびにドクドクと先っほの穴からまだ精子が出てきていました。凄い量でした。漂白剤のような青臭い精子の匂いが凄かったです。精液まみれになったカズのオチンチンと手を私はティッシュで拭いてあげ、オチンチンを握ったままで動かないカズの手をオチンチンから離すと、さっきまで石のようだったオチンチンが少し柔らかくなってグッタリとしていました。

チンコが小さくならいらしい

早漏や遅漏の方は症状がかなり改善すると思います私は親指と人差し指の2本でカズのオチンチンを掴んでみるとカチカチの石のようで、ドクドクと脈を打ってるのがわかりました。そのまま上下に動かしてみると先っぽからいっぱい汁が出てきて、オチンチンの裏スジに垂れ流れてきました。その液を指で掬い取ってみるとネバっとしていて糸を引きます。
どこまで糸を引くかなと思い、引いてみると何十センチも伸びました。
「見てみてカズ、凄いよ~ほらっ!」と言うと、カズは恥ずかしそうに私のオッパイを触りながら笑っていました。エッチ全開になってしまった私は無性にそのカズの液を紙めてみたくなりました。祇めちゃう!と言っていきなりオチンチンの先をペロッと紙めると、カズはビックリしたのか、うわっ!と言って腰を引いて逃げました。
オチンチンの先から私の舌に長い糸が張っていました。
逃げないで!と言って、私はカズのお尻を掴んで引き寄せて、カズは、うう~と陰ってました。と言ってヌルヌルのオチンチンの先を口に唾え込み、チュッと吸って我慢汁をいっぱい口に含みました。えいっ!正直、その時は我慢汁のことを知らなかったので、こんなにヌルヌルした液まみれのオチンチンを座えるのに少し抵抗がありました。もしかして精液夜かもしれない·.·と思いながらも、エッチな気持ちのほうが優っていたのか、抵抗感はあったけど紙めたいと思ったのです。液を口の中に含み舌を動かしてみると、ヌルヌルした感じで少ししょっぱい味がしましたが不味くはなかったです。
納豆みたいにヌルヌルしてると言いながら、少し抵抗はありましたが我慢汁を唾液と一緒に飲み込みました。もし出してしまうとカズに悪い気がしたので·..。
「俺もオッパイ紙めてみたい·..」と言うので、「いいよ。
じゃあと言って横にあるベッドに横になりました。ベッド行こう」カズは私に抱きつきオッパイを紙めてきました。乳首を吸われると、ああん··.と声が出てしまいます。私が反応するのを見てカズは赤ちゃんのように乳首を吸いました。私の太もも辺りにカズのオチンチンが当たり、太ももを我慢汁でヌルヌルにされました。私は無理矢理に手を伸ばしてカズのオチンチンを握りました。カズは握りやすいように体勢を動かしてくれました。
ビクンビクンと脈立つオチンチンが素敵でした。とても興奮しました。シコシコ動かしてあげると、カズは身体をくねらせたりピクンとさせたりしました。唯ちゃん·.イッちゃいそうと言うので、動かすのをやめて強く握り、「イキそうなの?精子出したことあるの?」と聞きました。カズは恥ずかしそうに、うん·と言ったので、「一人エッチすることあるの?それとも彼女と?」と聞きました。カズは、彼女居ないし·.一人でと言いました。
じゃー、一人でして見せて!意地悪っぽくそう言うと、恥ずかしいから嫌だよと言ってきました。
「私のアソコ見てみたい?一人でするの見せてくれるなら見せてあげようか?」見せて欲しいけど·..ねえ?どうする?ねえ?私はしつこく聞きました。
「唯ちゃんの、本当に見せてくれる?それならいいけど·.·」とカズは答えました。
私はスカートを上げバンティーを脱ごうと思ったのですが、その時に気がつきました!私のオマンコがものすごく濡れていて、バンティーまでビショビショになっていることに。急に恥ずかしくなり、やっぱ、やめよう!と苦笑いしながら言ったのですが、今度はカズが歯止めが効かなくなり大胆になってきて、「そんなのダメだよ、約束でしょ!」と私のパンティーを脱がしにかかりました。
「カズ、ダメ·.·やめよう!ね!やめて」そう言ったのですがカズの耳には入らないようで、必死にパンティーを脱がそうとします。逃げようとして私が四つん這いになった時、カズは私のバンティーが濡れていることに気がつきました。


