風俗体験取材が出来る漫画家

セックスに関してだけ

俺わかるでしょ?」Y美は·.·い
俺「あまりよくわかってないようだね」
Y美に改めて理解させるため、覆いかぶさりそのままナマ挿入。あう·..!暗ぐY美。しかし·.·ゆっくりと出し入れして、すぐに抜いた。え·..?そんな·.·みたいな顔するY美。俺欲しい?Y美はい。欲しいです「じゃあ···挿れてやるから自分で導いてみな」俺チンボを手に取り、自分からあてがうY美。
「俺と付き合ったら好きな時に味わえるんだぞ」Y美の顔が気持ち良さげに歪んでる。
体勢を入れ替えY美が上に。夢中で腰を振るY美。クネクネといやらしい腰使いだ。本当に見れば見るほどいい女だ。しかもエロい。あともう少しで落ちるな。最後に俺が上になってディーブキスしながら交わる。夢中で俺の舌を吸うY美。今日はどうやら危険日らしい。避妊して欲しいと頼まれていたが、当然、外に出す気はない。最後は思い切り子宮の中に出してやった。李む可能性は大だ。
ZARAのコートを着た女の話|ミナミのそのカフェは、土曜日のランチタイムも終わり、客もまばらっだった。ビルの最上階だが奥にテラスがあり、そこはガラスの天井から午後の日差しがゆったりと降りそそいでいた。テラスの一番奥のテーブルで、その女性はグレーのフラノのコートを着たまま、名前は吉乃といった。
今日の午前中に、私に逢いたいとメールしてきた女性だ。メールをもらって、私はうれしかった。その女性はすらっと細身で、着こなしのセンスが良く、眼鏡がとても似合っていた。初めて会った時はとても気持ちが高揚し、夢中で話をしたものだった。そして私は彼女とメアドの交換をしたのだ。朝にメールを受信して、私はすぐに返信した。もちろん何時でもOK!送ったメールには、恥ずかしげもなく絵文学がいっぱい使われていた。彼女はでは、2時にミナミでと指定してきた。私はすぐに、身支度を始めた。その女性がム背筋をすっと伸ばして座っていた。何処にでも出向くよと。今日も私は、呼き足さっ1浅く腰掛け、椅麗な姿勢で微笑んでいる。
二人で、店のオススメのオーストラリア産のビールと自家製ケーキを注文した。そして再会に乾杯した。ビールはとても美味しかった。彼女も、このビールは美味しいと言った。私は夢中で自分のことを喋った。
バツイチであること、今一人暮らしであること、東京で単身赴任をしたことがあること:…。彼女は明日、引越だと言った。新居の近くにダイソーはあるが、TSUIAYAがないのがさみしいと言った。位はいつの間にかケーキを平らげてい以外に節くれ立っているのがなぜか気になった。華客な彼女に不釣り合いな指だと思った。たが、彼女はほとんど手をつけていなかった。ピールグラスに伸ばした彼女の指が、彼女がトイレに立った。時計を見ると、二時間が経っていた。私は次にどうするかを考えた。いや、本当はすべきことは決まっていた。そろそろ日が暮れだす頃だ。タ闇が、彼女がもどって来ると、席に着くのを待たずに、そろそろ出ようか:…と、私は言った。彼女は、小さく微笑んだ。街の喧曝を覆い隠してくれる頃だ。支払いを済ませ、店を出るとすぐに下りのエレベーターだった。ェレベーターの扉が閉まると、私は彼女の戸肩を引き寄せ、キスをした。彼女は一瞬ためらったが、それでも私に唇を受け入れててくれた外に出ると、少し肌寒かった。

