風俗初体験清楚な奥

セックスをできるよう

セックスなしではいられない体になってるもんだ
それで採用後は自分のカラーに染まるように自分の考えを植えつけていくのです。このやり方は少々経費がかかってしまいます。:大体安くて3000円即NGの以上ですね!でも本当に自分の右腕が見つかれば、安いと思いませんか?~高かくて300、000万円連れ回した時=採用時場合まあお酒の力を借りなくても、いろいろなやり方はあると思います。頑張ってください。
(コラム)俺流の経済学俺流の経営学について語っていこうかなと思います。
何を偉そうに!って言いましたね(^^)
まあ俺流ですから、実際は間違えているのかも知れませんが、今まで経営を曲りなりもやってきて、感じたことを前提にお話ししますので、ご了承ください最近、他の方のブログを見ていると結構面白い記事やコメントがありますね!職業の一環としてやっている方、職業とは関係のない趣味の方、お友達探しみたいな方…その中で私はやはりビジネスカテゴリにいることが多いのですが、困っている記事についてアドバイスをするやり取りがよくありますね!実際、私もやってしまうのですがそのやり取りをみていると、どうしても納得のいかない内容が多々あります。記事:私は起業したいのですが、資金がありません。大丈夫でしょうか?簡単に書きましたが

事業を起こすのに資金は必要です。回転資金はどの程度考えていますか?今では開業支援として開業資金を借人できる制度が…なんたらかんたら

←税理士や書士関係者に多いコメント

わしは会社経営して30年!事業には金は必要じゃ!新しい事をするにも金がかかるんじゃよ!いますよね!
一代で会社を築き上げた頑固社長おっと失礼!

コメントなぜ、みんな起業や経営するのにお金がかかると決め付ける?
更に金を借りることを平気で考える(紹介する)?そして挙句の果てには、見切りが必要!などと抜かしている。みなさんはこんなコメントに対してどう感じるのでしょうか?私が思うに、てしまう。正論なだけ?皆言っている事は合っているでしょう。正論なだけではないか?と思っしかし、そう、この方たちが言っている事はまず正論です。根本的に間違っている人もいるけどねだって、その手の本やニュースでもそういう制度の事は出ているし、頑固社長の言うように、今の日本何をするにも金がかかることは、誰でも知っている。小学生でもね。こんな、誰でも知っていることや、ちょっと調べれば分かることだけをコメントして、なんかどうでも良いよね。せっかく、その業界やその立場のブロフェッショナルなのにそんなことしか言えないの?と思っちゃうんだよ!そこで俺流の経営学とやらを紹介するよ。

もし、開業資金が無いのならお金の少ないかからない投資でできる事業をしなさい!

例えば、建設業や不動産業、コンビニ等のフランチャイズなどを開業するのに無資金でやれってのは不可能ですよね!

風俗で解決できるのでしょう

私はそんな事を言いたいのではない。もし建設業や不動産業を起業するのであれば最低数千万、フランチャイズなら数百万円が必要ですよね!その資金を貯めるまでの間にする事業です。小資金や無資金で始められる事業はいくらでもあります。これはアイデア次第だと私は思っています。それで、成功させ資金が貯まった時に、本当にそのやりたかった事業をしたいのであれば、その資金で開業すれば良いのです。もしその事業への思いが本当にやりたいことではなく、警沢、将来の夢であるならば、特定の事業に執着する必要は無いのです。だって儲かれば良いのでしょうお金の為生活安定、借金返済、など(笑)

金を借りるな!