早漏や遅漏の方は症状がかなり改善すると思います セックスではした事が無い クリトリスは包皮から顔を出して

クリトリスは包皮から顔を出して

勃起したチ×ポをこ意識はすべてそれに集中していたのだ

「あのね、今日は大事な話があってね」何ですか?「私ね、その·..妊娠したみたいなの」あれだけ腔内射精を繰り返したので驚かなかった。本当ですか?..·うん、八週目だって時期的な計算上、恐らく初めて交わり合った時に出来た子だと推測された。
「..…それでね、あなたの意見が·.·聞きたくてね。来てもらったの」彼女はどこか不安気で怯えた様な表情だった。俺はそんな彼女の手を優しく取り、本音を告げた。
「結婚しよう。お腹の子供と三人で一緒に暮らそう」
「嬉しい。...捨てられるんじゃないかって思ってて」
「言ったろ、一生大切にするって」こうして俺達二人は入籍して夫婦になった。八ヶ月後に元気な長男が誕生し、更に二年一ヶ月後には次男が誕生した。現在、一家四人で幸せに暮らしています。今年40歳になる妻ですが、性欲は衰える事を知らず、常々こう言っています。次は女の子が欲しい!妻の要望に応える為に、今でも生理期間を除き、毎日子作りに励んでいます。生理的に受け付けないといわれた女性にデカチンを見せたら勤めていた会社が倒産して半年くらいたった頃、再就職がめでたく決まった俺は、自分自身で祝いを兼ねてデリヘルで遊ぶことに。
ろくに顔写真も見ず、無指名でホテルで待つこと10分。そこに現れたのは、倒産した前の会社の同じ課にいた同僚で、まさに俺の高嶺の花だったY美。勤めていた当時、何度か誘ってみたものの見事に玉砕して、どうにもならない俺はY美をズリネタしていたものだった。向こうも俺に気が付いて、明らかに嫌な顔して「ごめんなさい、チェンジしてもらったほうがいいですよね」と早々に帰ろうとする。Y美の腕を引っ張り、まあ、中に入りなよと強引に引きずり込んで「大変そうだね、なかなか再就職は難しいよね」と声をかけるも、「あの·.·私、.·ちょっと無理なんで···チェンジしてもらっていいですか?」と半分バニックになってる。
こんなチャンスはまずないと、「選べるのはお客の方だよね?
.·クレームつけたくないし、俺、あまり時間もないんだよね」とチェンジする気のないことを伝えると·..。
「Tさんが前から私に好意を寄せてくれてたのはわかっていました。仕事中にいつも私のこと目で追っていたのも知ってます。でも·..私、あなたは生理的に無理なんです。だから...お願いします。帰してください」半ば泣きながら懇願してきた。.俺のことそんなにキモかったんだ。そんなに俺のこと嫌いだったんだ·....俺は、そんなに嫌なら仕方ないかと思うどころか、『絶対にやってやる。思い切り感じさせてやる』と燃えに燃えた。
俺「チェンジはしないよ。Y美さんの思ってた通りです。俺·.·ずっと君が好きで好きでたまらなかったし、こういうところで再会できたんだ遠慮なく遊ばせてもらいます」
から、
きっぱり言った。俺のこと冷たい視線で見ていたY美は、そんな俺の言葉をさえぎり、その後ろ姿に·…。失礼しますと「クレームつけるなら、どうぞと言い残して帰ろうとする。さっさとドアに向かって歩き出し好きにしてください」
俺「俺さ·..前の会社の人達とたまに会うんだよね。来週も会うことになっているんだ。ほら、Y美さんと仲良かったK美さんも来るよ。Y美さんがとても元気そうにしてたって、みんなには言っておくね」Y美の顔色が変わった。Y美どういう意味?
俺「別に·..ただ、近況報告と思ってさ」