股間の盛り上りを包

セックスをする前

風俗嬢にアソコを見ると照れるわ風俗は犯罪ではない

股間から意識を前方陽は傾き、淡い闇が街に散らばっている面倒くさい諸々を覆い隠してくれていた。私は御堂筋の向こうにある、さびれた路地を指差した。
「二人っきりになれるところに行こうか:…」言い出すのには、以外と勇気がいった。|彼女はその路地とは対象的な、屈託ない笑顔を見せてくれた。腕を組もうか迷ったが、何となくやり過ぎなような気がして、やめた。私たちは横断歩道を渡り、路地に入り、色あせたネオンの下を歩いた。時代から取り残された様な、不思議な路地だった。横柄な運転のタクシーを避けながら、二人は歩いた。古ぼけているのに自己主張だけは立派なラブホテル群を見渡しながら、どこがいい?
……
と彼女に訊いてみた。彼女の積極性を計りたかったのだ。そこは中途半瑞に派手なネオンたちが、「ぼつりぼつりと怪しげな光を放ちはじめていた。どこがいいって訊かれても:…」そう答えながらも、彼女の目は目的地を物色していた。
「そうやんな::…じゃあ、ここにしよか」私は一番センスがよさそうに見える建物の入口で足を止めて、彼女を振り返った。神妙に領く彼女。そんな彼女を見て、私は何故か少し動揺した。薄暗いロビーに入ると、部屋の案内パネルは全て消えていた。只今、満室ですと、後ろの小さな受付窓から声がしてきた。私は苦笑いを彼女に向け、次:……行こうかと言った。
通りに出ても、残るは全て品なく存在をアピールする物件ばかりだった。でももう、これ以上迷いたくはなかった。リリP私は彼女の顔色も確かめずに、隣のラブホの入口に向かった。ここの受付には案内パネルはなく、中年の女の人が座っていた。派手な外観とは裏腹に、中は限りなくノスタルジックで、レトロだった。二時間分の休憩料金を払うと、三〇三号室ですと、鍵を渡された。
エレベーターの入口で、不釣り合いな年の差カップルとすれ違った。三階の廊下では清掃のおばちゃんとすれ違った。案内の点滅ランブもない。私たちは三〇三号室の表札を探し、中に入った。部屋の中は思いの外に広かった。しかし建て付けはかなり古かった。小さなリビングに小さなソファがあり、奥のベッドルームは床が一段高くなっていて大きなべッドが置いてあった。天井からはゴージャスだか何故か悲し気なシャンデリアがぶら下がっていた。かなり、趣あるね……と、私は言った。でも広いね:…と、彼女は言った。