開業·事業=資金では必ずしも無いというのは上でお話しした通りです。そうしたら、もうお金を借りる必要は無いですね!でも経営をやっている中で、急還必要になったり、うまくいっているから増資して拡大しようとかってありますよね。そんな時は、金融機関に借りるのでは無く、あなたの親や兄弟、親戚等に熱心にお願いをして貴方個人が借入しなさい。そして絶対に貴方が返すのです。金融機機関銀行、組合、制度を利用他に借りる事はしない方が良い。だって利息をつけて返すんですよ!利息%%の問題ではないのです。これは何を言いたいかと言うと、オーナー以下スタッフが、一丸となりやっとの思いであげた売上の一部たとえ1円でもを利息として消えさせるというのが許せないんです。
皆が頑張って売り上げたお金ですから、スタッフに還元したいですよね。例えば、会社で決算報告なんてありますよね大きい会社なら年間売上●●億億円…返済金及び利息分●億円…利益-●千万円今年も赤字決算ですので、一時金(ボーナス)
は夏1.0ヶ月、冬1.5ヶ月です。この時、従業員はどう思いますか?
女子大生が男子中学生を誘惑某大学に通っている女子大生です。1年前から中学3年生の親戚のカズの家庭教師をしています。カズは可愛い顔立ちのフィギュアの羽生君に似以た美男子で、少し照れ屋です。最近、カズが私を見る目が男の目に変わっていることに気がつきました。先日も家庭教師の日だったのですが、私がミニスカートで行ってしまったせいかカズに落ち着きがありません。やたらとペンや消しゴムを床に落としては、私の太ももやスカートの中をチラッと覗き込んでいました。勉強を教えながらカズの股間に目をやると膨らんでいました。
私に反応した甥っ子が可愛く感じて少し意地悪をしたくなり、何気なくカズの太ももに手を置いていたり、オッパイを二の腕やカズの股間は更に膨らみを増して、カズも前屈み気味になっていて、息も少し荒くなっているように感じました。私が教えているのも上の空のような感じで、必死に堪えているようでした。背中に押し付けてみました。どうしたの?と聞いても、いや、何でもないよと言うカズの姿を見て笑ってしまいそうでした。そんなカズが可愛くて、私はカズの太もも置いている手を擦るように動かしました。カズは何も言いません。調子に乗った私は、少しずつ足の付け根の方に移動させてみました。

 

ペニスの色は血液

カズの股間辺りに手が触れたのか、いきなりカズは身体をビクンとさせて、唯ちゃん、くすぐったい!と言って私の手を払い除けました。その行動にビックリしてきゃ!と言うと、カズはあ、ごめんと言ってバツが悪そうにしました。
私はカズは私のこと嫌い?と聞いてしまいました。自然に、カズは、そんなことないよと言ってモジモジしています。じゃー好き?と聞くと小さな声で、好きと言いました。カズは彼女とかいないの?と聞くと、いないよと言うので、「いないのか~じゃーどんな娘が好み?」と聞くと、いや·.·と言って答えません。!
教えてくれないと怒るよ!と言うと、やっぱり小さな声で、唯ちゃんみたいな人と顔を真っ赤にして言いました。カズは私のこと好きなの?と聞くと、恥ずかしそうに領きました。そんなカズに私も火がついてしまったのか、少しドキドキしてしまいました。カズの手を取り、私の太ももに導いて、カズも触っていいよとカズの手を私の太ももに置きました。カズはビックリしながらも私の太ももに手を置いたままじっとしていました。私は自らスカートを上にずらし、少しバンティーが見えるくらいにして、もっと上の方触ってもいいよと言いました。
するとカズは、今まで動かさなかった手を私がしたように少し擦るようにしながら少し上の方にずらしてきて、私のパンティーのすれすれまで動かしてきました。
私も感じてしまったのか、アソコから何か熱いモノが溢れてくるのを感じました。そうなってしまうと私も大胆になってきて、大きく膨らんだカズの股間に手を宛てがいました。カズはビックリしましたが、今度は私の手を払い除けませんでした。ズボンの上からカズのオチンチンを擦ってあげるとビクンビクンとしているのがわかります。そして硬く大きくなったオチンチンをズボンの上から指先で掴んでみると、驚くほどに硬くなっていて石のようでした。カズの耳元で、「こんなにしちゃって·.·カズってエッチだね」と幅くと、「ごめん·.·だって唯ちゃんのこと本当に好きなんだもん」と言いました。私はと指示しました。立ってカズに、
最初は嫌がっていましたが、私の前に立ってくれました。
私の目の前には大きく膨らんだカズの股間がありました。カズのオチンチンを擦りながら、「カズはオッパイ見たことある?」と聞くと、「お母さんとか、本でなら·.·」と言いました。私のオッパイ見てみたい?そう言うと、待ってましたとばかりにウンウンと大きく領きました。私は着ていたトレーナーを脱いでブラジャーだけの姿になり、カズに背中を向けて、と言いました。外してすでにカズの鼻息は荒く、ぎこちなくブラジャーのホックを外しました。私はカズの方を向くと手で押さえていたブラジャーをゆっくりと外し、カズの目の前にオッパイを出しました。私のオッパイを見ただけでカズのオチンチンはズボンの中でビクンと動いたのがわかりました。