Y美「今日のこと言ったら、あなただってこういうところで遊んでることがばれるでしょ」

風俗初体験清楚な奥

風俗嬢を惚れさせて

風俗って結構出会いの場でも有るんです

セックスは劇的に変わります風俗業でも自分風俗は仕事だ
俺「俺は男だからさ··別にどおってことないよ」しばらく沈黙のあと·..。

Y美「汚い人·..、ずるいわ。嫌だって言ってるでしょ··.、身体が受け付けないの」
俺「そうなんだ。でもY美さんが嫌でも、俺は嫌じゃないし」

Y美「ここで帰ったら··みんなに言うんでしょ」
「うん、言うよ(きっぱり)」俺絶対黙っててね。約束して!と怒りながら自分の携帯で「今、部屋に入りました。終了したらまた連絡します」と店に電話を入れた。Y美はキッと俺を脱み付け、(よおし!)心踊る気持ちを抑えながら「じゃあ··よろしくお願いしますね」と俺。
「いやあ··俺もね、ようやく再就職が決まってね。職種が同じなんで、なんとか採用されたんだよね」話し掛けるも、興味ないといった素振りで先にシャワーしますとY美はバスルームに消えていく。
ここで彼女のスペックを。背は身長160センチくらい。体型は普通。痩せてもいなければ太ってもいない。ただ胸はいわゆる鳩胸。おそらくDかFはあるだろう。ヒップも適度な丸みがあって、つまりはいい身体してるだろうな、と想像してしまうような感じ。Y美が言ってた目で追うとはまさにこの事。で、バスルームに消えていくY美をちょっと待ってと呼び止め·..。
俺「あのさ···もうプレイ時間に入っているし、色々してもいいんだよね?」Y美え?.·
俺「だからさ··身体とか··触ったりしていいんだよね?」Y美..·ええ··
俺「じゃあ···ごめんね·.·ちょっと、服の上から·.·ごめんね」
一応断ってから、おずおずと手を延ばして、弾力のある胸を両手で様む。とうとうY美の胸に触れた!やった!柔らかいね思わず声がうわずる
俺「や、明らかに嫌悪感丸出し
Y美執物に胸を採む俺に、「もう···いいですか?シャワー浴びたいので」と、こっちの返事を聞く前にそそくさとバスルームへ向かうY美。(ふん、まあいいさ·.·これからじっくりと身体を堪能してやるからな)しばらくしてシャワーを終え、バスタオルを身体に巻いて出てくるY美。
ほのかに見える胸の谷間がたまらない。グッとこらえて俺もバスルームに。入れ違いでバスルームに入ると、湯気とともにY美が使っていたボディソーブの香りが漂う。
(たった今、ここでY美が全裸で身体を洗っていたんだ·..)そう思うだけで、もうチンボはギンギンどころかこれまでにないような硬さに。わざわざ二つ用意してあるスポンジも当然、Y美が使ってた物を使う。急いでシャワーから出ると、Y美はバスタオルを巻いたまま途方にくれたようにソファに座っている。目の前で腰に巻いていたタオルを取って身体を拭きながらお待たせ。何か飲む?と声をかけるも「いえ·.·いりません。それより·..早く済ませていただけますか?」と目をそらし気味に小さな声で言うY美。
「そうだね。時間もあることだし。わかった。じゃあ··始めようか」.Y美と対面のソファにタオルを敷いて、チンボ丸見え状態で腰掛ける。

エッチな回路につ

風俗まとめサイトを必ずチェックする?心配ならば

俺「Y美さん.·ちょっと立ってみてくれる」Y美無言で言われた通りにするY美。
俺「じゃあさ··タオル取って.·身体見せてよ」Y美·……「早く。Y美さんは風俗嬢で俺は客なんだよ。
割り切った気持ちになりなよ」俺観念したかのように、ゆっくりとバスタオルをとって、手で乳房と股間を隠すように立つY美。無言でY美に近づいて、身体を隠してある手を取って脇に。あまりの見事な身体に声も出ない。素晴らしい·.·想像以上だ!お椀型のおっぱいに薄茶色の乳輪輪と乳首。くびれた腰。処理してなさそうなのに上品な薄い陰毛。どれを取っても俺にとっては芸術品だ。紙めるような目で整った顔立ちと身体を何度も見返す。恥ずかしさと、触られるのも嫌であろう俺に身体を見られて、顔が紅潮しているY美。乳房をやんわりと採みながら乳首を摘むと、んんっと可愛らしい声を漏らす。その口を塞ぐように唇を食る。手ではねのけるように否むY美に、「ディーブキスはブレイのひとつだよね」と強引に舌を絡ませるように吸う。否み続けるY美に一度唇を離してから「ちゃんとプレイしてよ。お金もらっている以上、仕事でしょ。
と表向きは事務的に話すが、そうは真面目にやってよ」いかない。再び唇を絡めると、Y美も仕方なしか絡めてくる。右手は乳房を採柔み、左手は背中から尻を撫で廻し、絡めていた唇から、うなじ、首筋に舌を這わすとあ···あと声にならない声で幅くように閉えるY美。堪能するように弄っていた手を尻から太ももあたりを撫でると·..なんとそこは!Y美のあそこから溢れ出たのであろう、蜜が伝わっていた。そう·.·敏感な身体のY美はすでにびしょ濡れ状態だったのだ。
早く確かめたい衝動にかられた俺は、Y身の身体を抱えるようにベッドへと運ぶ。放心状態のY美は力なく横たわるが、差恥心だけは失わないのかあそこだけは手で覆い隠す。構わず腰の下に手を入れて、枕を当てて腰を浮かせる。
そのまま脚を開かせようとするが、いやっ!とばかり必死に抵抗するY美。ここまで来たら理屈はいらない。
強引に覆い隠している手をどけて脚を開かせ、夢にまで見たY実のあそこを。...目が肢むほどの光景だった。俺Y美さん··さっき身体が受け付けないって言ってたけど、その割にはすごい濡れ