風俗嬢を手に入れる

セックスするのは当
私はベニャ作りのクローゼットからハンガを取り出し、自分のコートを掛けた。そしてもつ一つハンガーを取り、彼女が脱いだグレーのフラノのコートを受け取った。
コートのネームにZARAのロゴが見えた。私はそのZARAの文字に、少し興奮した。東京ではZARAを着る女性は多かった。銀座でも池袋でも、ZARAのショップではキャリア指向の女性でいっぱいだった。山手線や丸の内線のOLは皆、ZARAを着ているんじゃないかと思っていた。ZARAのスーツを買いに来る東京の男は皆上品だったが、大阪ではホスト崩れのような若者ばかりだ。二人はソファに腰掛けた。私はキスをしようか、煙草に火を付けようか、迷った。煙草吸っていい?
:…
彼女が先に、訊いてきた。もちろんと言って、私も煙草に火を付けた。妙に広い部屋に満ちたぎこちない沈黙を、二人が吐き出す白い煙が埋めていった。そしてふたつの煙は、私たちを先置いて、お互いに絡み合っていく。二人とも静かだった。カフェでの鏡舌な会話はそこにはなかった。私はまだ半分しか吸っていない煙草をもみ消し、彼女の横顔を見た。|彼女は煙草を、その節くれ立った指に挟んで、まだゆっくりと吸っていた。待ちきれずに、私は腰を彼女にゆっくりと近寄せた。合皮のソファと尻とが擦れる音が、部屋中に響いた。彼女は吸おうとしていた煙草の手を、止めた。私は彼女の肩を抱いた。
その肩は、彼女は口の中の煙を向こう側に吹き出してから、私の顔を見た。それと同時に、私は唇を重ねた。最初は軽く、そして優しく、しだいに激しく、彼女の唇を奪い続けた。彼女の肉付きのいい唇を舌先でまさぐり、舌と舌を絡ませた。二人が吸っていた煙草の味が、完全に混じり合っていた。私は彼女の細い二の腕を掴んだ。彼女は、息継ぎするように私の唇から逃れようとするが、私はそれを許さなかった。私の手は、彼女の胸の上にあった。ケーブル編みのグリーンのセーターの上から、彼女の胸の形を確かめた。
胸はブラのパッドに守られていたが、柔らかさは十分に伝わってきた。私はゆっくりと、その柔らかさを、確かめた。|彼女の鼻からそっと、息が漏れた。私は唇を彼女の唇から離し、あごへ、頬へ、耳たぶへと移していった。|彼女のあごがしだいに上向き、頬の温度も上がってきた。私はもう十分に、高まっていた。シャワー:行く?彼女が不意に、言いだした。前の時と、同じタイミングだ。彼女は成り行きの流れというものを許してくれない。私は彼女の胸から手を離した。そして素直に同意した。…そうしようか仕方なく、私は服を脱ぎはじめた。一緒に入る?と訊くと、別々で:…と、返事が返ってきた。すでに彼女の体のことは、隅々まで知り尽くしているのに:…苦笑いしながら、私は先にシャワーを浴びに行った。彼女がシャワーを浴びている間、私は先にベッドに裸で入った。だだっ広いべッドのマットレスは、思いの外に柔らかく、暖かかった。天井のさびし気なシャンデリアを眺めながら、彼女の浴びるシャワーの音が部屋中に流れてくるのを聞いていた。
やっばり細かった。シャワーからあがった彼女は、バスタオルをしっかりと胸から下に巻き付けていた。そしてベッドに入る前に、部屋の明かりを全て消していった。暗い?そう訊く彼女が、少し可愛く思えた。うん、ちょっとねと言って、私は枕元の電灯のスイッチをまさぐった。真っ暗闇はダメだ。私は彼女の細い手足と、感じてしだいに変化していく彼女の表情を確かめたいのだ。ぼんやりと黄色い明かりが灯った。明るい?と訊くと、大丈夫:…と、彼女は小さく笑った。ベッドに入ってきた彼女に、私は覆い被さった。彼女の肩にまだ残る、シャワーの滴が冷たかった。私は、キスの続きを始めた。

愛撫の手順衣類を付

風俗嬢がいるのが普まったく別人の写真

セックスが上手だ
唇をむさぼり、あごを祇め、耳たぶを噛んだ。彼女は柔らかいべッドの上で、無抵抗だった。細い首筋に唇を這わせた頃には、吐息を押し殺しているのがわかった。私は胸元できつく結ばれていたバスタオルを解いた。鎖骨と肋骨が、黄色っぽい照明の中で浮かび上がった。骨と骨の間に、柔らかそうな肉の塊がふたつ、
盛り上がっていた。片方の肉を手で覆い、手のひらで乳首を転がした。|もう片方の肉の塊は舌で攻めた。横からゆっくり証め上げ、その柔らかさを、舌で楽しんだ。|彼女の乳房は決して大きくはないが、感度はよかった。
採みあげる力を強める度に、乳首を転がす手のひらに力を強める度に、彼女は口から漏れる声を、抑えきれなくなっていった。今日は時間を気にせず、ゆっくり彼女を弄ぼう。舌を、彼女のくびれた腰に移動した。腰骨の先を証め、腰のくびれを証め、助骨を渡って乳房に到達し、乳首はわざと避けて肩骨を証めた。それだけでも、「彼女は身を硬くし、腰を浮かせている。今度は、二の腕の肉を頬ばった。骨をとりまく肉はわずかしかなかったが、とても柔らかかった。いささか熟れた女の甘みが、そこにはあった。肘に舌を這わせ、腕にキスをし、手の甲をたっぷりと祇め、指先を一本一本、優しく口の中に含ませていった。
最後の小指は、根本からたっぷりとしゃぶった。」|彼女は感じていた。それは薄暗い照明の中に浮かぶ、横顔のシルエットでわかった。きっと彼女は、もう十分に濡れているだろう。しかしそれを確かめるのは、まだ先だ。今日は時間が、たっぷりとある。。私は鎖骨にそっと、キスをした。そして首元に舌を這わせながら両手で強く、胸を採んだ。首筋を祇めながら、耳たぶを口に含んだ。そして彼女の耳穴に、そっと舌を差し込んだ。彼女は顔を反らして逃げようとした。私は赦さなかった。両手の親指で同時に、左右の乳首を激しく転がした。もっと声が聞きたい。私はそう思うだけで、気持ちが高ぶっていった。私は早く、彼女の声が聞きたい。
声を出して、いいよ:…私の言葉は、想いよりも優しく響いた。|彼女は何も答えなかった。そろそろ、下にいこう。私は布団の中に潜った。柔らかい下腹にキスをし、脚のつけ根にそっと指を触れ、股の外側から足先へと、舌を滑らせていく。両手で足首を握り、足の甲にキスをした。足の甲を執助に祇め、足の指を全て口に含み、全ての足の指の間に、舌を差し込んでいった。それはもう片方の足にも、同じことを繰り返した。|彼女に力が入り、なかなか自由に、扱わせてはくれない。くすぐったいのだろうか。いや、彼女はこれを期待していたはずだ。以前も同じことを、私はやったはずだ。そして彼女は、今度は自分から、私を呼び出したのだ。私は彼女の股の内側から、徐々に上へと、舌を這わせていった。彼女はまだ、声を押し殺しているの。布団に覆われて、彼女の吐息がよく聞こえない。そして私は、体が火照って熱くなっていた。私は掛け布団を剥ぎ取った。