風俗勤務歴はとても短い
触ってみたい?と言うと、と言って私のオッパイに手を伸ばしてきましたが、ダメと私が言ってオッバイを隠すと、えーー!と言って残念がりました。
うん触りたならカズのも見せてそう言ってカズのズボンに手をかけると、カズは腰を引いて逃げました。
「触りたいんでしょ?じっとしてて」だって恥ずかしいもん「私だって恥ずかしいよ。でもカズもオッパイ見たでしょ!」そう言うと観念したのか逃げるのをやめました。カズのズボンのボタンを外しファスナーを下ろすと、パンツを押し上げたオチンチンが飛び出してきました。ズボンを膝くらいまで下ろして改政めて股間に目をやると、驚いたにとにバンツがビッショリと濡れていました。
「なんでこんなになってるの?お漏らししちゃったの?」と聞くと、「唯ちゃんと居ると、いつもこうなっちゃう」と言いました。後から知ったけど我慢汁というものでした。カズのパンツを脱がすとバンツからオチンチンに糸が張るほどに我慢汁を出していて、我慢汁でヌルヌルになったカズのいきり立ったオチンチンが目の前に現れました。カズのオチンチンは真っ赤に充血していて、我慢汁でテカテカに光っていて、お腹に付くくらいに立っていました。
私も前に付き合っていた彼がいて男性経験はありましたが、いつも部屋を暗くしてエッチしていたので、こんなにマジマジとオチンチンを見たことはありませんでした。
それにたぶん前彼は我慢汁はほとんど出ていなかったと思うので、カズの我慢汁には本当にビックリしてしまいました。
「オッパイ触ってもいいよ·.…」と私が言うと、えっ!いいの?とカズは言いながらオッパイを触ってきました。最初は手を触れただけでしたが、やがて採んできて、手のひらが乳首に擦れるたびに私は身体を反応させてしまいました。オッパイ触った感じはどう?と聞くと、「思ったより弾力あるんだね。もっと柔らかいと思った」と言いました。乳首が気持ちいいの·..私がそう言うと、カズは乳首を摘摘んでクリクリしてきたり指先で擦ったりしてくれて、自然とエッチな声が出てしまいました。私がエッチな声を出すたびにカズも興奮するのか、目の前のオチンチンがビクンと跳ね上がって動いて、カズに、「乳首、すごく硬くなって起ってきてるね」と言われて、急に恥ずかしくなってしまいました。
「私もオチンチン触ってみてもいい?」と聞くと、うんとカズは言いました。先っぽから透明な液が垂れ流れていました。

 