Y美「ち、違います。さっきシャワーのあと、ローション塗ったんです」苦し紛れのY美。ローションねえ·.·てるね指2本ゆっくり挿入しこねると、ぬちゃぬちゃと湿った音が。ああ·.·ん..·甘いさえずりがY美の口からこぼれる。
「これ、ローションかなあ·.·」

風俗初体験清楚な奥

セックスという外敵に襲われやすい危険な状態が終わって

ペニスの根本から先端に向かって
指をゆっくり出し入れすると腰をくねらせ気味に。蜜の溢れ方がまたエロい。まるで奥からスポイトで抽出しているような溢れ方。糸引くどころではない。Y美は指はシーツをギュっと掴み、タオルの端を噛んで声が出ないように耐えている。さて·.·俺ばかり貢めていも仕方がない。そろそろ··.。俺のも、見てくれるはっと我に返ったようなY美。あの·.·Y美
俺「俺のチンチン、まだ見てくれてないよね。
まずは見てよ」お腹に付きそうなくらいになっているギンギンなチンボを目の前に出した。俺のチンポスペック。
標準よりは大きいと言われる。16センチくらい。太さもあるが、なんと言ってもカリが自慢。いわゆるズル剥刺けチンポ。あっと口を半開きにしてすごい··と思わず口にするY美。
「どう?気に入ってくれた?触ってくれるかな」俺はY美の手を取りチンポへ導いた。最初は俺の手の通り動かしていたY美だったが、そのうち自分長さを確かめるような手つきに。から太さ、明らかに最初の頃と反応が違ってきている。
「フェラチオしてもらっていいかな··」しばらくチンポを触っていたY美だったが、思い直したようにそのまま可愛い口元へ。
先の汁を舌で掬うように祇めていたが、口を開きてズルズルと呑み込むとそのままゆっくりとフェラ。苦しいのか涙目になるも、そのうち一心不乱にしゃぶりだす。あのY美が、夢中になって俺のチンボをしゃぶってる·..。そう思うだけで、あまりの興奮に恥ずかしながらイキ「Y美さん··すごいね。キモい俺のチンボなのに」そう言うと観念したようにY美からは衝撃の告白が。そうになってくる。
Y美は、俺のことはマジでキモい対象だったのだが、同時にオナニーのおかずにしていたと言う。キモい俺にやられることを想像するだけで、異常な快感を得ていたらしい。それが今日、現実となった。
ついさっきまでは、現実ではあり得ないし絶対無理と思っていたが、触られたりしているうちに、妄想していた展開に身体ばかりか心までが反応してしまったと言った。
「そうだったんだ·.·だからこんなにビショビショになんだね。でも光栄ですよ、俺を思ってオナニーしてくれてたなんて」あそこを弄りながら俺が言うと、「そんな·.·言わないでください」と潤んだ目のY美。
「いやね、俺もY美さんのことおかずにしてましたよ。わかっていたとは思いますけどね」やっぱり·..みたいな妙に納得顔のY美。
「誰にも言わないから安心してくださいよ」今度はY美の股間に顔をうずめて祇めだす。
ベロベロとまさに犬のよう。Y美はよがり悶える。

素人らしいのだけど

素人美人系などお店
舌をクリに触れるか触れないかのようにツンツンすると、自ら腰を突き出して舌に擦りつける。かなりのエロ女だ。我慢も時間も限界に来た俺は「Y美さん·..いいよね·.·」と言いながらY美の腰を持って引き寄せ、チンボをナマのまま入り口に押し付ける。拒否しないY美。受け入れ体勢だ。そのまま奥深く入れ込むと、あうう·.·と噂きに近い声を上げて白目感激だ!とうとうY美とセックスすることが出来た!夢中で腰を振る俺に、手を腰に廻して応えるようにするY美。顔を近づけると自分から舌を求めてくる。ちなみにその日は延長して3回ナマで中出し。状態。
あとで聞いたが、オナネタだったキモイ俺とのセックスもそうだが、やはりそれ以上にチンボがかなり良かったらしい。
後日談。その後、数日してY美を呼び出した。連絡先は前回の時に強引に聞き出した。この前は別れ際、満足してすっきりした事もあったためか、会社に勤めていた頃はなら絶対に見せてくれなかった顔だ。多少の笑顔をみせてくれたY美。数日経って呼び出した時の反応は行かないとダメですか·.·Y日は約束の7時に時間通り来た。みたいな反応で、何とか都合付かないかなと言うと、わかりましたと仕方なしに応じた感じだった。
悪いね、呼び出したりしてY美いいえやっぱりいい女だ。美形だし服の上からでもスタイルの良さがわかる。俺どう?食事でもしようかY美あの···なに?「あの·.·私、この前言いましたけど·.·無理なんです」Y美俺何が?