お尻をつかんだマサルさんの手に力が入

股間に当てて完全に隠して
白いシーツの上で、身を反らせた彼女の姿が露わになった。彼女の太股に腕をまわし、熱くなっている内股に、激しく吸いついた。荒々しく舌を這わせ、そっと彼女の劇れ目の外側をめ上げた。彼女の熱い液体が、垂れ出してくるのがわかった。しかし彼女はまだ、声を押し殺している。そんなに品性を保ちたいのか。そんな彼女の抵抗は、ますます私の本能に火を点けるだけだった。私はわざと彼女の割れ目を外し、その周囲を数回、祇め上げた。彼女は膝を立ててきた。私はその膝を強く、外側に倒した。膝を倒しきったと同時に、彼女の割れ目を祇め上げた。
中からどっと、液体が流れ出てきた。あ、ああ:…彼女の声が漏れた。私の勝ちだ。もう私は、遠慮しなかった。私は割れ目を、び、舌先を中に滑り込ませるように、紙め上げた。を掻き分けるように、力を込めて舌を這わせた。彼女のあそこはもう、濡れているいうより垂れていた。そしてとても熱かった。私は再今度は彼女の割れ目全てを、口に含んだ。吸いつくように舌で祇めた。彼女の奥から湧き出る液がダイレクトに、私の喉に流声と言うより、時きだった。れ込んでくる。その酸味に、匂いに、彼女の本質が潜んでいるように感じた。私は余すことなく、彼女の全てを私の体内に取り込んだ。あっ、あっ:…ダメ彼女は私の頭に手を伸ばしてきた。
その力ない指の動きは、拒んでいる様でもあり、誘っている様でもあった。彼女の体にはもはや、魂など宿っていない。ただ、刺激に素直に反応するだけの、肉の塊の機械だ。私はそっとクリトリスを口に含み、何度も舌で転がした。同時に人差し指で、そっと割れ目を撫で上げた。そこはまるで生きているかの様に、ばっくりと開いてくる。指を二本ににし、細かく襲をわせる。彼女の奥から、お腹が:…お腹が、熱い::|彼女は下腹をさすった。私はクリトリスを口に含みながら、人差し指を、彼女の奥へ奥へと、ゆっくりと差し込んでいった。
その中は熱く、壁は溶けだしていた。出し入れを数回、優しく繰り返し、そっと奥まで指を忍ばせ、指を鍵型にし、下腹を裏から突き上げるように、大きく掻きむしった。私の指の動きに呼応するかのように、彼女のくびれた腰が、浮き上がる。私はそれが面白くて、何度も繰り返した。それからクリトリスを、あう:…、あう:…|彼女は何度も同じフレーズを繰り返した。さらに液体が溢れ出てくる。力を込めて頬張った。私は彼女の股の間から、聞いた。
「……気持ち…いい:…ああーん、ダメよ」
「ん?ダメなん?……気持ちいいの?……どっち?」私は、意地悪く言った。ん、ん……気持ちいいのそう答える彼女が可愛かった。愛おしくて、私は彼女の奥深くを指で掻きむしりながら、彼女の唇を激しく奪った。彼女は私に激しく舌を絡ませながら、細い腕で私の後頭部を抱き込んイ……イキそう:…彼女が言いだした。