バイブ機能が付いて

「唯ちゃんのパンツ濡れてるね。唯ちゃんこそ、お漏らししちゃったのか?だから嫌なの?」と言ってきました。私は濡れていることに気がつかれたのが恥ずかしく、顔が熱く真っ赤になるのを感じました。違うの!違う!オシッコじゃないし!女の人はエッチな気分になると濡れてきちゃうの!カズとじゃーいいじゃん!一緒だよカズに一瞬でバンティーを脱がされました。濡れてることに気がつかれ、すでに脱がされてしまうと私も観念しました。カズの手から私の濡れたバンティーを取り返して枕の下に隠すと、「そんなに見たいの?
私なんかの..…」と言うと、「唯ちゃんのだと真剣な顔で言われました。から見たい!」
そう言われちゃうと嘘だと思っていても嬉しい気持ちになりました。
「じゃあ見せてあげるけど·.·いいもんじゃないよ。気持ち悪いかもよ」私はベッドの上に正座をして、股間からいきり立ったオチンチンを出しているカズの正面に座ってスカートをたくし上げ、ゆっくりと足を広げました。カズは真剣に私の股間を見つめて鼻息を荒くしています。私は両手でオマンコを広げました。どう?気持ち悪いでしょ?「ううん、唯ちゃんの見れて感動してる。すごく濡れてるんだねキラキラしてる」カズに見られているのが恥ずかしくて体は火照っていました。
オマンコからは何かが溢れてくるような感じでした。カズは、もっと近くで見ていい?とオマンコの近くに顔を近づけてきました。
濡れたオマンコにカズの息がかかります。私は恥ずかしくてオマンコを広げてる手を離してしまいました。するとカズは何も言わずに自分で私のオマンコを広げてきたかと思うと、嫌汚いよ~!足を閉じようとしましたが、逆にカズの頭を押さえつけるような感じになってしまいました。ビチャビチャ、ジュルジュルと音をさせて、カズはオマンコを紙めたり吸ったりして愛液を味わっていました。私はもう感じすぎて体が自然と反応してしまっていました。そしてすぐに私は、カズの口でイッてしまいました。ビクビクと身体を震わせてグッタリしている私をカズは心配そうに見ながら、唯ちゃん!大丈夫?と心配していました。オマンコを紙めてきました。
私はぼーっとしたまま、大丈夫だからと答えました。我に返った私は照れ隠しに、「まさかカズにイカされるとは!」と笑いながら言って、「約束なんだからカズの一人エッチ見せてよね!」と言うと、約束だから仕方ないねとカズは寝そべって、オチンチンを握ってシコシコしごき始めました。オチンチンの先からは異常な程にガマン汁がにじみ出ていて、しごくたびに垂れ流れてきます。そんなカズのオチンチンを見てると、何かに惹かれるように自然とオチンチンの先に手が行ってしまいました。溢れ出る我慢汁を指先で亀頭に円を描くように擦り付け、先っぽを触りながら、もう片方の手で玉袋を優しく包んで擦ってあげました。
カズは力強くオチンチンを握り締め、動きが激しくなってきたかと思うと·..。ダメ、もうイッちゃう!勢いよく水のような何かをピュッと飛ばした直後、白い精子をビュッ!ビュッ!と20cmほど上に飛ばしました。私は、きゃ!
凄いね
と言ってじっくり見ていました。男性の射精する瞬間を目の当たりにするのは初めてでした。カズは精液まみれのオチンチンをまだゆっくりとしごいていました。しごくたびにドクドクと先っほの穴からまだ精子が出てきていました。凄い量でした。漂白剤のような青臭い精子の匂いが凄かったです。精液まみれになったカズのオチンチンと手を私はティッシュで拭いてあげ、オチンチンを握ったままで動かないカズの手をオチンチンから離すと、さっきまで石のようだったオチンチンが少し柔らかくなってグッタリとしていました。