Y美「ですから..一緒に食事とか呑んだりとか..·そういうのは·..」

俺はまだキモい存在だったんだ。そか、そう·.·じゃあ、俺あ、なんで来たの?Y美あの···それは·.·セックスしたいから来たの?顔を染めるY美。
「いえ·.·ちが·.·あの..·」明らかに動揺している。俺も最初から分かってはいるものの、少し意地悪してやれと·..。
「からかうつもりなら来なければいいじゃん。ごめんな貴重な時間を。じゃあまたね」俺が帰ろうとすると、慌てた声で·..。待ってください!振り向くと傭いたままのY美。
「あの··この前と·..·して下さい」·同じに·.搾り出すのがやっとという声で言うY美。傍に近寄り、耳元でそっと、「そうか、わかった...·性欲には勝てないよな」と言うと、カァと真っ赤な顔に。·仕方ないよな·じゃあ··行こうかそそくさと歩く俺に、付かず離れずと言った感じで付いてくるY美。

風俗初体験清楚な奥

処女なんですと言えずウソをついたりお茶を濁したりで四苦八苦

また今日もY美の身体をじっくりと堪能できるんだなそう思うだけで勃起してくる。
俺「さて、今日は一緒に風呂入ろうな」それは·.·え、Y美ラブホに着くなり、Y美の講階にも構わずさっさと服を脱いで裸になる俺。すでに勃起全快だ。見せ付けると、俺のチンボを潤んだ目で見てるY美。おそらくもう蜜が溢れているはずだ。先に行ってるよとバスルームに。シャワーを浴びていると、Y美が入ってきた。今日は身体を隠していない。白くまぶしい肌がバスルームの白い光に照らされる。柔らかそうな豊満な乳房。くびれた腰。黒々としたヘア。まさに大人の女の身体だ。
遠慮なくY美の身体を見入る。Y美も俺のチンボに釘付けだ。シャワーで身体を濡らし、スポンジでソーブを泡立て、手に取りY美の身体に塗りたくる。弾力ある柔らかい身体だ。Y美も2度目からか、遠慮しがちではあるものの自分からチンボを触りだす。
俺「よほど気に入ってくれたようだね、これ」Y美
無言でふぐりから棒まで、両手で丹念に、入念に弄るY美。あれほど俺をキモい、と言ってたY美なのに。どうやら裸の俺は服着てる俺とは違うらしい。膝付いて白らチンボをしゃぶりだす。ああ··と声上げながら美味しそうにしゃぶってる。俺は決心した。必ず俺の女にしてやる。俺から離れられない身体にしてやる。バスルームからベッドに行く際は、抱っこしてY美を運んだ。Y美も俺の首に手を廻している。寝かせてから抱き締め首筋にキスしながら·..。俺俺のこと··まだキモいか?

Y美「いえ··前ほどではなくなりました」
俺「じゃあ、俺と付き合ってくれよ」
Y美..…嫌?Y美もう少し·.·時間を下さい会話をしながらY美の手を取りチンポへと導く。

Y美「これ·一本当に·..すご·い」
俺「Y美さん、誰かと付き合ってるの?」

Y美「え、..·付き合ってるというか」
いるんだ?Y美..·そこまでは誰?俺の知ってる人?Y美はい誰?「Tさんも知っていますよね。営業にいたHさん·Y美..」けっ!あのチャラいイケメン野郎か!ちなみに俺は技術屋。ヘラヘラした馬鹿とは頭が違う。..H君とね。もう·.·寝たの?俺そっか·Y美はい·.·
俺「ふうん··イケメンで格好いいしなあ。で、エッチは俺と比べてどう?」

Y美「まるで違います。比較になりません」キッパリと言い放ったY美。聞いてみると、自分勝手でしかも、早い·小さい·下手の三拍子揃いとの事。そか、あのイケメン野郎はたいしたことなかったのか。
「だから男は顔じゃないんだよ。中身が大事なんだよ。