股間の盛り上りを包

実はこうした一八歳や一一九歳の女性を扱ったデリとなっているこのホテルは良い

イッて、いいよ……私は彼女の耳元でそっと喝き、そして首筋をそっと祇めた。い……いいの?:…イッていいよ:…「指をぐっと彼女の奥まで押し込み、ヘその裏側から入り口まで、強く掻きむしった。[……イ、イクっ」|彼女は小さく言った。彼女の助骨が盛り上がり、腹が持ち上がり、か細い腰が浮いた。と同時に、私の指先が彼女の中でゆっくりと締め付けられていった。
……イっちゃった?r.22私はそっと指を抜き、自分のモノに手を添えた。準備は十分、整っている。次は、私の番だ。私は身を起こし、自分のモノを彼女の入り口にあてがった。私のも熱かったが、彼女の方がもっと熱かった。私は先器で彼女のクリトリスをそっとなぞり、駿を数回、刺激した。もはや彼女に拒む理由はないだろう。私はそのまま、先端を奥へ奥へと押し込んでいった。ゴム、付けて彼女は、はっきりと言った。うん、わかった……予想はしてたが、少し焦った。ベッドヘッドに目をやるが、私は薄明かりの中、部屋を見渡した。部屋の隅でぼんやりと、古い小さな自動販売機の明かりが灯っている。私はベッドを下り、財布をさぐりで無名のメーカーのスキンを買った。ベッドにもどると、私は少し萎えていた。これではスキンも被せられない。
「……俺も、気持ちよくしてくれる?」うん:……彼女は、待ってたように答えてくれた。
「私ばっかり気持ちよくなっても…:ね」その職業的な言い方が、気に入らなかった。|彼女は髪の毛をかき上げながら、私をくわえた。そっと口に含み、舌先で私の先端を刺激してくる。細い指は私を優しく握り、ゆっくりと上下させている。私はその指先に、感じた。元気を取りもどししはじめた私を、今度は奥深くまで飲み込んでくる。くわえる唇の感触が、遠慮しているかのように柔らかだった。彼女が与えてくれる、私への愛の表現をじっくりと堪能しながら、スキンを箱から出していた。彼女が私の裏筋を証め上げ、袋をそっと指で被いこんだ頃には、私は元気を取りもどしていた。
ありがとう::言いながら、私はスキンを被しはじめた。|彼女は何も言わずに、ベッドに仰向けになった。私は彼女の細い両股をゆっくりと掻き分け、堅くなった私を、彼女の奥へと沈み込ませていった。|彼女の口から、言葉にならない吐息が漏れる。ゆっくりと、ゆっくりと、彼女の奥へと入っていった。じっくりと、私自身を、感じて欲しい。時間をかけて、彼女の奥まで到達した。そこで動きを止める。しばらく、彼女の内側の感触を確かめる。細かく、ゆっくりと彼女の内壁が波打っているのが伝わってくる。彼女のそこは確実に、私を求めている。口に出さなくてもいい。
彼女の体は雄弁に、正直に、私に語りかけてくる。私はゆっくりと腰を動かしはじめた。もう彼女は、何も言えなかった。私は、彼女の両足を高く持ち上げ、奥をゆっくりと突き上げ、それから浅く振動させた。それから彼女を傭せにしてバックから強く、Gスポットを攻撃した。再び仰向けに戻し、激しく奥へと挿入した頃、彼女はまた、イキそう::と言いだ暗くてよく見えない。