チンコが小さくならいらしい

早漏や遅漏の方は症状がかなり改善すると思います私は親指と人差し指の2本でカズのオチンチンを掴んでみるとカチカチの石のようで、ドクドクと脈を打ってるのがわかりました。そのまま上下に動かしてみると先っぽからいっぱい汁が出てきて、オチンチンの裏スジに垂れ流れてきました。その液を指で掬い取ってみるとネバっとしていて糸を引きます。
どこまで糸を引くかなと思い、引いてみると何十センチも伸びました。
「見てみてカズ、凄いよ~ほらっ!」と言うと、カズは恥ずかしそうに私のオッパイを触りながら笑っていました。エッチ全開になってしまった私は無性にそのカズの液を紙めてみたくなりました。祇めちゃう!と言っていきなりオチンチンの先をペロッと紙めると、カズはビックリしたのか、うわっ!と言って腰を引いて逃げました。
オチンチンの先から私の舌に長い糸が張っていました。
逃げないで!と言って、私はカズのお尻を掴んで引き寄せて、カズは、うう~と陰ってました。と言ってヌルヌルのオチンチンの先を口に唾え込み、チュッと吸って我慢汁をいっぱい口に含みました。えいっ!正直、その時は我慢汁のことを知らなかったので、こんなにヌルヌルした液まみれのオチンチンを座えるのに少し抵抗がありました。もしかして精液夜かもしれない·.·と思いながらも、エッチな気持ちのほうが優っていたのか、抵抗感はあったけど紙めたいと思ったのです。液を口の中に含み舌を動かしてみると、ヌルヌルした感じで少ししょっぱい味がしましたが不味くはなかったです。
納豆みたいにヌルヌルしてると言いながら、少し抵抗はありましたが我慢汁を唾液と一緒に飲み込みました。もし出してしまうとカズに悪い気がしたので·..。
「俺もオッパイ紙めてみたい·..」と言うので、「いいよ。
じゃあと言って横にあるベッドに横になりました。ベッド行こう」カズは私に抱きつきオッパイを紙めてきました。乳首を吸われると、ああん··.と声が出てしまいます。私が反応するのを見てカズは赤ちゃんのように乳首を吸いました。私の太もも辺りにカズのオチンチンが当たり、太ももを我慢汁でヌルヌルにされました。私は無理矢理に手を伸ばしてカズのオチンチンを握りました。カズは握りやすいように体勢を動かしてくれました。
ビクンビクンと脈立つオチンチンが素敵でした。とても興奮しました。シコシコ動かしてあげると、カズは身体をくねらせたりピクンとさせたりしました。唯ちゃん·.イッちゃいそうと言うので、動かすのをやめて強く握り、「イキそうなの?精子出したことあるの?」と聞きました。カズは恥ずかしそうに、うん·と言ったので、「一人エッチすることあるの?それとも彼女と?」と聞きました。カズは、彼女居ないし·.一人でと言いました。
じゃー、一人でして見せて!意地悪っぽくそう言うと、恥ずかしいから嫌だよと言ってきました。
「私のアソコ見てみたい?一人でするの見せてくれるなら見せてあげようか?」見せて欲しいけど·..ねえ?どうする?ねえ?私はしつこく聞きました。
「唯ちゃんの、本当に見せてくれる?それならいいけど·.·」とカズは答えました。
私はスカートを上げバンティーを脱ごうと思ったのですが、その時に気がつきました!私のオマンコがものすごく濡れていて、バンティーまでビショビショになっていることに。急に恥ずかしくなり、やっぱ、やめよう!と苦笑いしながら言ったのですが、今度はカズが歯止めが効かなくなり大胆になってきて、「そんなのダメだよ、約束でしょ!」と私のパンティーを脱がしにかかりました。
「カズ、ダメ·.·やめよう!ね!やめて」そう言ったのですがカズの耳には入らないようで、必死にパンティーを脱がそうとします。逃げようとして私が四つん這いになった時、カズは私のバンティーが濡れていることに気がつきました。


早漏や遅漏の方は症状がかなり改善すると思います セックスではした事が無い クリトリスは包皮から顔を出して